スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインに行ってみた ②

装飾ライン_2

          *~* スペインの旅の始まりは御守りの準備から *~*

            【スペインに行ってみた ①】はこちら
            【スペインへ行ってみた】をはじめから読みたい方はこちら  


お待たせいたしました。
ようやく スペイン編スタートです。

写真の画像処理はもう メッタメタのままです。
もうどうやって頑張っても ピントが合わせられなくて諦めました。
みなさん ぼやぼやした画像ですが どうぞ見流してくださいませ。

さて先回も言いましたが…
今回のスペイン編 霊だの前世だのといったお話が苦手な方は
読むのをご遠慮くださいませ。
とは言っても 全編 そんな話ではありませんが…(-_-;)

001_20111205074002.jpg

私にとって スペイン=南部…ということで 
なるべくグラナダを中心に南の地方を巡る旅を探しました。
で、JTBの
“情熱の国 スペイン周遊紀行”と銘打ったツアーに参加する事に。

実はこの旅 以前書かせていただいた【エジプトに行ってみた】で
ご一緒させていただいたメンバーと 是非 もう一度一緒に旅を…
ということで計画されたものです。
家庭の事情やオメデタ…といった理由で 数人は残念ながら
行けませんでしたが 殆どの方々と再会いたしました。 
エジプトには共に行ったelmoさんは 
家庭の事情で 残念ながらこの旅には御一緒出来ませんでした。
その代わりに 当時の職場の取り引き関係でお世話になったMさんが…
彼女も長年スペイン旅行が夢だった…という事でしたので 
一緒にいかが?と誘ったら その場で『行きますっ!』…でした。

↑の写真は 
ロンドンのヒースロー空港での乗り継ぎの待ち時間にカフェで。

相変わらず乗り継ぎだと時間が開いてて大変でした。
行き掛けでは買い物にうろつくのもなんだし…
結局 カフェに陣取って 何時間も時間をつぶしました。
まあ女性同士なので話は尽きず 待ち時間も楽しく過ごせました。


旅の準備も今回はヨーロッパということもあって 特別なモノもなく…
あると言えば ただ一つだけ…

 “御守り”

以前行ったエジプトで感じた 自分の前世との繋がりのある土地での
霊障的なものは 今回のスペインでも感じる事になるのではないか…
と、確信めいた予感があったので 姉だけでなく  
同じく縁あって共に行く事になったMさんにも御守り持参を推奨(笑)

こういう時に持って行く御守りには 何が良いか。

余り深く考えていませんが 
自分にとっ一番相性が良いモノなら 何でも良いと思います。
私が何を持って行ったのかと言いますと 知り合いが 
真言密教の御守りを作ってくれるというのでお願いしました。

手渡された封筒を透かして見ると 
人型に切られた和紙が入っているようでした。 
ふむふむ コレで何かの時には身代わりになってくれるという事か…
なんて思いつつ バッグに忍ばせてきました。
この御守りが活躍する事が ありませんように…と願いましたが
どうやらお陰で命拾い…なんて事になりましたので 有難かったです。

003_20111205074001.jpg

マドリードの空港に着いたのは 22:15。
これは空港に飛行機が到着した時間なので 
入国審査とバゲッジの受け取りと…なんて諸々を済ませて
ホテルに着いた時には もう翌日の1時をとうに過ぎていました。
夕食は勿論無く 部屋に入って寝るだけ。
これはある意味ありがたいのだ。

というのも 当時は 長時間のフライトや 乗り継ぎだったりすると
どうしても機内食の回数が増えるし 動かないし やる事も無いので 
食事やら軽食やらオヤツやら…と出てくるモノをみんな食べてしまう。
どこかで食事を一回抜かないと 腹具合が元に戻らないのです。
だから着いた日の時間が遅く食事抜き…ていうのは 
コレで一気にお腹も時差も解消できるのですね。

ただ、お部屋に入ればやはり疲れを取りたいから 
シャワーを浴びたり着替えを出したり…
と、すぐに寝られるわけではないのですけどね。 


さてお部屋ですが…

入った途端に あぁ…やっぱり…って感じでした。
薄暗いし…
もともと 当時のスペインは それ程グレードの高いホテルがないので
(古城をホテルにしたパラドールとかは別として)
LOOK JTBでホテルをとっても 
これ以上のホテルはありません…って感じのようでした。
しかも 一番気になるお風呂場がこの暗さ…  

002_20111205074002.jpg

ちょっと怖かったので 写真を撮ってみました。(笑)

シャワーも浴びたのですが どういうわけか 壁のうえの方に
レンガ一個分位の大きな通風孔が開いていて(格子も何も無く)
壁の内側の配管やら何やらが丸見えの状態。
で、その穴が ものすごく怖いのです。
何かが覗いているみたいで…
怖くて怖くて その穴から目をそ向ける事が出来ないでのす。
シャワーの水圧もものすごくて シャワーヘッドの穴が大きいのか
やたら大粒のシャワーなのですよ。
どんな感じかといいますと 
シャワーをひねったら 小石が身体に勢いよく振って来たような。
浴びながら 『痛たたたた…』(-_-;)
洗髪するのにも シャワーのせいで頭が痛いし 
だけど怖いから目も閉じれない…といった最悪のスタートでした。


翌日はマドリードの観光。

朝一番は プラド美術館。
絵画好きなら 一度は行ってみたい美術館ですね。

       004_20111205074001.jpg

スペインもアチコチにニャンコが居る国です。
美術館の入り口にも黒猫ちゃんがお出迎え…
え、朝から不吉ですって?…^_^;

005_20111205074000.jpg

プラド美術館といえば…
ゴヤ、エル・グレコ、ベラスケスの作品がどっさりです。

ルーブル美術館の印象は 宗教画が多かったことですが
コチラはソレに加え 戦争や体制を揶揄したものとか 
なんか世紀末的な印象のものが沢山あります。
色合いも 薄暗いものが多く 
それがスペイン独特な泥臭さに通ずるものがあります。

006_20111205074112.jpg

↓プラド美術館の中で…

007_20111205074112.jpg

スペインは 光と影のイメージが強いですが、
それは 陽射しの強さだけから来るものでは 無いのです。

008_20111205074111.jpg

↓コレは宮廷画家ベラスケスの最高傑作『ラス・メニーナス』
元の写真はボケてないのですが 
デジカメでどんな事してもピントが合わず諦めました。

王女と女官を描いているベラスケス本人が描かれていて
向こう側の壁の中央に掛かっている鏡に 
それを見守っている王と王妃の姿が写っている…という複雑な構成。
この絵を眺めている観客の目線が 
王女を見つめる王と王妃の眼差しにリンクするわけです。

009_20111205074111.jpg

まるであたかも 王女の部屋の前に立って 
この風景を覗いているかのような気分になります。
というのも…この絵、画集では分からなかったけど 
こんなに大きいのです。
   ↓
010_20111205074110.jpg

絵画に興味が無くても この絵を見た事がある人は多いのでは?
       ↓
      011_20111205074227.jpg

マリービスケットのマリーです。
間近で観ると ホントに可愛らしい…
プラドで見るまで知らなかったのですが、
成長したマリーの絵もあるのです。
       ↓
      012_20111205074227.jpg

マリービスケットというのは 日本の森〇製菓の商品名かと思ったら
どうもそうでは無いようです。
スペインのお土産にも このマリーがパッケージになった
マリービスケットが沢山売られていました。
この昔懐かしい バニラのハードビスケットの総称を 
マリービスケットと呼んでいるといっても良さそうな感じですが、
実際のところはよく分りません。

       017_20111205074335.jpg


      013_20111205074226.jpg

エル・グレコの絵は スペインを旅していると一番多く目にするかも。
人体を描く時の独特な比率と影の描き方が印象的ですが 
モデルに精神病院の患者を使ったというのは有名な話ですね。
ちなみに エル・グレコの絵は あまり私好みではありません。
        ↓
       014_20111205074223.jpg


ムリーリョの『無原罪のお宿り』↓。
ムリーリョはスペインのラファエロと呼ばれているそうな。
この可憐な(?)マリアの姿が当時は人気だったとか…
でも 目がイっちゃってますよね…^_^;

          015_20111205074222.jpg

そして…子供の頃から 美術の教科書で観て 誰もが知っている
ゴヤの『裸のマハ』と『着衣のマハ』
  ↓
016_20111205074335.jpg

ゴヤは私がもっとも好きなスペインの画家ですが、
宮廷画家だった頃の作品よりも、晩年の 作品の方が好きです。
        ↓         
       018_20111205074334.jpg

↓誰の絵なのか分かりません。^_^;
だけど 海外の美術館って フラッシュさえ焚かなければ撮影OKなので
綺麗な画の前だと つい一緒に記念撮影してしまう。(笑)
コレは日本人だけかと思うとそうでも無く…(笑)

019_20111205074334.jpg
  
TVや本でしか観た事無かった絵を 
ドッサリとてんこ盛りで観られる幸せ。

スペインの旅は 怖い事ばっかしじゃ無かったのよ~^^


お昼御飯は 早速パエリア登場!
ソレは次回。


      スペインに行ってみた ③ へ続く


装飾ライン_2

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

遂にスペイン編発動ですかっっ!!
この余波がオイラのBlogにも影響したんですかね(笑

てか、トイレ暗いっすね。。。
ただ光量が云々というより雰囲気も暗い。。。

でもそれ以外は観光を満喫してますね。
プラド美術館良いじゃないですか。
オイラも美術館とか好きですね。
しかもこうゆうトコで鑑賞できるのがまたイイですね。
スペインは大航海時代に侵略ばっかしてるイメージが強いですが、
やはり他のヨーロッパの国と同様、芸術が文化と根差してるんですね。
勿論、宗教とも。

ほっ。。。

いよいよスペイン旅行記の始まりですね~。

ヒースロー空港でのリラックスした表情のお写真から
一転して、スペイン到着最初の夜のホテルでのお写真・・・。
読んでいてなんだか背中がゾクゾクしてしまいました(笑)。
な、なにも起こらなくてよかった(´ー`;)
(こういう方面に関してはものすごく怖がりです)

それにしても、贅沢な絵画の数々。
迫力ある作品を一度にこんなにたくさん
観られるなんて素晴らしいですね☆
画面のこちら側にもエネルギーのようなものが伝わってきました。
ピントが合わない『ラス・メニーナス』、不思議ですね。

やっとスペイン

やっとスペイン編だね。
トイレといえば、エジプトのラムセスヒルトンも怖かったね。
私たちは結局、そこの部屋は退散したものね。
あの暗い洗面所思い出しちゃいました。
絵画は本物見るとびっくりするね。
いつか行ってみたいなスペイン!

NAKATA 様

>遂にスペイン編発動ですかっっ!!

はいぃ~。
編集できない画像を途中で放り出しての見切り発車です。(笑)

>てか、トイレ暗いっすね。。。
ただ光量が云々というより雰囲気も暗い。。。

でっしょ~?!
このホテルに二泊…もう ず~と怖くてね。
何か起きたわけではないのに…
これは序章って感じです。(-_-;)

>でもそれ以外は観光を満喫してますね。
プラド美術館良いじゃないですか。

勿論ですよ~
そっちがメインですもん。(笑)
プラド良いですよ。
このウチの一枚が日本に来たって 大行列ですもんね。
TVや画集でしか知らない絵も 生で見ると 印象が全然違うのですよね。

ヨーロッパの大きな美術館や博物館に展示されている遺跡モノなんて 殆どが略奪品ですものね。
そう思うと複雑なんですよ。

chocoron.様

>いよいよスペイン旅行記の始まりですね~。

鳴り物付きの この旅行。
もうなるべく頑張って ちゃっちゃと終わらせたいと思ってはいるのですが…
実際 不思議な位 細かく覚えていないのですよ。
他の旅行は あんなに色々な事を細かく覚えているのにね。
おかしな事だらけな旅行です。

>な、なにも起こらなくてよかった(´ー`;)

これからですよ、これから。(-_-;)
移動して南に下がって行くと 段々…
…なんて chocoronさんを怖がらせちゃいますね。

>それにしても、贅沢な絵画の数々。
迫力ある作品を一度にこんなにたくさん

ですよね。
さすがプラド美術館!って感じです。
あ、コレ知ってる!、コレ 観た事ある!!
って作品ばかりでした。
直に見る事が出来て ホントに幸せでした。

elmo 様

>やっとスペイン編だね。

見切り発車だけど、とりあえずスタートさせました。(笑)

このホテル 部屋に入った途端 カビ臭い気が…
あ~まただぁ…って思った。(-_-;)

>絵画は本物見るとびっくりするね。

そうなんだよね。
まずはじめに サイズが想像と違っていて驚く。
大きい絵かと思っていたら すんごく小さかったり…
どの逆に 物凄く大きい号数だったりする事も…
印刷では決して出ない 細かい色調とかを見ると感動しますね。

行く時は 御守り持参してください。(笑)

いつか、行きたい・・・!

昨日、ふっと・・思ったんですよ・・!
AISHAさんの、スペイン・・まだかなあ~って。

どっかで、催促されてる気が・・しませんでしたか?

AISHAさんのスペイン、読む前に、行くことになったら・・・
なんて、ありえない心配まで、してしまったり・・・(^_^;)

「来年、行こうよ・・」と、娘を誘っているんですが・・・
当然JTBです。積立しているんです。

スペイン、プラド美術館は絶対はずせないですね。
そして、〝ひまわり〟の季節がいいなあ~と思っています。
どこまでも、底抜けに明るい国・・・では、ないんですね。

未知の国スペイン、楽しみです。

始まりましたねー

スペイン編楽しみにしてましたー
・・・でも

>今回のスペイン編 霊だの前世だのといったお話が苦
>手な方は読むのをご遠慮くださいませ。
超苦手です。どうしましょう(^_^;)
昼間に読むことにします。

私もトイレの写真見た時ぞっとしちゃいました。
AISYAさんの周りを何も映ってないか見てしまいましたよ。(>_<)

以前旅でご一緒になった方達との2度目の旅・・・なかなか
叶いませんよね?すごいです。

kukka 様

>
昨日、ふっと・・思ったんですよ・・!
AISHAさんの、スペイン・・まだかなあ~って。

どっかで、催促されてる気が・・しませんでしたか?

…^_^;
いやぁ~もう ビリビリと…(笑)
何気に色々な方に言われてまして…
で、画像の調整が間に合っていないままの見切り発車となりました。

>「来年、行こうよ・・」と、娘を誘っているんですが・・・
当然JTBです。積立しているんです。

わ、良いですね!
是非 行って来てください。
kukkaさんが出掛けるまでに連載終わらせないと。(笑)
絵画好きなkukkaさんには プラドはお勧めです。
後 この先に出て来ますが ソフィアも是非。
そちらでは 国外不出のピカソの名画『ゲルニカ』が観られます。

>そして、〝ひまわり〟の季節がいいなあ~と思っています。

私もひまわりの季節に行きたかったのですが 長期休暇が 7~8月は取れないので9月に…
ひまわりは みんな種になってました。(-_-;)

>どこまでも、底抜けに明るい国・・・では、ないんですね。

そうなのです。
少し湿った暗さが またスペインらしさを醸しているのですよね。
ロマの方々のフラメンコとか 重苦しくて 魂が揺さぶられます。
同じヨーロッパでも イタリアやフランスとは全く違う雰囲気です。
イスラム文化も入っているので エキゾチックな雰囲気が ヨーロッパの文化に融合して 独特な感じ…
いつかまた行ってみたいなぁ…

マーズ 様

>昼間に読むことにします。

はは…^_^;
怖い回の時は 予告しますから。(笑)

>私もトイレの写真見た時ぞっとしちゃいました。
AISYAさんの周りを何も映ってないか見てしまいましたよ。(>_<)

ホントですよね。
私も変なモノ写ってんじゃないかって気がして 観ちゃいました。(笑)
でも このお風呂。
ホントに暗いと思いませんか?
鏡に写っている私の頭の上に シャワーカーテンが写ってるんですけど
コレじゃ 暗いですよね~~~ヽ(;´ω`)ノ
マジ怖かったですよ。

>以前旅でご一緒になった方達との2度目の旅・・・なかなか
叶いませんよね?すごいです。

そうですよね。
エジプトから翌年…とかでは無く 3年後ですからね。
そう思うと エジプト旅行は特別な旅行だったんだな~と思えるんです。
少ない人数で 船旅 過酷な環境…と そんな条件が重なって 
お互いの結束みたいなものが生まれたのだと思います。
このスペイン旅行は ヨーロッパなだけあって 30名位の参加者がいたのです。
その中 成田空港で再会した私達は お互いにハグして大騒ぎ。
完全に 同じツアーの方々から浮いてました。(-_-;)
 

バスルーム

の暗さと、絵画の色合いが似ているなぁと思いました。
AISHAさんも、バスルームをバックにした絵画の中に入っているみたい~。
スペインの光と影。
美術館いいですね。
以前、東京の美術館で働いていた頃を思い出しました。
特典は、時間があれば、絵画見放題(笑)
その頃、いろんな絵のことも勉強しました。(でも、忘れてることの方が多いです~。)
オランダ絵画が結構好きでした。暖かめの色合い。ホーホとか、フェルメールとか好きですね。ゴッホは、少し、私にとっては強い~です。
本物を、どっさり見られるって、幸せ♪ですね!

Kako様

わぁ~ 美術館でお仕事されていた事があるんですね。
なんだか憧れちゃいます。^^
オランダ絵画の独特な空気の色…というか 良いですよね。

>本物を、どっさり見られるって、幸せ♪ですね!

そうですよね。
やはり本物を見ないと 実際に伝わらないものも沢山あるんだな…って思った絵もl沢山あります。
特にミレーの絵なんかそうでした。
ココに紹介した絵のうち 一枚でも日本にやって来たら もう大行列。
心行くまで観賞…だなんて絶対無理ですよね。

こうやって訪れた事のない地を別の視点で紹介してもらえるのはとても興味深いです。
スペイン
大昔に訪れた記憶があります。ぼんやりと(笑)
これから続く旅の展開にワクワクしてます♪

ケイ様

ケイさんもスペインに行かれた事があるんですね~^^
この先 (懐かしい風景~!)
なんて思って貰えるような写真が出てくると良いのだけれど。^_^;
楽しみにしてて下さいね。

その後 ホシノの具合はどうですか?
実は ウチの冷蔵庫の中に ホシノのフランス種ではなく 普通のホシノ天然酵母が入っているんですよ。
ウチはハード系パンを焼く事が多いので ソフトもハードも焼けるフランス種の方が使い勝手が良いので 普通のを早く使ってしまおうと HBの天然酵母パンを焼く設定で 起こした生種を説明書通りに入れてセットしてみました。
で…全然駄目でしたよ~~~ヽ(`Д´)ノ
膨らみが足り無くて 焦げたトコロが煎餅みたいな匂い。(笑)
どうやっても食べる気になれなくって ゴメンナサイしてしまいました。
だってコレを無理して食べたら パンが嫌いになりそうだったから…(-_-;)
仕方ないので 残りの生種をそのままストレートでもう一度パン生地を作って 今度は捏ねあがった後 ボウルに取って 一時発酵。
オーブンの35℃設定で物凄く長い時間掛かって 何とか2倍強まで発酵させました。
その後成型して二次発酵はスムーズに進み 綺麗に焼きあがりましたが…
やはりストレートは時間が掛かりますね~
種生地にした方が 時間は短縮できるな~とつくづく思いました。
毎日毎日パン焼くのが面倒な時は ストレートで丸一日掛けてノンビリと焼くのも良いかな…とも思いました。


AISHAさんに教わって、種生地とは何ぞや?から始まって又色々私なりに調べて本ばかり読みながら、結局まだ生種から発酵させる方法しかやっておりません。
私は夕刻から自宅で仕事をしているので、どうも逆算をして取り掛かろうとするのですが、どんくさいんですね。
ホシノ天然酵母が後350グラムあるので失敗しながら中種法もやってみます。
ただ初心者ゆえAISHAさんのいわれる酵母が元気だとか元気ないとか全く判断できませんし、結局失敗重ねて経験つむしかないんだなと、大量の本を読んだ結果納得しています。
どうも好奇心が勝るだけで、根が怠け者ゆえTRYは後回し・・(^^;)。
昨日大家の生種使うレシピでHBおまかせにて国産・外国産半々で胡桃レーズンパン焼きましたところ香りはとてもよく、膨らみも少しちいさいくらいのが焼けました。
味はまぁまぁ。やはりHBでは一時発酵が足りないのでしょうね。
今あるホシノが使い終えたら今度は白神こだま酵母を試そうと思います。
なんでもやってみないとわかりませんね。
腕が伴わないのですが焼きあがる時のワクワクがたまりませんからボチボチとがんばれそうです。

AISHAさんはお優しいかたですね。
ありがとうございます。

ケイ様

そうだったんですか~^^
お仕事の時間を考えると 逆算したくなりますよね。^^
天然酵母を生種のまま使う方法だと 実際 時間がどれだけ掛かるか分からなくって 予定通りに行かないかもですね。^_^;
私は この寒い季節にパンを焼くのが好きです。
オーバーナイト発酵(低温で一晩じっくり時間を掛けて発酵させる事です)をさせるのに 冷蔵庫を使わずに 寒い部屋に一晩放置出来るから。(笑)
種生地の材料を混ぜ合わせて(こねなくても良い)、その容器ごと寒い部屋に置きっ放しに出来るし(ね。^^その状態で種生地は一晩で出来ます)
ホシノがあと350gですか…
私も同じ位あります。(-_-;)
冷蔵庫に何年も入っていたモノなのに 種起こしでちゃんと発酵したので良かったです。(笑)
案外平気ですねぇ(冷凍は駄目みたいです)

>ただ初心者ゆえAISHAさんのいわれる酵母が元気だとか元気ないとか全く判断できませんし…

元気がある状態は すぐに分かります。^^
生種の時も 種生地の時も 元気な時は ブクブクと泡立ってる状態ですから。
元気が無くなると 水っぽくタラ~っとして来ます。
生種の場合は 見た目 大丈夫かな~なんて状態でも 種生地にすると元気になります。
種生地の場合は 元気が無くなったら 新しい種生地を足してあげるとすぐに元気になります。^^

白神こだま酵母やパネトーネマザーは ドライイーストと同じように使えて便利なようですね。
自分で焼けば 安全なパンが食べられる…とその一念だけです。^^
これからも楽しみましょうね~\(^o^)/ 


ご無沙汰しています。

ようやく、始まったスペイン編・・・楽しみにしていました。
コメントがこんなに遅くなりましたが、読んだのは、結構早く読みました。(苦笑)

私も、スペインに行った時の事を思いだしてました。
エル・グレコの絵・・・覚えてますよ。

目の前にした時、なんとも言えない感じだったことを。
暗くて、怖い絵だけど、見たい。なんて言うか、怖いもの見たさみたいな間隔だった事を覚えています。

でも、一人でその絵の前には立ちたくないな~って思った事とか・・・。

次回も楽しみです^^

idems5 様

idems5さんもスペインに行かれた事があるんですね~^^
この先 懐かしいと思って貰える風景が出てくると良いんだけど。(笑)
お互い忙しい年末ですね…(-_-;)
メールをいただいて ゆっくり時間を掛けたお返事を書こうと思っているうちに どんどん時間が経ってしまって…ゴメンナサイ。
近々 長いお返事を書きます。
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。