からだが二枚下ろしになった日の話

このところ毎晩 私は病院に泊まっておりますので、
夜は9時に消灯…というわけで、
個室とはいえテレビを観るわけにもいかないし、
病室のスボットライトの下では
なにか製作するには 光量が足りず…
もっぱら読書したり、ビーズワークの図案をスケッチしたり。

…と、物凄く時間をもて余しているように聞こえそうですが、
実際には そうでもなく、
一時間おき位に 看護師さんはやって来るし、
姉の身体につけられている三種類の点滴は、薬液が無くなると
順繰り ピーピーと鳴り、なかなか落ちつかないのです。

とはいえ、時間はある。
少々 不自由ではあるけれど、スマホでブログアップすることに。


何にしようか…
文は書けても、画像がままならないので、
取り敢えず にゃん太に協力してもらえるカテゴリーに…

【不思議の話】を更新しますか。

では、にゃん太~雰囲気を盛り上げて下さいよ~



今回の【不思議の話】ですが、現在 まだ途中になっている
スペインの旅行記に関係があります。

行く前も後も、あれ程 心惹かれたスペインですが、
帰国して振り返ってみれば、???の数々。
スペインに因縁があるらしい私の過去世のせいなのでしょう。

今回のお話は、そんなスペイン旅行から帰国して
二週間程たった頃 に起きた ビックリ仰天な出来事です。


ある休日の昼過ぎ、床の上でウトウト。
暑い昼下がり、クーラーが心地よくきいていて気持ちよく…
私は 身体の右脇腹を下にして 横になっていました。

すると 突然、キッチンの方から " ガッシャーン! "
棚から鍋でも落ちたかのような 大きな音がっ!

リラックスしていただけに驚いた私は、跳ね上がるように
ガバッと上半身を起こしました。

その瞬間、何か違和感を感じ 目を床に向けると…

なんと、ソコには私が横たわっているではありませんかっ!

正確に云うと、
下半身は繋がっていて 起き上がった上半身だけが剥がれちゃった感じ。

おかしなもので、その状態で何を考えたのかと言いますと、
(うわっ、二枚下ろしになっちゃったっ!どうやって戻ろうか!)
なんて事でした。(-_-;)

とりあえず 眠っている下の自分の身体に、重ならなくては…

と、考えた瞬間 剥がれた身体は戻って、
目線が床に横たわっている私のモノに。

自分の目に映ったものが、先程まで見てた床に寝転んだ景色に戻り
ホッとして起き上がろうとした途端、動けなくなってしまいました。
いわゆる、金縛りってヤツです。

そして ものスゴい喧騒のなかに居ることに気が付きました。

自分に見えている風景は それまでと変わりませんが、
明らかに自分の回りに沢山の人がいるのです。
それは霊的な感じでは全くなく、一言で言ったら
人で賑わう市場の真ん中に 寝転んでいるみたい。

大きな声で話しながら、女性たちが通りすぎました。
何人かの子供達が騒ぎながら脇を駆け抜けました。
私はなにも見えませんが、" 向こう側 "からも私は見えないようです。

そのうち、私の爪先の後ろ辺りから 頭の方に向かって
長い服を引きずりながら、裸足の女性が(見えないけど何故かわかった)
ずっ…ずっ…と歩いて来るのです。
それは明らかに私の存在に気付いていました。

危険な感じがして、私は声をあげようと必死にもがきました。

足音は 私の腰の辺りまで向かって来ていましたが、
その時 ようやく私の喉から絞り出すような声が出ました。

『誰っ?』

その途端、私の腰の辺りを ガッ!と蹴られたような衝撃がして
それまでのザワメキが消えさって、シン…と静まり返ったのです。


その時に思ったのですが、
何かの拍子に、自分がいる次元から別の次元に
片足を突っ込んでしまうことがあって、そんな時に
金縛りやら普段 見えないものか見えたり、
聞こえないものが聴こえたりするのではないかと


それにしても…
今でも、その時 私の後ろを
長い裾を引きずりながら裸足で歩く、(おそらくロマの)女性の
足音を、今でも忘れることが出来ないのでした。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル :

コメント

パラレルワールド

わかるわかる、その異次元。
私は夜空を観ていてそうなったことがあるよ。
夢って言えば夢?なのか?でも、自分では現実に夜空の向こうのドアがさっと空いて。。。姉を起こそうと思ったけど、動いたら消えちゃうかもとその場を離れられなかった、その後気を失ったみたいに朝になってたけどね。
AISYAさんのその異次元にっていうのはきっと過去性が蘇った?磁気として魂に刻まれている気がするし。スペインからその記憶が鮮明になったんじゃないのかな?
戻れて良かったね。
そういえば、私は手術室で自分の姿や先生方を上から観ていた記憶が。あれは離脱していたのかな?危ない。手術室で名前を何度も呼ばれたし。

そんなことが・・・

幽体離脱は経験ないんですよー
霊的現象って19歳までになかったら一生ないって
昔は聞いてたので安心してたんだけど私はこの家に
引っ越してからなので驚きましたよ。
昨夜いつもと違う部屋で寝た所久々に金縛りに合いそうな
感じがして必死で飛び起きました。
手をすごく握られているような感覚がずっと残ってました。

AISYAさんのドリームキャッチャーと盛り塩をした
部屋ではいただいて以来ないんですよね。
でも今まで他の部屋で寝てもあったことなかったので
ちょっと驚きました。

父や母が入院した時二人ともおかしなことを言ってた
ことがあってそれが同じだったので不思議だったん
だけどAISYAさんのお話聞いてたら
似てるような気がします。
二人とも昨夜は天井にたくさんの人がいて
うるさくて・・・って話をしてましたよ。

意外とこういう体験する前までは怖かったけど
いざなってみるとそうでもないですよね?

そういう経験 全く無くて
でも友人の中には内容は違いますが
何か摩訶不思議・・・という経験談は聞くことがあります。

へ~~そういうことがあるんだ・・・・
というのが 正直な感想かな。

なんにせよ 今Aishaさんが 一人の身体でいてくれるて
良かったです(笑)

それにしても elmoさんやマーズさんも体験されていて
不思議体験されてる人が意外と多いんだな・・と
驚いています。

コメントいただいた皆様へ

ありがとうございます。

皆様のコメントは 姉に付き添っていた病室で 読ませていただいていましたが
なかなかコメ返する暇が無いまま 今日にいたってしまいました。

不思議な話はこれからも続けるつもりですので これからも宜しくお願いしますね~。^^
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる