スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴里に行ってみた  ②

040.jpg

       ~ 巴里に着いては みたものの… ~
               巴里に行ってみた ①から続く


パリまでは直行便だったので、
とりあえず無事にシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

人の波にのって なんとなく入国審査にたどり着き、
バゲッジも受け取り 後はどうやってパリ市内に行こうか…
と思案しているうちに 人の波がキレイに消え、
気が付いたらロビーがガラン…としています。

とにかくバスの乗り場へ出なくては…と周りを見渡しても、
フランス語しか書かれていなくて 出口が分りません!

ド・ゴール空港は丸いドーナツのようなロビーで、
重たいトランクをゴロゴロと引きずり キョロキョロしながら
出口を探して歩いていると、一周してまた元の場所に…

内心 ひぇ~~っと思いながらも もう一周…また一周…

これでは どう見ても不審者です。(T_T)

不審に思った空港の職員に声を掛けられました。
何を言われているのか分りません…

取りあえず チケットを出して見せました。
(それしか 出来る事がなかったので…)

笑いながら壁の方に 引っ張って行かれ…
突然、目の前の壁がガ~ッと開き、外に出されました。

…この時点ですでに 二度と日本に帰れないのでは…と心配に…(T_T)

この後 バスでパリ市街まで行く事に。

チケット売り場で 
パリ市街行きのバスを聞いたら目の前のバスを指差されたので
チケットを買って 慌てて乗り込みました。
乗ったものの、何処で降ろされるのかも分りません。
ドキドキしながら乗って 周りの風景なんて全然目に入らなかった…

何処で降りたらよいのかも分らず、アナウンスにじっと耳を傾けました。
コンコルド…という単語が耳に入り、
フロントの掲示板にもコンコルド…と書かれています。
とりあえず ここで降りとけば間違いはないだろうと思い、
結構沢山の人が降りたので、根拠はないけど安心して(笑)
なんとかパリ市街に入ったのでした。

ポイント_03

ところで…
ホテルの場所は モンマルトルの近く。
出発前に 旅行代理店のオネーサンに言われていたことが…

『モンマルトルは治安があまり良くないので、
夕方の6時前には 必ず ホテルに入って下さいネ!』

降りた場所はコンコルド広場。
頭を代理店のオネーサンの言葉がよぎりましたが、
時計を見ればまだ5時だったので 
ホテルまでの移動手段を
明日からの事も考え 慣れておこうとメトロを使う事にしました。

パリ市街では アチコチにメトロの駅があるので、
何処からでも乗れるわけです。
乗り継ぎも簡単で 
降りたい駅の路線の終点の駅名が書かれた電車に乗れば良いのです。

…な~んて、今はこんな風に言ってますが、
この時の私には簡単ではありませんでした。

日本の代理店で貰った地図には、
大まかな道路地図に 泊るホテル、最寄りの地下鉄駅名…
これだけが ピックアップされていて、
すごく簡単にたどりつけそうだったんですよ。

取りあえず、目に入ったメトロマークをみつけ、駅に降りました。
地下鉄のチケット売り場でカルネと呼ばれる回数券を買い
ホームに入って来た電車に乗り込みました。

乗って暫くして 通り過ぎる駅名を眺めているうちに、
自分が行きたい方角の反対方向へ向かっている事に気付き、
慌てて下車。
今いる駅名を地図から探し、再び 別の電車に乗りました。

…っ!!!

また逆に向かっています!

目的の駅から どんどん遠ざかっていきます…(T_T)

後で良く見たら、
途中で一回乗り換えるだけで行けた筈だったんですが
この時は 結局 5回乗り換え ようやく目的の駅に着きました。
時計を見れば 7時半!
早くホテルにチェックインしなくては…と、地図を出してみました。

頂いた地図では ホテルの部分が ドンと立体的に書かれていまして、
すぐに辿り着けそうな感じ。

ホームから地上に出てみると…
思わず 絶句!
どの建物も帝国ホテルのようです。(笑)

取りあえず こっちだろう…と思われる方向へ…
その辺りはお店も殆ど閉まっていて街灯だけが頼りの真っ暗状態。

酒屋の店先のゴミ箱を あさっているホームレスがいます。
その横を 重たいトランクを引きずりながら歩くのは 
今思い出しても冷や汗モノでした。
だって 手はゴミ箱あさってても、目がコッチを見てるんですよ~
怖いったらなかったです。

本当に迷ってしまい、
前から歩いてきた黒人の男性に地図を見せて道を尋ねました。
キチンとスーツにネクタイ姿の方だったので 
思い切って声を掛けたんです。

すぐに教えて下さったんですが、なにしろフランス語…
行き先を説明する指先の曲げ具合で 道順を覚えました。

そんな不安げな私の様子に気付いたのか、
私が自分の教えた通りに行くのかを 後ろから見ていたらしく、
ちょっと立ち止まったら その人が慌てて追いかけて来て、
こっちだよ…と ホテルまで送ってくれました。

内心…
これでこのヒトが悪者だったら どうしよ~~(T_T)
…なんて考えて付いて行きました。(笑)

その時のオニーサン、本当に嬉しかったですよ、
助かりました。
ありがとうございました。


ようやく ホテルにチェックイン出来ます。

 『 ボンソワー 』



            巴里に行ってみた ③へ続く

039.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

よかったですね^^

文章を読みながら、なんだかヒヤヒヤしてしまいました(笑)無事について良かった!

私もメトロに乗りましたが、目的地になかなか着けず・・・後で確認したら、すぐそばだったとか・・・
乗らなくても良かったじゃん・・・
みたいな・・・(^^;)

次回が楽しみ~♪

ドキドキ・・・

読んでてハラハラしましたよ。(^_^;)
無事着いてほんとよかった。
写真の風景がとっても素敵。
私も行ってみたいナ~

idems5 様

そうなんですよね~、
山手線と同じで、後でよく見たら、
地上を歩いた方が早かった…みたいな所も(笑)

マーズ様

↑の写真は ノートルダム寺院の塔の上から 
パリの街を撮ったもの。
上の写真の遠くに霞んでエッフェル塔が見えてます。
反対側の風景が下の写真。
むこうの方に霞んでいるのが モンマルトルの丘。
泊ったホテルがある所です。

ひやひや~!前にお話し聞いて、そのエアチケットとホテルだけの旅行に行けないでいるよ。そのホームレスがもしも、そのスーツのお兄さんがもしもなんてこともあるしね。あの綾戸智恵が襲われた時、アホの真似(漏らしたりして)して助かったなんて話し聞くと怖じ気つきますう。
それにしても英語表記ないの?こわいねえ。
しかし、それがその後のあなたの行動に生きるのよね~!次楽しみ。

elmo 様

少なくとも私が行った当時は 英語表記はなかったです。
娘さんが行った時はありましたって?

ホントに…
常に もしも…って考えてましたよ~(笑)
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。