ケニアとタンザニアに行ってみた ⑰


       *~* 果てしない平原 *~*

         【ケニアとタンザニアに行ってみた ⑯】 から続く
         【ケニアとタンザニアに行ってみた】を最初から読みたい方はコチラから 


“セレンゲッティ”というのは、
マサイ語で“果てしない平原”という意味だそうです。

その名の通り、とにかく広い!
このセレンゲッティ国立公園が どの位の広さかというと、
“地球の歩き方”によれば、
神奈川・東京・千葉・埼玉を合わせた面積よりももうチョイ広い。
でもってココは 
私達がTV等で知っているイメージ通りのサバンナなのです。



キリンの目元って…なんとなく憂いを帯びているように見えます。
動きも優雅なんですよ。

141.jpg

カバも沢山いるのですが、動物園で見掛けるように単体では無く
大抵はこんな風に大所帯…というか かなりの群れなので
実際のカバは デフォルメされているような可愛いイメージでは無いです。
本当はかなり凶暴で 噛み殺される事もあるとか…

そして この木…↓ 何の木かといいますと…

143.jpg

アップにしてみますね…
ホラっ!コレがソーセージの木。
フランクフルトが沢山ぶらさがっているみたいでしょ!?
この木を見た時、なんだかとっても嬉しかったですよ~(笑)
この美味しそうな(?)実は 食べられないと聞いたような気がしますが、
実際の所は分かりません。<(_ _)>

144.jpg

ライオンが一頭 木の陰にたたずんでいます。

        145.jpg

コチラが気になるのか、近くに寄って来ました。
顔の周りに まだ伸び始めたばかりの 短いタテガミが…

146.jpg

まだまだ子供のオスのようです。
もしかすると 狩りに出掛けた母ライオンを待っているのかもしれません。

147.jpg

仔ライオンといえど…この肩の筋肉。
野生動物は なんて美しいのでしょう。

148.jpg

棘だらけのアカシアの木から 葉を長い舌で上手に食べます。

149.jpg

突然 駆けだした…

150.jpg

サバンナに夕暮れが近付いて来ました。

    151.jpg

夕陽をジッと見つめているウォーターバッグがいました。

        152.jpg

…と思ったら、クルっ!

        153.jpg

『感傷に浸ってんだから ジャマすんなよ!』
…と言われているのかも…^_^;

サバンナモンキーは群れてアチコチにいますが、
ロッジや人が集まる所には ひときわ沢山いるような…
食料の関係でしょうか…

      154.jpg

母ザルがコチラをじっと見ています。
子供を守っているのでしょう。  

     155.jpg

サルは…実は結構…苦手です。(-_-;)

昔、秋芳台のあたりにあるサファリパークで 
首に掛けていたネックレスを サルに奪われた事が…
そうだ まだある…
長野県の地獄谷温泉で 名物のチマキをサルに奪われた事も。
あ、そういえば…
昔 義父がやっていた民宿で サルが勝手に客室に入り込み、
内線電話を鳴らすので困った事もある…
あ゛~~~まだあった。
幼い頃、友達と山に栗拾いに出掛け 栗の木に登ったサルと遭遇。
サルに栗のイガを投げつけられ 転びながら逃げたのだった。

コレだけあれば…もうすっかりトラウマです。


さて…
翌日は ンゴロンゴロ自然保護区へ向かいます。
実はこの旅で 私が一番行きたかったトコロなのです。
…というより、ンゴロンゴロへ行くから このツアーを選んだ…
というのが正しかったりします。
お楽しみに!


