エジプトに行ってみた ⑳

パピルスライン

   *~ ツタンカーメンに会う ~*

    エジプトに行ってみた ⑲ から続く


恐怖のどん底の翌日は カイロの観光。

こうして高台からカイロの街並みを眺めてみますと…
廃墟にしか見えませんよね。

65.jpg

実際、私達が初めてカイロの街を見たときには 
誰もがそう思ったのでした。

ところが…
一度カイロから離れ、再び戻って来るまで
私達は 砂漠地帯を旅して来たせいもあり…
こうして再び眺めるカイロは 
なんと都会なのだと…思ったのでした。(笑)

イスラム圏に来ると、必ずあるのが モスク。
これは、 モハメド・アリ・モスク

0_20100108175303.jpg63.jpg

内部は美しい装飾がほどこされています。

64.jpg

モスクの中には 御神体のようなものはありません。
聖地メッカの方角に くぼみが作られており、
その方角に向かって 日に数度、コーランが流れ礼拝するのです。

イスラム教は 形の無いもの具現化しないので、
そんな宗教理念が 
美しいアラベスク模様となって 壁や天井を彩ります。

ライン_7

そして…
一度は来てみたいと思っていた博物館、「エジプト考古学博物館」
ツタンカーメンのマスクで有名ですね。
TV でエジプトの特集をすれば、必ずと言っていいほどコレ。

0_20100108175303.jpg70.jpg

実物は 本当に美しくて、細工の細かさに感動します。

↓はカノプス容器で、
4人のツタンカーメンが向かい合わせで箱の中に収まっています。
アラバスターという石を彫刻したものですが、
中には内臓が分けられて入っています。

69.jpg

エジプトの彫像は、ホントにリアルに作られていて、
今にも動き出しそうです。

71.jpg72.jpg

ここでも みんなちょっとおかしい感じ。
誰もが眠そうなのです。
ツタンカーメンは博物館の2階に展示されていますが、
その階段を上るのにもひと苦労…
異様なだるさで足が上がらないのです。
展示品を見ながら コックリ…となってしまいました。
後で聞いたら、何人かの人は同じような事を言っていました。

ミイラ室というのもありまして、
たくさんのミイラが一同に集められ、展示されているのですが、
私はどうしても入る事が出来なくて、外に出る事にしました。

エジプトに来るまでは とても楽しみにしていたカイロ博物館。
でもこの時は、
墓の遺物は持ち出してはいけない…
という事を痛感していたのでした。

そのまま待機していたバスに戻り、
深く深く眠りこんでしまったのでした。


  エジプトに行ってみた (21)へ続く

パピルスライン
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

彫像が・・・

ほんとに今にも動き出しそうで怖い・・・
怖がりのマーズ家ではとてもエジプト
行けそうもありません。
ミイラも展示してあるんですね~見れませんよ(>_<)

うちの父の田舎は土葬だったのでこっちに
引っ越すとき掘り起こして火葬して持って
きたのですが掘り起こして一晩うちの裏に
置いておいた時ちょっと怖いことがおきたので
偶然だったのか分からなかったけど怖かったの
思い出しました。(^_^;)

マーズ様

ミイラ室、私と友人はどうしても入る事が出来なかったです。--

やはり、死者の持ち物を墓から持ち出しては いけないんだと…
その時、直感的にそう思ったんです。

怖い事って…気になります~~

ツタンカーメンの奥さんが棺の上に置いた2000何百年前の花束に私の好きな矢車草がドライフラワーになっていました。その花束を見たらあのガラスの陳列ケースに引き寄せられて急に眠さが増して立ったままこっくり、危うくガラスに頭をぶつけそうな眠さでした。見えないけど、あちこちに何か居てエネルギーを吸収しているのでは?と思う体験でしたね。ナイルの水を飲むとまた来るというから、私は前世でエジプトに居たんだとおもいましたよ。そう、AISYAさんも一緒に呼ばれたんだと。

elmo 様

やはり自分が興味がある国って、自分の前世でかか割があった所ですよね。
実際に その場所に立って分りました。
本来なら 暑くて苛酷な環境だったのに、
日々元気になりましたよね。
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる