スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニアとタンザニアに行ってみた ⑬


           *~* セレンゲッティの仔ライオン *~*

         ケニアとタンザニアに行ってみた ⑫ から続く
     
夕暮れのせまるセレンゲッティ国立公園の中を
ロッジ目指してひた走っていたら…



4頭のライオンの子供たちと遭遇しました。

ここセレンゲッティ国立公園は ライオンが沢山観られる事でも有名です。

096.jpg

目を閉じて頭をもたげていますが、
耳をコチラに向けて緊張しているのがわかります。
子供…といってもうんと小さいわけではありませんが、
まだ自分で狩りが出来るまでには 時間が掛かりそうです。

097.jpg

どうやら母親は近くにいない様子…狩りに出掛けたのでしょうか。

それにしても 見るからに育ち盛りのこのコ達のお腹を満足させるのは
大変でしょうね…

100.jpg

車を停めたまましばらく観察していると…なんだか様子が変です。
後ろ側の3頭は 緊張が途切れたのか ぐったりと寝転んでしまいました。
手前のコは 一生懸命頑張って頭を起こしています。

098.jpg

レンジャーでもあるドライバーのオニーサンが言うのには、
このコたちは 数日前からこのあたりにいるようで 
ずっと母親が帰ってきていないというのです。
この日も 気になってココを通ったようでした。
母親の存在を確認出来ないと 保護も出来ないのでしょう。
うっかり不用意に子供に触れて、もしも母ライオンが戻って来た時に
子供たちにヒトの匂いが付いていたら 子供が危険です。

099.jpg

野生動物を保護する…というのは なんて難しい事なんでしょう。
どのあたりに線引きを持ってくるのかが 精神的にも大変な仕事ですよね。
私たちは TVでこういう場面を見ても、
一切れの肉でもあげたら良いのに…なんて簡単に思ってしまいますが
現実には簡単な事では無さそうです。



そんなライオンの子供たちに後ろ髪を引かれつつ、
私達は 宿泊先の【セレンゲッティ・ソパ・ロッジ】へ到着。
今回も到着したのが暗くなってからなのでが外観が分からず…(-_-;)
(本当に 真~~っ暗になってしまうんですよ!)

このロッジでは二泊出来るので ゆっくりと身体を休める事が出来ます。

日程的に余裕があるのが このツアーを選んだ理由のひとつ。
と言いますのも、私も姉もこの頃は仕事をしていましたし、
この旅行に合わせて 有給やらその月の休日を一気にまとめてツッコミ
出発の前日まで仕事!!
帰国の翌日から仕事!!…なんて時も。
なので 確実に帰って来られて、
やたらアチコチ移動するような詰め込みツァーでは無く
同じホテルに連泊出来るくらい 一つの国をじ~~くりと観られて
ホテルのランクも上位、フライトチケットも優先的!

…なんてのが理想だったわけです。
そういう意味でも 【LOOK JTB】を使う事が多かったです。
この頃は今よりもずっと 面白そうなツアー構成のモノが多かったし、
ゆっくりと滞在して満喫できるものも…
今は 色々な情勢不安もあって そんな良いツアーは少ない様です。
良い時に行けたものです。 

ちと 横道にそれましたが…
【セレンゲッティ・ソパ・ロッジ】に戻ります。

お部屋は広々としてて開放的。
デコデコしてなくて スッキリとしたつくりです。
風呂場だけでも…この無駄な広さ。
あ、バスタブが付いてますが 飾りです。(笑)
当然 水はけが悪いのでシャワーの水は溜っていきます…(-_-;)
私達が流した排水は…
いったい何処に流れていくのか…気になるトコロです。

        101.jpg

夕食の時、ロッジの従業員の方々が アフリカンな衣装を着て
歌ってくださました。
アフリカのリズムと歌声…ってなんだかバオバブの木のようなイメージ。

102.jpg

で、私達女性も食卓に着く前に…
このオネーサン方の手で 【カンガ】と呼ばれる
コチラの女性には必須のアイテムを巻き付けられたのですが…
↓なんだか変ですよねぇ…(-_-;)
女性は全員 右側の姉のように2枚のカンガを巻き付けて貰ってましたが
私だけが腰布一枚。…(T_T)
チガウダロ~~~ッ
   103.jpg    104.jpg

筋肉むっきー…ですいません。


翌朝は…気球に乗ってサファリだ~~!



      ケニアとタンザニアに行ってみた ⑭へ続く

024_20100902082043.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

野生の掟

は、厳しいですね。

お母さんライオンは、そのあと帰ってきてくれたんでしょうか。。。

アフリカ。行ったことがないので、未知の世界ですが、人も自然も、おおらかなのかな~という印象を受けます。

Kako様

コメント ありがとうございます。
現地の言葉スワヒリ語で よく使われる言葉が、
【ポレポレ】
意味は【のんびり行こうよ~】
みたいなものだそうです。
日頃 時間に追われて生活していると、
ついせっかちになりがちですが、
こういうトコロに行くと、急ぐ事に意味が無かったりして…^_^;
人間って すぐに慣れちゃうから 帰国すると浦島太郎になった気分になりましたよ~(笑)

Kakoさんが住んでいらっしゃるNZも 自然がいっぱいの所ですよね?
羨ましいな~

昨日のことのように・・・

AISYAさんの記憶は鮮明ですね~
こうやって以前の旅を思い返すのも
いいものですね~

レンジャーの方達もライオンの赤ちゃん達が
気になるんですね~
お母さんライオンは無事狩りができ帰って
これたのでしょうか?心配ですね~
壮大なサファリ・・・狩りもそう簡単にはいかないの
でしょうね?

>アフリカのリズムと歌声…ってなんだかバオバブの木の
>ようなイメージ
なんか分かるような気がします。聞いてみたいナ~

カンガとってもお似合いですよ~
AISYAさんのもお姉さんのもどちらも色合いも
柄も素敵ですね~

マーズ 様

>AISYAさんの記憶は鮮明ですね~

いや~、それがそうでもないんですよ。
当時は どれを見ても似たようなサバンナの写真を見ても、どれが何処のか分ったんですが…
今は見ても分からない…(-_-;)
なのでアルバムに貼ってあった順番だけが頼りの状態です。
でもこうしてあらためて写真を見ていると、
色々と思いだしてくるんです。

>こうやって以前の旅を思い返すのも
いいものですね~

そうなんです。
特にこの頃は 帰国しても仕事が忙しくて
旅を振り返る事なんて 全く出来なかったから
今こうして 思い返す事が出来て もう一度旅行をしているような気持ちになれて嬉しかったりします。^^

カンガ、一枚も買って来られなかったのが今でも残念。
あったら色々に使えていたのにな~
それにしても…↑の着付け、差がありすぎません?(怒)

ライオンの子育て・・

ライオンのお母さんも大変ですね・・・
この子たちのために、
どれだけの獲物をとってくるのでしょう?
襲うつもりが、襲われたら・・・
この子たちの、運命は・・・?

〝カンガ〟というんですか?
素敵ですね。
お姉さんは、とってもうれしそう・・・!
AISYAは、ちょっと微妙・・・i-198

kukka 様

この大きな子供たちの食欲の前には、
母親は自分も満足に食べられなかった事でしょう…
食べたければ体力を失い、獲物を捕れない。
この仔達もよくみると お腹のトコロは縞々模様のようですが、
実は 肋骨が浮き出ているのです。


>お姉さんは、とってもうれしそう・・・!
AISYAは、ちょっと微妙・・・

でっしょ~~!?
ちょっとどころか かなり微妙…いや変ですよ!
なんだかな~(笑)

ライオンだ~っ!

このまま、母ライオンは戻ってきたのだろうか?と
気になってしまった・・・。
自然は厳しいな~って・・・

今ならもう少し、ホテル事情もいいのだろうか?
でも、これもまた楽しですよね(^^)

腰巻・・・にあってますよ!(^0^)

idems5 様

実はこのライオンの子供たちの写真には
続きがあるんですよ…

>今ならもう少し、ホテル事情もいいのだろうか?

どうでしょうね~
イギリス統治時代からの建物を使ってるところがある位だから
それを考えたら 10年足らずじゃ変わらないかもね~(笑)

腰巻…確かに腰巻…しかも半分しか巻かれていない…
あんまりだわ~~(T_T)
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。