      ケニアとタンザニアに行ってみた ⑱へ続く


024_20100902082043.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

ソーセージ・・・

ほんとだほんとだー
ソーセージがぶら下がってるぅ~(^_^;)
これどう見ても木の実にはみえません。l
ソーセージにしか・・・これはみたいですね~(^_^;)

お猿とのエピソードがこんなにあるなんて・・・
AISYAさんには悪いけど笑っちゃいました。
でもうちの近所でも今サルが出没するとのこと。
目を合わさないように・・・と言われているんですが
ウォーキングの時合うんじゃないかとちょっと
心配になりました(^_^;)
それにしてもおさるさんとこんなに会う機会が
あるんですね~私はほとんど動物園意外では
見たことないかも・・・

「ンゴロンゴロ」がサルに栗のイガを投げられて
転びながら逃げている「ゴロンゴロン」に思えて
しまって笑いが止まりません^m^

「ンゴロンゴロ」が「ゴロンゴロン」みたいで
面白い名前だなぁと思いましたけれど
マーズさんの転びながら逃げて「ゴロンゴロン」・・・
にはワタシも笑いが止まりません (ノ∀`●)

お母さん猿、しっかりこちらを見張ってますねぇ。
このお猿さんには意地悪されませんでしたか?(笑)
ワタシもお猿は写真やTVの中で見るだけで充分です。

広い砂漠に生きる動物たちの姿が見られる旅。
またとない貴重な体験ですね。
いつまでもずっとAISYAさんの心で生き生きと残りつづけるのでしょう。

P.S.
>東南アジアってお水はやっぱり飲めないんですか?
ワタシが旅行したのは7~8年前ですが
その頃はホテルやお店でも水道水は飲まないようにしてました。
ベトナムではわりとセキュリティも安心なホテルに泊まりましたが
シャワーはちょろちょろ、洗ったあとの髪の毛はきしきしでした(笑)。

果てしない平原・・・

広~い、広~い・・平原なんですね。
どこまで行っても、
同じような風景が広がっているのでしょうか・・?
そして、どこに行っても動物は、間近にいるのですか?
大自然の中の、キリンやカバやライオン・・・
動物園とは違って、野性的かな・・?
それとも観光地なので、人には慣れているのでしょうか?
もう興味がつきない世界です。私には・・・
ソーセージの木も、不思議ですよね。

地球は広~い!

AISYAさんが行きたいと思った、ンゴロンゴロ・・・
どんなとこかな~
楽しみです~♪

こんばんは。

いつ見ても写真集のような画像☆
野生の動物は無駄の無い体型で筋肉がすごいですね(笑)

AISYAさんのおサルのお話は、私も笑ってしまいました!
内線、かけれるんですね(笑)
ウッキッキィーって言ってましたか???

ンゴロンゴロ自然保護区?
有名なところなのですか?
また次回も楽しみにしています^^

マーズ 様

ねっ!
どこから見てもソーセージでしょ~
面白いですよね。
昔、TVで観た事があって、いつか実物を見たいな~なんて思っていたんですよ。^^

サルって山のあるところには 意外とアチコチに居るんですよね。
最近は山を崩してしまったり、食べ物が無くなったりで 人が住む所にも降りて来ちゃうんですね…
サルは目を合わせると 襲ってくるって言いますもんね。
頭が良い分 コワイですよ~(-_-;)

サルにイガをぶつけられながら、転げるように逃げたんですよ…ホントに。(爆)

chocoron.様

あはは…(-_-;)
思わぬトコロが受けてしまって…(゚Д゚;)
今は笑えますけど、その時はねぇ…(爆)
ホントに怖かったんですよ。

蛇口をひねって 飲めるお水が出る国…って貴重ですよね。
ヨーロッパの都会とかだと、水道管が古すぎて飲めないし…

>シャワーはちょろちょろ、洗ったあとの髪の毛はきしきしでした(笑)。

水質も違いますよね!
日本から持って行ったシャンプーが 合わなくて
泡が全然出なかったり…
髪の毛が 何だか太くなったような気がしたり…^_^;
だけど…一番困るのが シャワーちょろちょろ…ってやつですよねぇ

kukka 様

>どこまで行っても、
同じような風景が広がっているのでしょうか・・?

セレンゲッティはそうですよね…
ただ 広いからといって 観光客を乗せたサファリカーがどこでも行くわけではないんです。
道路からは絶対に外れませんしね。

>そして、どこに行っても動物は、間近にいるのですか?

動物は何処に行っても 何かしら見つけられます。
セレンゲッティで一番多いのは ヌーの群れ。
逆に なかなか見られないのが 豹やシロサイとか…
そして大前提が 自然の営みに極力手を貸さない事…
観光客は勿論ですけど、レンジャー達も 特別な事が無い限り、手で触れたりなんて事は無いみたいです。

>それとも観光地なので、人には慣れているのでしょうか?

まさか まさかですよ~。
野生の動物だから 簡単に近付けないし、
休憩できる場所以外では 車から一歩たりとも降りられないんです。
ライオンが車の横を飄々と横切って行くのだって、
コチラは緊張しちゃうし、向こうは威嚇の意味もあって近付いてくるんですよね。

日常と全く違う環境に ポンと放り込まれると、
意外と人間って順応出来ちゃうものだと思うんですよ。(笑)
こうして私が書いたものを読んで、
『あ~私にはとても我慢できない~!』
…なんて思うかもしれないですけど、現地に行ってしまうと案外馴染んじゃったりして…
いつかkukkaさんにも観て貰いたい世界だな~。







もう興味がつきない世界です。私には・・・
ソーセージの木も、不思議ですよね

pica*様

>野生の動物は無駄の無い体型で筋肉がすごいですね(笑)

そうなの!
ネコ科なんてホントに美しい!
無駄の無いラインにホレボレ~(笑)

>内線、かけれるんですね(笑)
ウッキッキィーって言ってましたか???

あはは、単純な内線電話だったんで、たまたま繋がっちゃったのを覚えられてしまって
いたずらするようになって…
困ったもんのでした。(-_-;)
やっぱ頭が良いんですよね。

>ンゴロンゴロ自然保護区? 有名なところなのですか?

サバンナっていうと、セレンゲッティの名前は 誰がきいてもすぐわかりますよね。
ンゴロンゴロも大きな保護区なんですけど、知ってると 『おっ、野生動物好きかな?』
…な~んて思ってしまいます。^^

憂いを帯びるキリンの目

ほんとうですね。ウルウルしています。
キリンは優しい動物なのかな。。。

サバンナは自然の動物園のように、いろいろな動物がいますね。みんな活き活きとしていて、でも、そういうところは、動物園にいる子たちとちょっと違いますね。

ソーセージ。おいしそうです。そのまま食べられたら、いいのに!BBQセットだけもって行けば、OKなんて。
でも、何の実なのか、気になります~。

サルは、大人しいと可愛いですが、私も、ちょっと怖いかな。撫でたり抱っこしたりしたいとは、あんまり思いません。遠くから見るだけなら♪

Kako 様

ソーセージの木、正式名称はなんて言うんでしょうね。
食べられないって言っていたような気がするので
大きな豆のサヤのようなものなのかな…
割って中をみたいですよね。(笑)
私はあと…“パンの実”というのを食べてみたいです。(笑)

>遠くから見るだけなら♪

ですよね~
私も動物園の猿山とかゴリラとかは 見てる分には好きです。(笑)

あ、シンガポールに行った時、オランウータンと一緒に写真を撮る…というのがありました。
毛がゴワゴワでちょっとナニでしたよ~(-_-;)

ンゴロンゴロ・・・

すご~っ!オモシロい!!
このフランクフルト?ソーセージ?
こんな木があるんですね。
食べられたらいいのに!って思ってしまう・・・。

そして、そして、かっこいいじゃない!!
若獅子・・・私にはイケメンに見る(笑)

AISYAさんが一番行きたかったところ?
ンゴロンゴロ・・・?気になる!!(^0^)

idems5 様

木の実って 見掛けるととりあえず(食べれるかな…?)
と考えてしまう田舎者の私。(笑)
祖父は昔、薬草と毒草を間違えて煎じて飲んで亡くなった。
コレは我が家に流れる血か…(-_-;)

ライオン、カッコイイよね~
あのタテガミが何とも言えない…
このコ↑はまだチョロチョロだけど…^_^;
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる