ケニアとタンザニアに行ってみた ⑥


        *~* サバンナはピンク色 *~*

       ケニアとタンザニアに行ってみた ⑤から続く 




アンボセリ国立公園で
夕刻にサファリドライブだと言われ、正直 ちょっと驚きました。

まあ安全だからでしょうけど、
本物のサバンナを夕刻に車で走る…なんて 
ちょっとスリリングなイメージではありませんか。

020_20100928121210.jpg

傾きかけた日差しの向こう側に、キリマンジャロが観えます。

019_20100928121211.jpg

同じ様な風景の中を サファリカーで進んでいきますが、
色々な動物が 群れ単位で目の前に現れて感激します。
シマウマの群れは 縞模様が遠くからでもクッキリと すぐにわかる。

021_20100928121210.jpg

車がすぐそばを通っても 全然 動じない鳥。
【カンムリ鶴】という名前の通り、美しいカンムリを頭に乗せています。

018_20100928121212.jpg

突然、象が喧嘩を始めました。
わりと離れた所に居たのですが、身体と身体、牙がぶつかる音が
辺り一帯に響き渡っていました。

017_20100928121212.jpg

雌の象の後ろには 大抵 仔象が付かず離れず。
可愛いんですよね。^^


夢に見た憧れのサバンナの中で、意外だった事がありました。

大地の色です。
サーモンピンクなんですよ。
夕暮れが近付くと オレンジ色の太陽の光が
動物達の巻きあげる砂埃を いっそう赤く染め、
辺り一帯が ピンク色の靄につつまれます。

022_20100928121629.jpg

ムーの群れが その砂埃の靄の中にいます。

023_20100928121628.jpg

赤く染まった空気に暫しみとれ…
こんな景色を観たら ホコリが云々なんて言っていられません。
この時、私の頭の中には ジャングル大帝のエンドテーマが…(笑)


ロッジへの岐路、雌ライオン達に出合いました。
突然の遭遇でしたが、
何事も無い日常のヒトコマのように 車の隣を通り過ぎて行きました。

025.jpg

三頭の雌ライオンが 太陽を背に 等距離を保ったまま移動しています。
これから狩りに出掛けるのでしょう。


サファリといえば、ライオン。
ライオンといえば 大きなタテガミの雄ライオン…ですよね。

実はサバンナとはいえ 雄ライオンに遭遇するのは中々大変なんです。

つまり…雄はナマケ者なので、狩りの殆どは雌の役割だし…
↑の写真の様に、雌がチームで狩りに出掛け、
雄はおそらく お腹をすかせて何処かで寝転んでいる事でしょう。

そんな雄ライオンでも、サファリの一番人気ですから、
目撃された時には パパラッチの餌食となるわけです。(笑)

雄ライオンを見つけると、
サファリ・ドライバーが無線でアチコチのドライバーに連絡。
サファリ・ツアーの客は雄ライオンが見たいので、
アッチの方に雄ライオンが出現!
…なんて無線が入ると みんなが駆け付けるのです。

“雄ライオンにプライバシーは無い”…というのが定説だと聞き、
ライオンには気の毒ですが 笑っちゃいました。(笑)

そんなちょっと威厳の無い雄ライオンの姿、そのうちお見せしますね。

026_20100928121627.jpg



さ~て、この夜は、アフリカに来て初めての夜。
あのロッジで寝ます。




     ケニアとタンザニアに行ってみた ⑦へ続く

024_20100902082043.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

砂の色

アフリカの色だね。私も以前、エジプトの絵を描いた時
大地の色をそんな色で表現した。
そしたら、主人が、「こんなのありえない」と。描き直せば?みたいな進言。だけどね、この色なんだよ。記憶の色は。
って・・・南下すればもっともっとそうだろうね。
頂いた写真は我が家の宝物です。

不思議な風景・・・

はるか地平線に続くムーの群れが、目の前に・・・
想像もできない、私たちの日常にはない風景です。

オーロラを見ると、価値観が変わるよ・・・i-198
と聞いたことがあります。
オーロラではないけど、まさに、そういう世界ですね!

刺激的でスリリングな旅
行ってみたいような、
遠慮しておきたいような・・・

サーモンピンク?

砂の色がサーモンピンクなんですね~
とても綺麗な色。
これ野生の動物達なんですね~
信じられないな~
目の前にこんな光景が現れたら感動でしょうね?
象のけんかも迫力ですね~
それにしてもライオンが現れたらドキドキですね~

elmo 様

写真、大事に飾っていただいていて嬉しいです。^^

そうそう。
アフリカの土や砂の色は 実際に目で見た事無いと分からないかもですね~

kukka 様

見るモノ全てが非現実的で
初めは 目の前のスクリーンを観ているみたい。

>想像もできない、私たちの日常にはない風景です。

ホントにそうなんですよ。
でも いつの間にかその非日常さが当たり前になっていくんです。
大自然って そうやって在るべく姿に簡単に引き戻してくれるのが
こういう所に行くと 分かるんですよね。

マーズ 様

車が通る道は 土がむき出しになっているんですが、
ホントに綺麗なサーモンピンクなんです。

沢山の種類の動物がいますけど、
やっぱヒーローはネコ科の動物。
サバンナの中に一体化しているので なかなか見つけにくいんですよ。
車で走りながら 案内人のドライバーは簡単に見つけちゃうのがすごい。
毛の色と同じ色のブッシュを指さされ、『アソコにいるよ』って…(500m位だったりして…)^_^;
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる