スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトに行ってみた ①

パピルスライン


  *~ 私がエジプトに行ったわけ ~*

エジプト…
子供の頃からのあこがれの遺跡がいっぱい!

小学生の頃、雑誌のおまけに付いていた小冊子の
世界七不思議を暇さえあれば眺めていました。
子供の頃は、田舎だったこともあって
今のように海外旅行が当たり前の時代では無かったし…

大人になってからも、
フランスやイタリア、ハワイにグアムに…とリゾート地には
いつでも行けるような気がしていましたが…
とはいえ、お金と暇があれば…の話で…
実際には そのどちらもありませんでした。

当時、私は離婚して間もなく、(今の旦那さんは再婚です) 
仕事に追われ、なんの余裕もありませんでした。
将来も不安でした。

その頃の私の生活は、決まった時間に家を出て、
寄り道することもなく まっすぐ帰宅。
お酒も飲めませんでしたしね。
学校を卒業後、すぐに故郷を離れていたので、
いつでも会える友も近くには居ません。
元来 生真面目な性格だったのもあり、
何の疑問もなく そんな毎日を繰り返していたのです。

ある時の仕事帰りに…
人気の少なくなった駅のプラットホームで、
ぼんやりと電車を待っていました。

反対側のホームには小郡行きの寝台特急が停車しています。
その時、ふと考えたのです。

待っている人もいないのに、なんで毎日 同じ時間に帰るの?

仮に私が、誰にも告げる事なく 家に帰らなかったところで、
誰にも何も言われないのです。
そんな当たり前の事に どうして気付かなかったんでしょう。

明日は休み、そして明後日は 出勤時間が遅い…
瞬時に頭の中を そんな考えが駆け巡り…
気がついた時には 小郡行きの寝台列車に飛び乗っていました。

初めての寝台車にワクワクしながら、
大冒険をしでかしたような気がして自分に驚いていました。

翌朝、小郡につき 行ってみたかった秋吉台に向かいました。
鍾乳洞が大好きなんです。

洞窟の中を一人で歩いていたら…
おばさんの団体に声を掛けられました。
『あなた、一人だったら 一緒に巡りましょう』
私は念願の秋芳洞にやって来たというのに、
ひとりでじっくりと見ていられません。

無理矢理おばさん達に引率されて歩きながら 気付いたのです。
自分の格好に…
仕事帰りのバッグとスーツにハイヒール。
どうみても 旅行に来たって姿ではありません。
そんな恰好で 薄暗い洞窟を歩いていれば、
不審に思われても仕方がありませんよね。

目の前の鍾乳石を興味深げに眺めるふりをして時間を稼ぎ、
心の中でおばさん達に
(声を掛けてくれて ありがとう…でも 死にませんから)
…と言いながら、そ~っと離れました。

秋芳洞の上のカルスト台地で 馬に乗りました。
どこまでも続く台地の眺めに圧倒されました。
電信柱も何もなく…
馬の背の高さから そんな風景を見回していたら、
涙がこぼれました。

私は、こんなにも自由だったのだ…と。

その瞬間、私の心を縛っていたものから 解き放たれたのでした。

それからの私は 精力的にアチコチ出掛けました。
一人旅です。

そんなある日、高校時代の友人と 会話の延長で…
カナダに行こうという事になりました。
で、ふたりで早速 旅行代理店へ…

ところが私も友人も 
ちっともカナダのチラシに目が行かないのです。
挙句に…
『せっかく海外に行くんだから 
      本当に行ってみたい所に行こうよ!』

カナダに行こうというのに至った 本来の目的が遠い彼方へ…
(カナダの友人を訪ねるはずだったんです)

『そうだ、ギリシャへ行こう~!』

青いエーゲ海に白い建物…
憧れの景色です。
すぐに二人ともその気になりました。

二人の様子をうかがっていたアドバイザーが 
今だ…とばかりに声を掛けて来ました。
そのアドバイザーさん…
以外な事に 何でも売り売り…って方ではありませんでした。

『ギリシャに憧れて行かれる方が結構いらっしゃるんですが、
実際には見所が少ないんですよ…
その割には移動時間が長いですしね…。
それよりもお勧めは エジプトですよ。』

エジプト?エジプト?
エジプトにも行けるの?
そうか、エジプトって、 
ハワイやパリに行くのと同じ手続きで行けるんだっ!


当り前です…

でもホントにそう思ったくらい、日常とかけ離れた国だったんです。
あんなに憧れだった国に こんなに簡単に行けたのでした。

アドバイザーさんのお勧めで、
じっくりエジプトに12日間の滞在ができて、
ナイル河クルーズが5日間付いている…
というちょっと豪華なツアーに決定!

さて 何が待っているのかと…心はすでにエジプトへ…

    エジプトに行ってみた ②へ続く

パピルスライン
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

行くべきして・・・

エジプトへ行くようになってたんですよ?
これも何かの縁ですね~
AISYAさん出身も静岡ですよね?
小郡の事書いてあったので・・・九州の近くかと・
私の母は福岡の久留米出身なので小郡と聞いて懐かしさが・・・
私は長崎出身ですが秋芳洞へは中学の修学旅行で行きました。
一人旅って結構勇気いりますよね?
でも旅とまでは行きませんが私もすごい田舎者で福岡の学校へ高校卒業してから初めて出てきて寮生活へ。その時は都会に慣れてないし不安ばかりで・・・でも私もその割には一人でコンサートへ出かけたりショッピングへ出かけたりってよくしてました。今から思うと勇気あったな~って。
家は父がすごい心配性だったので離れていても毎日のように電話が入り大変でした。
海外はなおさら不安になりますよね?
エジプトの続編待ってます。

マーズ様

>エジプトへ行くようになってたんですよ?

ええ、私もそう思っているんです。

それと…三つ子の魂…って言いますけど、
小学生の頃に好きなものって、絶対 一生好きなんだな~って…

私の場合、お菓子作りも、刺繍も、
それと…音楽に遺跡に読書、映画…
すべて小学生の頃から好きだったものばかりです、

そのうち情報が増えて ソレらの事から離れていても、結局 いつの間にか戻ってるんですよね。

私の出身は浜松なんですが、学校を卒業したあと アチコチ 点々といていまして、
北海道、神奈川、静岡市、浜松市と…
中でも静岡は一番長くて10年以上暮らしました。
その頃の出来事なのです。

静岡を夜の9時20分頃出発して、小郡には翌朝 8時頃着きました。
やっぱ、遠いんですね~

こちらの方でも 高校の修学旅行ではソチラの方面へ行くんですけど、私が行った年には、四国へ行く組と、小郡から九州へ行った組と別れたんです!
私は秋芳洞へ行ってみたかったので 九州方面へ行く組に入りたかったんですけど、四国でした…--

お父様はマーズさんの事が可愛かったんですね~
うちの父とは大違いです。
親と一緒に暮らしたのは、18歳までですが、殆ど 話をした事なかったですもん。

マーズさんは長崎出身なんですか~
ハウステンボスに行った事があります。
それも青春18切符で…乗り継いで(笑)
良いところですよね。

福岡は都会ですものね!
行った事はありませんが…ドームがあるし!
大きなコンサートでは必ず 福岡も入ってますもんね!
その辺りが私には 都会の定義だったりして…^^

もしかして ボンジョビも福岡!?
あ、今 ジョンが来日してますよね。
新曲のPRだけなんですかね…

AISYA様

友達がボンジョビ今夜のスマスマに出るって
言うんですがうちのTV欄には名前は載ってなくて・・・一応録画予約してます。チェックしてみて~
後、CMもみたよ~って言ってました。
来日中なんですね~来年はコンサートあるかな?
実は今日東方神起のスライドショーへ友達と行くつもりでチケットも購入してたのに
真ん中の子が昨夜から熱で行けなくて・・・
もう下がってて検査したらインフルでも
なかったのでよかった~明日試合なんです。(^_^;)なかなか休めなくて大変です。

出身浜松なんですね~
私は長崎は長崎でも五島列島なんです。
ほんまもんのど田舎もんです。(^_^;)
福岡も東京や大阪に比べると田舎ですけどね~私は福岡が大好きでした。

マーズ様

チェックしました~~!
録画セット完了!!^^

島って なんか憧れちゃいます。
でも これって住んだ事がないからですよね…きっと。

うちの実家は 森林公園の中なので、
負けないくらい田舎です!

子供の頃、窓を開けたま昼寝していたら、
部屋の中で妙な気配がして 薄眼をあけたら…
部屋の畳の上を 公園のアヒルが歩いていました。
某CMのような可愛げなんて無いんですよ!
けっこう凶暴なんです!
マーズさんが島育ちなら 私は山育ちです…ひえ~~

私の母なんて、富士山のふもとの村育ちなので 筋金入りの山育ちですよ~~

うっ!懐かしいお話し。
私、忘れてた、はじめはカナダだったんだ。
苦笑☆
写真を復元してるの?凄いテクニック。
私もアルバムみてみるね。
私もエジプトのレポを楽しみにしています。
忘れていることを思い出すから。

ボンジョビ

出てましたね~カッコ良かった~
でもなぜキムタクだけだったのかな?
アルバムあさって発売なんですね~
買わなければ・・・

田舎育ちも今となってはいい思い出。
都会では経験できないような経験たくさん
することができたので・・・
でも子供が3人できて子育てに必死で
長いこと帰ってないんですよね~
帰ったら泣きそうです。
帰りたいな~

elmo様

思い出せるかどうか心配だったんですが、
幸い、旅メモもあって…
結構 思い出せそうです。
懐かしいですね~~~

ああ…その前に写真の修復…
ネガの取り込みをやればいいんですけど、
elmoさんちのPCと同じくで…
それをやると PCに負担がかかりすぎて、動かなくなりそうです~~ --

マーズ様

ジョン カッコ良かったですね~

私、てっきり歌じゃなくて ビストロかと思ってましたよ~
歌が聴けて 嬉しかったな~

キムタクだけじゃないと、
ちょっと恥ずかしいかも…
他のメンバーは お歌がちょっと…(爆)
非公開コメント
お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。