スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインに行ってみた ③

装飾ライン_2

          *~* ゲルニカは限りなくタイトだった *~*

            【スペインに行ってみた ②】はこちら            
            【スペインへ行ってみた】をはじめから読みたい方はこちら  


マドリードからスタートしたスペインの旅。
いきなりプラド美術館でてんこ盛りの絵画を観て、いささか胸やけ気味に。
というのも スペインを代表する画家の作品は かなりヘビィなんですね。
ちょいと重たい気分になりつつも お楽しみの昼食。

スペイン料理と言えば とりあえず“パエリヤ”
早速 登場!
…と、アレ?
パエリヤの画像を用意したつもりが 何処にもありません…(-_-;)
で、皿に取り分けたあとの画像しか無かったりして…^_^;



『おお~~、コレが本場のパエリヤかぁ~~!!』

口々に言いながら写真撮影したりして(笑)早速食べてみると…
スペイン料理が好きで 日本でも常々お気に入りのスペイン料理店へ
足繁く通っていたこの頃。
日本で食べているモノと それ程の味の違いも無く 
米が若干生っぽいな…って位でした。
でも この“米が若干生っぽい”って言うのが本来のパエリヤなので
『やっぱ こんな感じだよね~』などと言いながら食べたのでした。

生野菜のサラダには日本の様に ドレッシングは付いて来ません。
テーブルにオリーブオイルとビネガーと塩が置かれていて
自分で好きなようにかけます。

スペイン広場を通ると、
早速 ドン・キホーテとサンチョ・パンサがお出迎え。
  ↓
022_20120126075602.jpg

午後は自由に見学…という事で 三人でとりあえず王宮へ行ってみる事に。
メトロの入り口でパチリ。
邪魔ですよね…(-_-;) 

       023_20120126075602.jpg

王宮は…ガイド誌によれば
『フランスのヴェルサイユ宮殿で生まれ育ったブルボン王朝第一代国王フェリペ5世が、ハプスブルグ王家の宮殿跡に、フランス・イタリア風の王宮建設を命じた…』
というものらしい。
なるほど、フランス・イタリア感が漂っています。

024_20120126075602.jpg

中を見ても絢爛豪華。
まるでヴェルサイユ宮殿のようですね~

026_20120126075602.jpg

ちょっとスペインの空気が感じられないので ささっと通り過ぎました。

027_20120126075710.jpg

まあ折角来たのだから とりあえず王宮へ…
なんて考えたのは私達だけでは無かったようで 他のエジプト仲間達も
王宮前の日陰に居たので合流。

       028_20120126075710.jpg

この時期のスペインは とにかく太陽の陽射しが半端では無いのです。
肌にチクチクと刺さるような強烈な陽射しと ソレが作る濃い影…
まさしくスペインです。
ソレが日陰に入ると 肌寒く感じる位カラリとしています。

029_20120126075710.jpg

今回の旅行、前にも言いましたが この旅の2年前にエジプト旅行で
意気投合した方々と共に参加したツアー…
年代的にも 当時20代~80代という幅広さ。
なので集まれば ちょっとお茶でも…なんて時間が必ずあったりします。

みんなてんでに違うものを頼もうか…という事になり、私はショコラを。
普通にコーヒーや紅茶の下に書かれていたので 何も考えずに注文。
そのときにウェイターが 
『コレだけで良いのか?』って感じで聞いて来たのですが 
皆で食べようと ケーキも何種類か頼んであったのでおことわり。
で、来たものが…

030_20120126075709.jpg

うへ~~、何コレ?
他の旅慣れた皆さんも ええ~~??

味は…というと、チョコレート風味のコーンスープみたいな感じ。
ココアにコーンスターチでとろみを付けたもののようです。
勿論、カップを傾けても 流れないので飲む事は出来ず…
メニューをよく見たら グリッシーニの様な硬いビスケットで
すくって食べるのでは…と分かりました。(-_-;)
ヤレヤレです。

その後 再び解散しまして 私と姉はショッピングセンターへ。
スペインの革製品は上質で安いので 
現地の方に人気のあるお店を教えて貰い行ってみました。
友人へのお土産用と自分に 革のジャケットを買いました。


さて…
翌日からは段々スペインを南下していきます。
マドリードにはもう戻らないので 
翌朝の出発前にと…仲間たちとある計画を立てました。

翌朝、ホテルの出発時間は11時。やや遅めの集合なので 
ホテルから比較的近い所にある【ソフィア王妃芸術センター】へ行く事に。
なぜならソコには…
ピカソの【ゲルニカ】があるのです。
この作品はピカソがパリ万博の為に制作依頼された物で
戦争への怒りと生命の尊重がテーマになっています。
そしてこの作品は “決してスペインから出さない事”とされてるのです。
観るならこの時しかチャンスはありません。
ソフィアの開館時間は10時。
タクシーで片道15分位だから 開館するのを待って入り、
他の作品を観たい気持ちをグッと堪え
【ゲルニカ】が展示されている部屋に直行!
20分後にはホテルへ戻るタクシーに乗らねばなりません。

とりあえず…開館前の入り口に着きました。

031_20120126075709.jpg

ソフィアの前にオシャレなポスターが貼られていました。

033_20120126075733.jpg

開館までする事が無いので みんなで写真を撮って遊んでました。

032_20120126075734.jpg

さて…いよいよ開館。
目指すは【ゲルニカ】。

目の前にどーーーん!と現れました。
想像していたよりも随分と大きな絵で 絵から離れないと全体が見えません。
そして…テーマ直球!
戦争の悲惨さが そのまま描かれていました。
写真で見ている時は もっと揶揄感を感じていたのですが 
実物の大きさと迫力の前には そんなものは一切無く 
いたってタイトな作品だったのです。

↓【ゲルニカ】

ゲルニカ

【ゲルニカ】に魅入っていたら 監視員のオニーサンが近付いて来て
何か言ってます。
余りに食い入るように観ていたので怪しいヤツに思われたのかと思ったら
身ぶり手ぶりで、『バッグに気を付けて…』…ですと。

とりあえず 時間通りにホテルに戻り、バスに乗り込むと…
私達が【ゲルニカ】観にソフィアに行った事を聞き付けた他の人達が
『うわ~、私も観たかった~~』と口々に言うのを 
ちょいと良い気分で聞いたのでした。

      スペインに行ってみた ④ へ続く


装飾ライン_2

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

かまえましたよー(^_^;)

いつ怖い話がでてくるのか・・・と
ドキドキしながら読みましたよー
ホッとしました。
それにしてもエジプト旅行で意気投合したメンバー
での旅だけでも驚きですが20代~80代って・・・
すごいですねー良く集まりましたよ。
でも好きな場所へ旅してるのだから次行きたい
ところも合うんでしょうね?

お姉さんの元気な姿を目にするとなんとか
元気に戻ってまた旅して欲しいな―と
思いますね。AISYAさんもいろんなことを
思い出したり感じたりしながらのブログアップ
なんでしょうね。

「ゲルニカ」短時間で大変だったろうけど
行かれてよかったですねー
私も見てみたい。

マーズ 様

わわわ…
マーズさんをすっかり怖がらせてしまったようです。
怖い話の時は予告しますね。(笑)

>での旅だけでも驚きですが20代~80代って・・・
すごいですねー良く集まりましたよ。

ホントに。
皆さん 旅慣れた方々ばかりだったので 
楽しみ方を良く知っていらっしゃるんですよね。
色々と勉強になりました。^^

>AISYAさんもいろんなことを
思い出したり感じたりしながらのブログアップ
なんでしょうね。

そうなんです。
スペインの旅は 姉が是非 もう一度行きたいと言っていたので尚更なのです。
あの時こうしていれば…という悔いは山ほどあるのですが、時間は取り戻せないから そういうものだった…と納得するようにしています。

スペインの旅が南下していくと 段々 怖くなるかも…です。
次回はまだ大丈夫です。^^

ゲルニカ・・・

私も、スペイン旅行では、プラド美術館とソフィア王妃芸術センターは、はずせないかな~と思っています。
私、行く気満々・・・(^_^;)
本物のゲルニカ、観たいです。
ピカソがどんな思いで、この作品を描いたのか?
ピカソの思いを、スペインで今も伝え続けるゲルニカ・・・
すごい作品なんだろうな~!

パエリアもそうでしたか?
イタリアのリゾットも、米が生っぽい・・・
知らなかったので、ほとんど残してしまいました。
あとで、添乗員さんに聞いて、納得・・・(-_-;)

このころのお姉さんは、お元気そうですよね。
お姉さんにとって、スペインは思い出に残る楽しい旅だったのでしょうね。
お元気になって、また旅行に行けるといいですね。

ツアーの予定を上手に使ってにぎやかに旅されてる感じが
とても良く伝わってきますね♪
私も次回はゲルニカを是非見たいです。

訪れてないところばかりなので以降の回も楽しみです(^0^)

kukka 様

>私も、スペイン旅行では、プラド美術館とソフィア王妃芸術センターは、はずせないかな~と思っています。

絶対に外せないですよね!!^^
私も時間さえもっと許せば ゆっくりと他の作品も観たかったです。
まあゲルニカを観る事が出来ただけで満足しておきます。^^

ゲルニカは生で見ると迫力があります。
それと…モノクロなので 結構 ドロリとしたイメージなのかと思いきや、思いがけずスカンとした作品です。
複雑な戦争の惨劇を 最小限の線で描きだした事で
よりいっそう心に訴えられるものがあります。

>私、行く気満々・・・(^_^;)

予定は…向日葵の咲く頃…でしょうか?
頑張ってそれまでにスペイン編を完結させなくては!!(笑)

>パエリアもそうでしたか?
イタリアのリゾットも、米が生っぽい・・・
知らなかったので、ほとんど残してしまいました。
あとで、添乗員さんに聞いて、納得・・・(-_-;)

あ、イタリアのリゾットもそうなんですよね。
私はイタリアに行った事がないのですが、友人が同じ様な事を言ってました。(笑)

>このころのお姉さんは、お元気そうですよね。
お姉さんにとって、スペインは思い出に残る楽しい旅だったのでしょうね。
お元気になって、また旅行に行けるといいですね。

先日 救急車で搬送された時は どうしよう…って感じでしたが、
本人はいたって前向きで頑張っています。
今はまだ吸っている酸素の量が多いので退院は もう少し掛かりそうですが、
少しずつ身体は動くようになってきたようです。
残念ながら 壊れてしまった肺が回復する事は無いので もう旅行には行けませんが、今思えば 一番気力体力が充実していた頃に こうして行ってみたかった国をアチコチ一緒に旅行で来たので良かったです。

ケイ様

>ツアーの予定を上手に使ってにぎやかに旅されてる感じが
とても良く伝わってきますね♪

年配の方が居たり、仕事を持っている人が多いし、決められた時間で色々な所に移動出来て、天災でも無い限り とにかく無事に予定通り帰って来られる事…と思えば、やはりツアーに参加する事が一番。
お値段が高めのLook JTBを使うと 日程もノンビリで連泊もあるし、こういう時間も取れたりして…良いのですよね。
何しろ どんなトコロでも寝られて無事に予定通り帰れなくってもイイヤ…って歳ではないので。(笑)

ケイさんも行かれた事があるんですよね?
何処を回られました?
また印象に残っているトコロを教えてくださいね。

いいな!いいな!

ゲルニカ見たかった~っ!!
そんなに大きな絵だったのですか?大きいと迫力もちがうでしょうね。戦争の悲惨さ・・・本や写真では伝わらないものが、ド~ンっと伝わってくるのでしょうね。

行きたい!もう一回スペインへ行きた~いっ!!
AISHAさんが超~羨ましいっ!!

[ゲルニカ] 凄いですね。
あの色使いと、あの抽象的な絵だからこそ見る人間の
心に語りかけてくるんでしょうね。
これが写実的な絵だと、多分視覚的な部分だけでしか
捉える事しか出来ず、深淵は触れないのかな。
さすがピカソ。伊達に名前が長い訳じゃないですね(笑

もうそろそろ出てきますかね?怖い話が。。。
あー、楽しみだww

idems5 様

>ゲルニカ見たかった~っ!!

観られなかったんですか~(-_-;)
大抵はプラドに行くからソフィアは入らないですよね。

>そんなに大きな絵だったのですか?大きいと迫力もちがうでしょうね。戦争の悲惨さ・・・本や写真では伝わらないものが、ド~ンっと伝わってくるのでしょうね。

大きかったです。
ウィキで調べたら349 cm × 776 cm でした。
開館と同時に入って観たので もう独占状態でした。
みんなが先に行ってしまってからも しばらく観ていたので 本当にたった一人で独占して観ました。
最高な贅沢でした。^^

>行きたい!もう一回スペインへ行きた~いっ!!

私もいつかもう一度行きたいです、
idems5さんはどの辺りを巡ったのでしょうか…?
また教えてくださいね~

NAKATA 様

>ゲルニカ] 凄いですね。
あの色使いと、あの抽象的な絵だからこそ見る人間の
心に語りかけてくるんでしょうね。
これが写実的な絵だと、多分視覚的な部分だけでしか
捉える事しか出来ず、深淵は触れないのかな。

うんうん、確かにそうですよね。
想像の余地があるっていうか…行間が見えてくる様な絵でした。
私、ピカソは青の時代とかの まだ写実的な頃の作品の方が好きなんです。
でもゲルニカは コレでなければ駄目だ!って思えました。

>さすがピカソ。伊達に名前が長い訳じゃないですね(笑

パブロ・ディエーゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ…ですか。(爆)
で、実際には お友達からなんて呼ばれていたのでしょうか…ヽ(;´ω`)ノ

>もうそろそろ出てきますかね?怖い話が。。。
あー、楽しみだww

おはは…(-_-;)
南下と共にボチボチと…どの辺りが始まりなのか 自分でも良く思い出せないんですよ、実は。
写真を見て段々と思いだします。(笑)

意気投合

した方々と、楽しいお茶のひと時。
話も弾みますね。
ショコラにびっくり!!
飲み物の場所に書いてあれば、ホットチョコレートみたいな飲み物だろうとか、思いますよね。
国が違うと、思っても見ないことに驚かされたりしますね。

ゲルニカ。そこでしか見られないものを見る!
旅の醍醐味だったりしますね♪

kako様

>国が違うと、思っても見ないことに驚かされたりしますね。

ホントですよね~
kakoさんなんて 日々 その連続なんだろうな~
…なんて 実はコレを書いた時に 思ったんですよ。(笑)

これで美味しければ文句も無いんですが… 
なんでコーンスープ風味?ってな感じで。

>飲み物の場所に書いてあれば、ホットチョコレートみたいな飲み物だろうとか、思いますよね

それに…カップもコレだし…
どうみても飲む為にしか見えないですよね。(-_-;)
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。