スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペッパー&ローズマリーのクラッカー



今日の【美味しいものを作ってみようじゃない会】は
粗挽き胡椒とドライ・ローズマリーがザクザク入ったクラッカー。

ハッキリ言ってかなり辛いです。^_^;
ところが その辛さがクセになりそうです。
私自身は 辛いものが得意では無いのですが…コレはいけます。(笑)

とはいえ…
先日 友人に試食をして貰ったトコロ、

『常人には辛いんでないかい?』

…と言われました。

その時には レシピ(一番下段にあります)の胡椒の分量丸ごと 
粗挽き黒胡椒を使ったものだから ちょっとヘビィでした。(笑)
で、今回は 粗挽きは粗挽きでも
ブラック、ホワイト、グリーン、レッドのミックス・ペッパーを
使ってみました。
そうしたら ちょっと刺激も和らいで 風味豊かに。^^

あ、勿論 ガッツリ粗挽き黒胡椒で燃焼系クラッカーもアリですよ~
ビールのつまみにも良さそうです。

このレシピの嬉しい所は… 〝THE ワン・ボウル〟(笑)

レシピ通りボウルの中に材料をどんどん入れ、
カードを使ってザクザクと混ぜ合わせてひと塊りになったら、
ビニール袋のなかに入れて 冷蔵庫の中で2時間以上 休ませる。
季節や中に入れるモノによって 水分の具合が変わって来ても、
水で調整できます。


さて…休ませた生地を 
ベーキング・ペーパーの上で3mmの厚さに伸ばします。

そのまま好きなサイズにピザカッターでカット。
今回は 細長い スティック状にしました。

20130319_5.jpg

フォークでまんべんなく穴を開けたら 刷毛でオリ-ブオイルを塗り
フルール・ド・セルをパラパラ。
そんな塩は無いよ~と言う人は、なんの塩でも良いですが
出来たら辛みのマイルドな天然塩が良いですね~
塩によって 辛さも色々なので、加減して下さいね。

20130319_4.jpg

オーブンペーパーごと天板に乗せ、

180℃に予熱したオーブンで20~25分、
   ↓
160℃に下げて7~10分

生地に混ぜるフィリングによって焼き色も変わって来ますので
時々 オーブンを開けて見て時間を加減してくださいね。

20130319_3.jpg

生地のアレンジは無限大です。

とりあえず、レシピの中の 粗挽き胡椒とローズマリーの部分を
色々なモノに変えてみるトコロからやってみてください。
生のハーブよりも、あえてドライにしたハーブを使った方が
歯応えが面白いと思います。


さて今日は、
クラッカーと共に、久しぶりのシナモンロールも焼きました。

20130319_1.jpg

お喋りしながらなので、表面に卵液を塗り忘れたことにも気付かず…
まあ、いっか~…って。^_^;
どっさり入れたラムレーズンが あふれてます。(笑)


あ、コチラも忘れていませんよ~
今日のオシゴト。↓

オレンジをザルに引き上げ シロップに火入れ。
沸騰したところで火を止め、再びオレンジを戻す。

20130319_6.jpg

ちょっとトロミが付いてきましたね。


近頃のにゃん太の楽しみは…

20130319_7.jpg

私がベランダに出る時に 一緒にやってきて
プランターに植えてある猫草を食べる事。


燃焼系クラッカーを食べてみたい人はどうぞ~
こんなフィリングで焼いてみたよ~って人も是非教えてくださいませ。
     ↓

   ペッパー&ローズマリーのクラッカー

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

オレンジのスライスコンフィへの道 ②

昨日は彼岸の入りでしたね。
久しぶりに実家に家族が揃い、お墓参り。
暑い位の良いお天気でしたが 花粉も全開。^_^;
実家は山沿いなので 前日から薬を飲んでスタンバイ。

そんな合い間を縫って オレンジコンフィーに取り組んでます。


さて…
先日 水に浸しておいたオレンジをザルに上げ、15分ほど乾かします。

その後7mm位の厚さにスライス。
本来のレシピでは1cmと書かれていましたが、微妙に厚い気が…
なので 今回は7mmに。^_^;
ピールとかを煮ると、一見 煮詰めたら縮みそうに思いがちですが、
実際はお砂糖をたっぷり含んで ちょっとふっくらするんですよね。
作ってみてやっぱ1cmかな~なんて思ったら、次回は厚くする事にします。

トコロで…
均一の厚さにスライスするのって 結構 大変です。
考えて まな板の上にクッキーを均一の厚さに伸ばす
アルミのレールみたいのを二本置きました。
間にオレンジを置いてアルミの上をナイフで滑らせれば均一に…
と言うと簡単なようですが、実際は 当てているのにもかかわらず、
あれ?あれ?あれ~?
…の連続で…ヽ(;´ω`)ノ
スタスタスタ…っと、リズム良く普通にカットしたほうが 実際には
綺麗だったりして?(笑)


スライスしたオレンジの重量を量ります。
オレンジ1kgに対して、800gのグラニュー糖を用意。
鍋にオレンジと用意したグラニュー糖を全部入れ火に掛けます。



大量のグラニュー糖なので なかなか煮溶けていきませんが、
やがてこんな風に…

コンフィチュールやピールを作る時、使うグラニュー糖の量をみると
結構ビビりますが、保存の為には仕方ないです。
すぐに食べきれるフレッシュなモノを作る時は グンと減らして大丈夫ですけどね。
ソレはソレで美味しいけれど、保存して寝かせると この手のモノは
素晴らしく風味が良くなるので 砂糖の山には目をつぶり…
エイヤッと放り込みます。(笑)
まあ、一度に食べる量はしれてますからね。^_^;


グラニュー糖が煮溶けて沸騰したら小さな気泡が出る程度に火を弱め
10分位煮る。↓

20130318_5.jpg

この日の火入れはコレだけ。
表面が乾かない様に オーブンペーパーで蓋をして…

20130318_4.jpg

この状態で 再び 48時間おく。
     ↓
  (48時間後)
     ↓
鍋にレモン汁を加えます。
量はオレンジ1kgに対して レモン一個分。

20130318_3.jpg

↑の画像では 白いネットの上に 凍ったレモン汁が乗っています。
以前 レモンピールを作った時に果汁を搾って冷凍しておいたもの。
それだけでは足りなかったので 生のレモンも絞りました。
その際 種をネットに入れておき、一緒に煮てペクチンを出します。

↓のオレンジは 10分煮て48時間寝かせたモノ。

20130318_2.jpg

この日の作業は レモン汁を加えて火を入れ、
シロップが沸騰したら40分煮る事。
この間、時々かき混ぜてアクをすくいますが、アクは殆ど出ません。
オレンジに直接火が入るのは 今回が最後です。

40分経ったら…火を止め、表面が乾かない様に蓋を…
シロップに少し濃度が出て来たので、カシュカシュのポリ袋を乗せとく事にしました。
  ↓
20130318_1.jpg

このまま一日 休ませます。

この先は 
オレンジを一旦取り出し、シロップを沸騰させては また戻し一日置く…
シロップがハチミツ位の濃度になるまで繰り返すだけです。


完成までの間、オレンジでマーマレード作りをしようかと思ったら
なんとグラニュー糖がありませんでした。

コンフィを作る時は 一度に何kgも使うので この季節が近付くと
グラニュー糖の買い置きをしておくのですが、
今回は 昨年の残りを使ったものだから 余分がありません。

グラニュー糖が一番安いトコロをアチコチ検索してポチ。^_^;
とりあえずはソレが届くまでは コンフィーだけです。

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

オレンジのスライスコンフィへの道 ①



のっけから、(うをぉ~~、なんて美味しそうぉっ!)
な~んて思って下さった方も多い事でしょう。(笑)

これは先日、elmoさんと【美味しいものを作ってみようじゃない会】で
作ったデニッシュです。

段々 暖かい日も増えて、気温が下がる事があっても 
真冬並みの寒さでは無く…
クロワッサンもそろそろ 生地を冷凍庫で冷やしながらでないと危険。
生地を折り込んでいるうちは まだそれでいけるけど、
最終発酵の時に室温が25℃以上になってしまうとアウトなので
暖かいこの辺りでは 今のうちが限界かな~

焼き納めかもね~なんて言いながら クロワッサンを焼きました。
生地がダレることなく見事にふわっふわに焼きあがりました。

20130315_3.jpg

はぐっと噛みつけば…(笑)
ほら、中の層がこんなに綺麗。
この位 軽く焼き上がれば バターのもったり感も全くない
サックリしてるのに、しっとりの軽~いクロワッサンに。

20130315_4.jpg

さて今回、クロワッサンの生地を使ってオレンジのスライスコンフィを
乗せただけのデニッシュも焼きました。
ちょうどelmoさんが手間暇かけて作ったばかりのがあったので
使わせていただきました。

20130315_2.jpg

焼きあがり…試食。
コレがまた絶品!!

これまでピールは作っても スライスコンフィは作りませんでした。
というのも この姿をいかしたお菓子やパンを作る頻度を考えると、
ピールの方が使いやすいから…ということもあったので。
しかし、こうしてパイ生地に見事にマッチ。
このデニッシュの為だけにでも 作っても良いかな~
という気になりました。(笑)

それと今年は オレンジ・マーマレードを作る予定だったしね。
数年前に作って放置してあったマーマレードを戸棚の奥に見つけ
大丈夫かな~と食べてみたら…
なんと作った年に食べた物とは別物の美味しさ。
食べながら 
コレって買ったものじゃないよねぇ?と自分で首を傾げる位。(笑)

実は私はフォションのスライスオレンジのマーマレードが大好物です。
いつか作ってみたい…と思っていたので、ちょっと寄り道ですが
コンフィ作りもしてみる事に。

さて…ピールが好きなのもあり、柑橘類のコンフィチュールには 
ちょいと自分なりのこだわりがあります。

柑橘類のネックは やはり苦味をいかに抜くか…ってところです。
かといって 完全に抜け切ってもいけません。
ちょっとビターな方が大人な味わい。(笑)

elmoさんのスライスコンフィはシロップの濃度を少しずつ上げながら
浸しておくっていう方法。
ピールと違って 果実の部分もありますから、煮詰めると崩れてしまう。
なのでちょと火を入れては浸す…を繰り返すから 
ピールやジャム程手間は掛からないけど時間が掛かる。(=_=)

それと…
ピールの場合は 苦味を取る為に 皮の下の白い部分を
あまり厚く残らないように削いでしまいますが、
スライスコンフィは丸ごと使うから 苦味の処理も気になる。

アレコレ検索して調べたところ、私の目指している姿に最も近いのを
見つけました。
バスク地方の作り方ってヤツです。

この方法だと…完成までに なんと10日も掛かります!!
でも やってみる価値はありそうじゃないですか。^^
その合間にマーマレードも作れそうです。
大量にレモン果汁も必要なので 皮を使ってピールも作れそうです。

というわけで 完成までに時間が掛かる・・・という事で、
タイトルの 【オレンジのスライスコンフィへの道 ①】
…となりました。
レシピアップは 完成のあかつきに。(爆)

ライン_7

今日の作業は、オレンジの下処理ですね。

まず…この表面のワックスや気になる農薬を取りたいですね。

ちょっと熱めのお湯を掛け流ししながら たわしでゴシゴシ。

太めの針を使って オレンジの皮にプツプツと穴を開けます。

その後 大鍋に湯を沸かし、3分ほど茹でこぼす。

オレンジを水で洗い流し、もう一度 沸騰したお湯で15分茹でこぼす。

20130315_5.jpg

ザルにあげて水を切る。

針でプツプツ(私は目打ちの先を使いました。)刺した穴が見えてます。

それを…ナベかボウルの中で冷たい水に浸しそのまま48時間置く。

20130315_6.jpg

オレンジが浮かんでしまうので 上に紙を乗せました。

48時間…二日ですね。^_^;
コレは苦みやアクを抜く為と、皮を柔らかくする目的だとか。
それならば…途中で水を替える事とします。^^

続きは次回…


ところで オレンジの話ですが…

近頃スーパーに売っているオレンジって 大抵は(ネーブルオレンジ)
って書いてありますよね。
コレには理由があって、従来のバレンシア・オレンジよりも、
ネーブルの方が日本人には人気があるという事で 交配された品種なのだそうです。

今の時期は 丁度このネーブルオレンジが収穫される時期なので
一番美味しいかもしれません。
ただ…ネーブルオレンジは バレンシアオレンジに比べ皮が薄めなので
ピールには あまり向かない気がします。
逆に 果汁も果肉も使うマーマレードや 
今回のようなスライスコンフィーには向いてるかも。
ちなみに バレンシアオレンジの収穫時期は6~7月。
なのでピールを作るなら 夏…ってコトですよね。

今回、調べながらそんな事も分かりました~。^^


にゃん太のオウチも新調。
天井が高くなりましたが 奥行きが短かくなり…
常にあふれています…ヽ(;´ω`)ノ
まあ、これから暖かい季節だからね。(笑)


    20130315_7.jpg

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

ダイジェスティブ・ビスケット



今回は 恒例の【美味しいものを作ってみようじゃない会】です。

先日の予告通り、ダイジェスティブ・ビスケットを焼きました。

生地の配合を前日にメールでelmoさんに連絡し、
お互いに作って冷凍しておきました。
全粒粉と小麦胚芽が沢山入るので アイスボックス・クッキーの様に
冷凍して固まらせたものをカットしたほうが扱いやすい生地です。

ダイジェスティブ・ビスケットには、
胚芽と全粒粉の素朴な味を引き立ててくれる影の役者おります。
それは“重曹”。
ちょっと懐かしい ひなびた香りと風味に欠かせません。


さて お互いに作っておいた生地を取り出して…
ここで ちょいとしたアクシデント。

私がメールに書いた“重曹”という部分を elmoさんが深読み(笑)。
ベーキングパウダーと書かずに日本語で書いたのだと判断。^_^;
で、elmoさんの生地はベーキングパウダー入り。
私のは重曹入り。

どんなふうになるのか 分からないので 興味しんしんでした。


  凍らせた生地を輪切りにして 手で軽く押さえ…フォークで穴を。
    ↓

20130305_3.jpg

私が子供の頃は ふくらし粉…といえば重曹でした。

蒸しパンに入れると 生地がちょっとベージュがかった色になり
独特の香りがするんですね。
勿論 ドーナツにだって重曹でした。

ベーキング・パウダーを使うようになった頃は 
違いとか深く考えませんでしたが…ある時 調べたら
実はまったく違う性質のものだったのですね。

単に香りが違うだけでなく、膨張の仕方も全く違い
ベーキング・パウダーは横に伸び、重曹は縦に伸びる。

なので ベーキングパウダー入りの種と、重曹入りの種の違いが
どうなるのかちょっと楽しみでもあり…
普段 同時に二種類の膨張剤を試す事なんてありませんからね!


elmoさんのクッキーが焼きあがり…
やはり ふっくらと上に持ち上がる事無く 普通のクッキーの様な姿。
重曹特有の香りが無いので、
胚芽と全粒粉だけの素朴で優しい香りのクッキーに。^^

そのあと、重曹入りを焼きました。
全体にふっくら持ち上がり 重曹の特徴が顕著です。(一番上の画像)

食べてみると ザクザク…とした胚芽の歯触りが心地いい。

20130305_1.jpg

重曹の香りは ひなびてて 決して上品では無いけれど、
でもなんだか懐かしくて優しい。
ミルクと一緒に食べたい味でした。


ダイジェスティブ・ビスケットのレシピはコチラ
    ↓

  ダイジェスティブ・ビスケット

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

マロングラッセのマドレーヌ



コロコロと…お行儀よく並んでいるのは マロングラッセのマドレーヌ。

このところ ずっとパンに掛かりきりでしたが ようやく終了しました。
…いや、“ようやく”というわけでもないかな…
パンを焼いて食べるのが ほぼ習慣になりつつあったので
特別 気負いもなく続けられました。
夜捏ねて 朝焼く…。
それはそれで充実感が(笑)。


さて今回は久しぶりのCake。
パンを焼くのは楽しいし、昨年 ダイエットもしてたし…
と、そんなこんなで薄力粉の消費がなかなか出来ません。

それは私だけでなく 友人のelmoさんも同様で…
先週は久しぶりにクッキーなんて焼いてました。
サクサク…とかではなく、ガシガシ食べれる堅焼きのビスケットを
作るのが目標です。
まだ改良の余地があるので それはまた後日。


製菓用の材料もアレコレあって 使わないとね~

その一部が マロンパウダーとマロングラッセ。
マロングラッセはブロークンが1kgも入ったお徳用袋を買ったもので
ガザばって冷蔵庫の中で邪魔で邪魔で~
マロンパウダーも然り。

段々 暖かい日が増えて来たので ココラでちょっとお菓子を作って
冷蔵庫の棚を空けておかないと困ります。^_^;


薄力粉を一番消費できるお菓子は…やっぱクッキー?
見た目の割に殆ど使わないのが ロールケーキとかフワフワ系のケーキ。
だからコレは却下!(笑)
パウンド系は使えるよね?

暫く この辺りを集中的に作るかな。
まあパンと違って日持ちがしますからね。

で、とりあえず冒頭の マロングラッセのマドーヌ。

私、このマロンの型が大好きでして、一番良く使うのですが…
やっぱりこの型には マロンのケーキが気分的にもしっくり。

20130304_3.jpg

焼き立てのほやほやを お休みでウチに居た旦那さんにあげたトコロ…

『あ、固いっ!』

ん?
そうか、私は旦那さんが休日の時は 殆どお菓子を作らないので
焼き立てのマドレーヌを知らないのです。^_^;
表面がカリッ、中がフワン…の焼き立ての時ににか食べられない 
この状態を知らなかったのですよ。

美味しかったですか?旦那さん。

美味しかったのは にゃん太もだったようで…
中のフワフワのトコロを少しちぎってあげたら 珍しく食べてました。
へ~、こんなのも食べれるんだね。

キューブのオモチャの中で 満腹のお昼寝~^_^;

    20130304_1.jpg

明日は【美味しものを作ろうじゃない会】。

やんや~やマクビティ~…でお馴染のダイジェスティブ・ビスケット。
…って↑のメロディが すぐに頭の中を流れた方は 
私とおなじく それなりな御年頃ですね~(笑)

これも全粒粉と小麦胚芽の消費目的です。^^

マロングラッセのマドレーヌのレシピはこちら。
マロンの粉が無くても 薄力粉やきな粉でも代用できます。
    ↓

  マロングラッセのマドレーヌ

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

ミニ・コキーユ型を買ってみた



コロコロでメチャ可愛いマドレーヌ焼きました。

製菓材料のクオカさんのcuoca×CHIYODAの焼き型シリーズ。
ちょっとお高いのですが 
焼きあがりの色艶が 他のモノと格段の差があります。

    コレ

20120911_1.jpg


コキーユ型の形って可愛らしいので大好きなんです。
猫の手みたい。^^

以前 このミニシリーズのシェル型を買ったんですが、それもかわゆし。
でも このコキーユ型をみたらもう…ハートわしづかみ。❤

届いてすぐに焼いてみました。

すぐに…と言っても、下準備は念入りに。
自家栽培のレモンの皮の摩り下ろしをグラニュー糖に混ぜて一晩。
充分 香りを染み込ませてから…生地作り。
冷凍庫の中で冬眠していた自家製レモンピールを刻んで混ぜました。
作った生地は また一晩寝かせ…。

たかがマドレーヌ、されどマドレーヌ。
シンプルなお菓子だからこそ 材料にこだわって丁寧に作りたい。

ほ~ら焼きあがり。

     20120911_2.jpg

ころころ ころころ 
一口サイズのコキーユが 沢山焼きあがりました。
久しぶりの焼き菓子に ちょっと幸せな気分になりました。


 

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

自家製夏柑ピールのオランジェット



今日はelmoさんと【美味しいものを作ってみようじゃない会】

先日作った甘夏ピールでオランジェットを作りました。

我が家の冷蔵庫にはいつでも製菓用のチョコレートが入っている…と
思っていたら 無い!!
考えたら年末のクリスマスのお菓子制作の時に 
アップルチョコで大量消費したのでした…(-_-;)

elmoさんのお宅の冷蔵庫に入っているときき、使わせていただきました。
ビターチョコだったので 夏柑ピールにピッタリ!

ちょっとチョコの量が少なかったので 
テンパリングしたチョコの温度が すぐ下がってしまい
結局 何度も湯煎し直しながらつくりました。^_^;

20120329_1.jpg

湯煎を繰り返していくうちに 
段々 チョコの状態が悪くなっていくのが分かるんですよね~^_^;
でも自宅用だしいっか~と 最後にはかなりの暴挙に!(爆)

出来上がったオランジェットを早速頬張り…
んまい~~~(*^。^*)
市販の高価な物より 甘さもスッキリしていて めちゃめちゃ美味しい。

とはいえダイエット中の身の上。(-_-;)
バクバク食べられませんが 心のオアシスとなりそうです。(笑)


オーブンシートの上に並んだオランジェットが乾く間…お買い物に。

業務用の包装資材のお店に行ってウロウロ~~~
100均へ行ってウロウロ~~~
スーパーへ行ってウロウロ~~~
ドラックストアへ行ってウロウロ~~~

今スグに使いそうで使わないものをアレコレ買いこんで
結局 日が暮れて行くのでした。

気のおけない女同士は やっぱいいね~^^


テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

パンプキン・プリン

20111026_3.jpg

今日はelmoさんとパンプキンプリンを作りました。

前回はスポンジ型で焼いてケーキ風にしたけど、今回は小さな容器で焼きました。

20111026_1.jpg

電子レンジで大量のカボチャを蒸すと ムラが出来て無駄も沢山。
前回 かなり勿体無い思いをしたので 今回は蒸し器で。

カラメルは底に敷いてあるので ひと匙すくうと…
たら~り…

カラメルを作っているとき ちょっとよそ見をしてしまい
焦がし過ぎたかな~
まあ、ビターな大人のパンプキン・プリンと言う事で。(笑) 

20111026_2.jpg

昨夜あたりから 急激に寒くなりましたね。
昨日の日中は エアコンを付けたくなる位暑かったのに…
そんな不安定なお天気具合のせいでしょうか 先週末 久々に風邪をひいてしまいました。
二日ほど寝込み、アレコレと駆使して 高熱を抑え込み 私は復活しましたが、その頃には 旦那さんにしっかりとうつしてしまいました…
旦那さんは熱に弱いので 高熱を出すともう大変。
“大重病人”の様になってしまって手が掛かるったらない。
なので そうなる前に なんとかそれも抑え込み 2~3日で治りました。
『ほ~ら、奥さんのお陰で軽く済んだでしょ?!』と、どや顔で言ったら
『うつした本人のいうセリフとは思えんな~』と…(-_-;)

『すんません…』

みなさん、体調管理には気を付けてくださいね~


パンプキン・プリンで風邪を吹き飛ばそう~
レシピはコチラ ↓
パンプキン・プリン

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

アップルパイ



ちょっと前に紅玉林檎を買っておいたのですが 
そろそろ使わねばなぁ…と ようやくアップルパイを焼きました。
勿論 冷凍のパイシート。(-_-;)


で、題して…【アップルパイ一考】してみました。(笑)

私はアップルパイは大好きだけど 綺麗に食べられないのが気に入らない。

アップルパイと言えば オーソドックスに編み編みが乗ったのが
ソレっぽいけど カットするとギタギタになるのが気に入らない。

パイ生地も目一杯層が広がってしまうと 
中身のフィリングと一緒に食べられないという本末転倒になる。

中身の林檎のフィリングも リンゴが大き過ぎると 食べた時に
『しまった、パイ皮だけになってしまったっ!』なんて事になりかねない。

某パンメーカーの
アップルパイのフィリングみたいな食感が 実は結構好き。


…とコレは全くワガママに自分の好みを語っただけですが…
もしかすると… 
(あ、ソレわかるワ~)…なんて思って下さった方も中にはいるかも。

んなわけで、それら辺をちょっとでも自分の好みに近付けた
アップルパイを作ってみました。(笑)

20111004_3.jpg

切り分けないで済むように小さなパイ皿で作る事に。
かぶせてあるパイ皮が 何でこんな形なのかと言いますと…
冷凍パイシートを このパイ皿に合う正方形に伸ばし、
余った四隅を切り落としますでしょ?
その四隅の角を内側にして乗せたから…こんな感じに。
後でよく考えたら初めから皿の形にカットしないで 
フィリングを乗せた後 
四隅を内側に折り曲げて縁をフォークで押さえても同じだったな~
次はそうしよう。

フィリングはいつものアップルパイの時よりも 林檎を薄めに切って
皮も適当に放り込み リンゴジャムの様な粘度を出してみました。

ちなみに分量は…

●紅玉        4個
●グラニュー糖    70g
●トレハロース    30g 
●バター        20g
●ラム酒(好きな酒) 適宜
●シナモン       適宜
●レーズン       適宜 

① リンゴは四つ切りにして皮を剥き、1cm位の厚さにスライス。 
  鍋に紅玉、バター、グラニュー糖、トレハロース、
  リンゴの皮を適当に入れ、蓋をして中火で8分蒸し煮。

② 蓋を取り、水分が無くなるまで煮詰める。
  水分が無くなって来たら 林檎の皮を取り出す。

③ ラム酒、シナモン、レーズンを混ぜ完全に冷ます。

④ パイシートを敷いたパイ皿に③を乗せ、パイシートを好きな形に乗せる。
 
⑤ 190℃で予熱したオーブンで20分、180℃に下げて15分。

20111004_2.jpg

焼きあがり~❤

これなら中のフィリングが飛び出す事無く 食べれます。

は~、やっぱ何か作るのって 癒されるわね~
 
ぼちぼちパン種も起こしたいな~

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

チョコチップ・クッキー



久しぶりにチョコチップ・クッキーを焼きました。

毎日暑くて 暑くて… 
一番作りたくないお菓子は バターを使ったクッキーだったりします。
実は↑のクッキーはリクエストによるもの。^_^;

皆さんにご心配お掛けいたしました姉ですが
薬を変えた事による体調の悪化は無く 無事に明日退院します。
で、たまたま姉のお友達も他の病棟に入院されていたので
前回お会いした時に、
『食べたいお菓子あったら作って来ますよ~』
と言ったところ…
『チョコチップ・クッキーを全種類!』…と即答。(笑)
姉もこのクッキーが好きで 
つい最近も食べたいな~なんて言っていたトコロでした。^_^;
なので退院祝いとお見舞いを兼ねて…頑張って焼きました。

20110728_8.jpg

ウチの家族はこのクッキーのファンで、 
事あるごとに焼いて~と言われます。
全部で7種類ですが コレだけあると、準備だけでも時間が掛かった事~

●ココア生地+バナナチップ+バナナチョコチップ
●紅茶生地+アールグレイ茶葉+オレンジピール+ホワイトチョコチップ
●キャラメル生地+ドライ苺+キャラメルチョコチップ
●抹茶生地+ドライパイナップル+ホワイトチョコチップ
●コーヒー生地+ヘーゼルナッツ+ヘーゼルチョコチップ
●シナモン生地+ドライアップル+ビターチョコチップ
●プレーン生地+自家製苺ジャム

一種類につき6枚ずつにしたので 
材料が揃い取り掛かればすぐなんですけどね。

このクッキーの良いトコロは生地を寝かさなくても良い事。
で、生地に材料を混ぜた状態は ↑の様に ボロボロでOK。
それを大まかに 枚数分の団子状にして…↓

20110728_7.jpg

6cm径のセルクルに入れ、生地をギュウギュウ~っと詰め込み…

        20110728_6.jpg

大体 均一の厚さになったらセルクルを抜いて…

        20110728_5.jpg

手の平で ビタ~っと押さえて伸ばします。
この時、縁にちょいヒビが出来た状態が 結構好き…❤(笑)
ヒビが出来ても 焼いた時に割れないから大丈夫。

        20110728_4.jpg

天板に12枚のります。
180℃に余熱したオーブンで 20分。
焼き立ては崩れやすいので クーラーに移す時は気を付けてね。

20110728_3.jpg

さて、姉の一番の好物 ジャム入りクッキー。
クッキー生地でカップを作って 生地を下焼き。
タルト型で焼いても良いけど、
あくまでもクッキーだから 後で台が破損するのもな~と思い、
頑丈なカップを作ってみました。^^
卵黄も塗って焼き込み、耐水加工。(笑)
ジャムをカップの中に入れ 120度で30分乾燥焼き。

20110728_1.jpg

これなら姉も喜ぶでしょう~^^

↓のレシピの分量は 
{バター100gで一種類(12枚)の分量}×4種類分
になっているので 一種類に付き6枚で良い時は、
バター50gで計算して下さいね。

レシピはコチラ
  ↓
チョコチップ・クッキー


テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。