エジプトに行ってみた (24)

パピルスライン

    *~ いつか再び ~*

    エジプトへ行ってみた ① はこちら

     エジプトに行ってみた(23)から続く

86.jpg

↑も↓も 私達のなんちゃってエジプト人の仮装ではなく…
最終日のホテルでのベリーダンス・ショーです。

近頃は日本でもベリー・ダンスが人気だとか。
骨盤まわしてお腹のシェイプアップに効果的!
…というのが理由の一つらしいのですが…

実際、エジプトでベリーダンサーを目の当たりにした私達は、
そんな話は信じません!!
なぜなら…お腹が引き締まったベリーダンサーなんて 
一人も見なかったからです…^_^;

300横87.jpg

ライン_2

長かったようで あったという間に毎日が過ぎて行った
このエジプト旅行も この日が最後。
毎日毎日が夢の中の出来事のようでした。

私と友人は 名残惜しくて朝の散歩にでました。

道路の反対側に 屋台を引いたおじさんがやってきました。
私と友人は駈け寄ってみました。

荷台に積んだ窯の中をのぞくと…なんと焼き芋屋さん!
それも 見た事ない位 大きなさつま芋です。

私と友人は 大きな1個を選んで買おうとしたら…
おじさんは お芋をカットしてくれるらしく、
窯の脇にぶら下げてあったナイフを取りだしました。
ところが、そのナイフが…一体 いつ洗ったの~!?って位 小汚い。
切る寸前のおじさんを止めて、
身振り手振りで丸ごとくれと芋を指差したのですが…
おじさん、ニコニコしながら 目にもとまらぬ速さで 
ナイフをダンって押しつけてお芋が見事に真っ二つに…トホホです。--

シワシワな藁半紙に乗っけて手渡されました。
90.jpg89.jpg

でも と~っても甘いお芋でした。
だけど、朝食を控えていた私達。
ホテルの入り口で警備をしているガードマンのオニーサン達に、
お芋は好きかと聞いたら、好きだというので 貰っていただきました。
オニーサン達は 嬉しそうに食べながらも、
お尻のあたりに手をあてて オナラの手つき。
やっぱ どこの国でも さつま芋は同じようです。(笑)

ライン_2

朝食が終わった私達は、
出発までの時間 ホテルでショッピングをする事に。
というのも、手持ちのエジプトポンドを使ってしまわなければ
いけなかったのです。
今思えば…もともと余らせたら困るのもあって 
毎回小額ずつしか両替をしていなかったので 
持っている量の割に は、大した金額ではなかったと思うんですよね。

で、ホテルのショップで 使おうとすると、
微妙にちょっと足りない…でも欲しい…
仕方ないので 小額ドル札で払い…おつりは、エジプトポンド。(T_T)
使いたいのに なぜか増えていくんです。
どうやら私だけでなく、みんなも同じ…

私達はコレを、「エジプトポンド地獄」と名付けました(笑)


そうそう…
この旅行記の中で、あえて触れなかった事が一つあります。
それは、“ バクシーシ ”という概念。

エジプト旅行をする人たちが 必ず 頭を悩ませられるのが、
この バクシーシ。
何かと言いますと、“ アッラー神様の御心による施し ”
…とでも言ったら良いでしょうか…

例えば…
街を歩いていれば 子供たちに『バクシーシ』と、手を差し出され
買い物をすれば、
お金を払った後にお店の人に『バクシーシ』と言われ…
トイレに入れば 
チリ紙持ったオジサンオバサンに『バクシーシ』と迫られ…

渡す金額といえば まあ日本円で10~30円ってトコなので、
始めのうちは 気にならないのですが…
ソレが一日中、毎日…となってくると 
段々、『なんでっ!?』って気持ちになってくるのです。
しかも…
彼らにとってそのお金は アッラーの神様によって施されたものであって、
決してあげたコチラが お礼を言われることはないのです。

そんな時、添乗員のオネーサンに聞いた事なのですが…

以前の旅行中に、やはりバクシーシに業を煮やした旅行者のグループが、
露店で買い物をしている時の値切り交渉で、
数十円単位の金額を 負けろ負けられない…と言いあいの真っ最中。
旅行者の一人が、何を思ったのか 露店のおばさんに手を差し出し
『バクシーシ!』…とやったのだとか。
オバサンは 渋い顔をしつつも、なんと商品をタダでくれたのだそうです。
それまで数十円を負けたくなくて 踏ん張ってたのに…

何という事をやってしまったのだ…と傷付いたのは言った本人。

私達と同じく、旅行中ず~っと『バクシーシ』言われ続け、
こっちだって言ってやる!…とほんの軽い気持ちだったと思うのです。
それなのに…


その話は 私達も少なからずショックを受けました。
異文化・異宗教…というものを
理解していたつもりで分っていなかったという事に気付きました。

バクシーシは高額である必要はないのだから、
腹を立てる事も無い話で…
気持ちに引っ掛かりを持つ事無く あげれば良かったと
しみじみ思ったのでした。

このことは、私がアラブの国々の風土や文化、
そこに暮らす人たちに心魅かれるきっかけになった出来事でもあります。

いつか必ず 再びこの国を旅しよう…と心に誓ったのでした。


      
            おしまい



パピルスライン






スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

とうとう・・・

エジプト編も終わりなんですね~
ちょっと寂しい気がしますよ(^_^;)
それにしてもついこの間行ったかのように
よく覚えていましたね~すごいな~
ブログアップしながら色々思い返して
懐かしかったでしょうね?
またいつかエジプト行けるといいですね~
そしたらまたエジプト編が聞けるかな?

マーズ様

実は ひと月ほど前に一度書きあげたんですけど…
保存したつもりが されてなくて…
暫く書く気が失せてました(笑)

ようやく完結しました。
こういう国に行くのは初めてだったので、
その分 インパクトもあったし、
旅のしおりに結構 細かく出来ごとのメモもあったんです。
この先の旅行は そうはいかないのでもっとシンプルになります~(笑)

さて次は…

「パリ編」にしようかと…
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる