スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴里に行ってみた  ⑭

040.jpg

         *~ いつの日か また ~*

            巴里に行ってみた ⑬から続く
巴里に着いたあの晩、
残りの日数を どう過ごそうかと不安で一杯だったけど、
気がつけば いつの間にか時間が過ぎて、
滞在できるのもあと二日となり、
街を散策しながら 行きそびれていた所をまわる事にしました。

          

最近、お菓子作りの小物やラッピング等、
パリモチーフのモノが人気ですよね。
そういう私も大好きで、そんな蝋引き紙やセロファンを見つけると
つい買ってしまいます。^^

100均に売っているエッフェル塔グッズも 
かなり充実しているのを御存じですか?
ちょこっと飾るのにいい感じのモノが沢山売ってます。

で、100均に売っているエッフェル塔ではなく、
巴里のエッフェル塔です。

全景が写真に収まる広場は人気のスポットですが…物売りも凄い。
絵葉書の束やら持ってシツコイ、シツコイ。
なにしろ向こうは 相手が東洋人だと言うだけで小馬鹿にしてますから、
断っても断っても 全然 気にすることなく土産物を押しつけています。
はっきり言って 
エッフェル塔をのんびり眺めて巴里にいる実感を味わう…
な~んてこと、今風にいえば まったく あり得ない。

↑の写真の下の方にも ぶらついている男性が二人写ってますが、
カップルでもなく、女性でも無く、仲間も一緒でなく…
そんな人がいたら 全部 物売りです。(-_-;)

悲しい事に ソイツ等のお陰で 
エッフェル塔のイメージがモヤモヤとしたモノになり、
エッフェル塔 = 土産売り  
…と定着してしまいました。^_^;

021.jpg

ノンビリするならココ…リュクサンブール庭園。
本当に美しい庭園でアチコチに椅子が置かれていて 
とても明るいイメージの庭園なので くつろぐ事が出来ます。
ゆっくりと小説でも読みたかったけど、読んだ本は【地球の歩き方】

022.jpg

一見無造作に見えるけど、こんな花壇が好きで憧れます。

          020.jpg

リュクサンブール庭園の周りも、
ソルボンヌ大学が近いので 落ち着いた雰囲気でいい感じです。
↑の大きな並木道…マロニエの木です。
こんなに大きくなるんですね~

    026.jpg

早朝にセーヌ川を散歩…なんていうのも止めた方が無難。
犬のフンだらけで 川を眺めてボンヤリ歩いていると…
ホテルに戻れない靴になってしまいます。(-_-;)

 歩道にも…わんちゃんのお散歩用の 指示標識があります。

           023.jpg

そうそう…
この日、この旅で初めてファーストフード店に入ってみました。
マクドナルド。
マックならば セールストークは共通のはず(勝手に思い込んでいた)
興味半分で入ってみたのです。
それに 日本のメニューと同様、
写真が付いていれば 指差しすればいいくらいの気持ちで…

ボンジュー…と入って行き カウンターへ。
で、メニューを指差そうと思ったら…なっ…ないっ、写真がっ!
気を取り直し、英語で フィレオフィッシュをくれと言ってみた。
通じたようで見慣れた包みが出されました。
ふとカウンター脇を見たら、
大きなフードパックに入った野菜サラダがあるのです。
当時、日本のマックには無かったので ソレも買ってみました。
ホテルに戻り、夕食代わりに食べようと 包みを開くと…
なんともトホホなフィレオが…
中のフィッシュフライは これでもかと揚げてあり、
焦げてはいないのに、ガリガリで歯が立たず、
衣の中で魚の身が縮んでいました。
そして、タルタルは ほんのチョッピリ。
殆ど味が無い状態で食べねばなりませんでした。
私が東洋人だから こんなのを出されたのか、
もともと こんなもんなのか 今となっては知る由もありません。


こんなトラックの赤も 巴里の街並みに映えますよね。

024.jpg


巴里 最後の晩、いつぞやの女性二人と待ち合わせ、
レストランに行く事に。

この時も医大生の彼女のリサーチによる パキスタン料理の店へ。
なんで巴里でパキスタン料理なんだ…と思いましたが…(笑)

実際、バターまみれのフランス料理よりも 
スパイシーなパキスタン料理の方が私は美味しかったですけどね。

おまかせのコース料理を頼みました。

            013.jpg

ここのお店のパキスタン人のオジサンのが楽しくて、
食事は楽しく進みましたが…
↑の写真のお料理の皿に乗っている人参のタワーが見えますか?
三人で悩みました。
これはサラダなのか…
だとしたら 食べなければ失礼だよね…と。

爪楊枝で一個ずつ刺してあったので みんなで解体し、
ボリボリと食べ始めたら…
オジサンが慌ててやって来て 食べないでくれ…と。(笑)
なんとも中途半端な飾りですよね。

帰り際、店の外まで見送ってくれたオジサン。
私達にアレコレと 色々な注意をしてくれました。

リュックを背負っていたコには、背負わず前に抱えろ…とか、
ショルダーの私には ファスナーを開けられないようにと。
三人の顔を一人ずつ見つめながら、パスポートは決して盗られるな。
そして夜は メトロを使わず タクシーでホテルまで帰れと…。

こうしてわざわざ言ってくれるのは 
実際にそういう事件が多いからなんでしょうね。

私達の姿が見えなくなるまで見送ってくれていたオジサン。
今でも元気だといいな…
旅先で こういう人情に触れると 本当に心が温かくなります。

旅の醍醐味は 人との触れ合いにあると思うのです。

特に 表情の乏しい日本人はアクションも少ないし、
言葉も必要以上には声を掛けない。
これはやっぱ 外国人からみたら不気味でしょう。

勿論、コミュニケーションをとるとは言っても、
日本人は未だ お金持ちだと思われていますから、
犯罪に巻き込まれないように 用心は必要ですが…
その辺りを 自分で見極めた時、思い切って飛び込んでみると
今までとは まったく違った色合いでまわりが見えるんですよね。

私はこの旅で ホントに大きなモノを得たのでした。
人間って、
誰にも頼る事が出来ない状態で こういう所にポンと放り込まれると、
普段 自分がどれだけ沢山の人達に
依存して生活しているのかがわかるし、
困難にぶつかっても、ちゃんと立ち上がれる力もあるのだと…


いつか再び この街を歩きたいな。
その日まで…

   “  オルヴォワ~  ”



        巴里に行ってみた ①へ 

039.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

オヴォワー (・∀・)ノ

パチパチパチ…( ´∀`)

↑ この最後の写真に写ってらっしゃるAISYAさんの表情が
この旅が素晴らしかったということを物語ってる気がしました。
旅のはじめの頃とは違う
晴れやかでリラックスしたお顔をされてるなぁ、と思います。

旅(殊にひとり旅)で得るものって、とても大きいですね。
まさに、プライスレス☆だと思います。
こうして何年か時間が経ってから改めて思い起されると
また、さらに深い感慨があるのではないでしょうか?

ワタシも、独身のときにひとり旅をしておいて良かったーって思いました。
出来ればヨーロッパにも、ひとりで行っておきたかったなぁ(笑)。

読み応えのあるステキな巴里旅行記
とても興味深く、楽しく読ませていただきました。

巴里旅行記・・・

ついに巴里編も終わりですか~
最初の頃の体温で洗濯ものを乾かしていた
AISYAさんを思い出しちゃいましたよ(^_^;)
いろんなことがあった一人旅でしたね。
それにしても巴里の写真はどれも画になりますね~
エッフェル塔私も大好きなんです。ポストカードを
みるとすぐ買っちゃいますよ。(^_^;)
私も行ってみたいナ~

巴里、楽しませていただきました。
AISYAさんのいろんな想いが、
巴里の街に、人に、込められていたような・・。

何度でも行きたくなるパリ・・・
いつの日か また、パリに行けたら
花いっぱいのリュクサンブール庭園も行きたいなあ~

AISYAさんの、巴里ブログ
近い将来、
一人旅ではないパリ、今どきのパリ・・・
ぜひ、待ってます ♪

chocoron.様

正直に言うと、
もっと若い時に こんな旅をしたかったな~
同じ体験も もっともっとパニクって…
その方がきっと もっと楽しかったのに違いない。
この頃は、すでに開き直りが早い年齢でしたからね。(笑)

ショコロンさんの旅は どんな巴里が待ち受けているんでしょう。
感受性が豊かなショコロンさんの事だから、
沢山の思い出を作って来るんだろうな~
楽しみです。
巴里は旦那様と行かれるんですよね?
いいな~
ウチは…絶対に動きません。(笑)
でも、男性が邪魔な時もあるんですよね…ココだけのハナシ。^^

マーズ 様

そうそう…そんな事が(笑)
自分の人生の中で あれが最初で最後ですよ、そんな事したの~(笑)
とうとう着替えも必要なく、毎晩洗濯、TVで乾かして…
TV、あの後どうなったのかな…絶対壊れたと思う。(笑)
だってホントに 夜中になるとプイプイ鳴るようになっちゃって…

エッフェル塔、絵になりますよね。
東京タワーでも上海タワーでも ダメ。
エッフェル塔は唯一無二なんですよね~あの美しいディティール。
100均でエッフェル塔の小瓶 買っちゃいました。^^

kukka 様

kukka さんは きっともう一度行けますよ!
その時にはツアーじゃなくて、
ホテルと飛行機チケットだけのパックで是非。
思う存分 大好きな絵画を観てください。
他にもポンピドーとかも 時間があったら行ってみたかったんですが、
その頃 近代絵画はあまり関心が無かったので…
今だったら観てるかも。

もしいつか再び巴里に行けるなら、旦那さんとではなく友人とかな。
海外は自分の世話は自分で出来る人とでなかったら
絶対に駄目!
…っていうのが私の持論なんです。
過去、両親を連れて行った海外旅行では、
両親に気を取られて体調は崩すわ…予定は狂うわ…
自分が楽しみたい気持ちが 二の次になっちゃうんですよね。

終わってしまったのですね。

毎回、楽しみにしていました。^^
懐かしくもあり、知らない事も沢山・・・

私もいつの日か、また行ってみたい・・・
おばあちゃんになる前に(笑)

メール付きましたか?
無事、届きました。^^
まだ時間がないので、作れていませんが、
楽しみです(^^)

idems5 様

ホント、いつの日かもう一度 行ってみたいものです。
旦那さんとは絶対に行けそうもありません。(笑)

お振込、ありがとうございました。
お返事しようと思いながら 忘れてしまいました
ごめんなさい~~

idems5さんも毎日忙しそうですね~
一段落したら 是非 使ってみてくださいね。^^
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。