スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡桃とピールのバンズ



毎日寒いですね~
聞くところによると、今後10年の間に 
冬はどんどん寒くなり夏はもっともっと暑くなるとか…
そして春秋は1~2週間ほどで殆どが夏冬ですって…ひえ~です。

我が家も陽のあたらない北側の部屋は 部屋ごと冷蔵庫のようです。
で、まあそんな寒さのお陰で 種生地を保管したり
夜 パン生地を仕込んでオーバーナイト発酵させたりと
便利でもあったりするわけですが…^_^;

こんな発酵に時間が掛かる フィリングたっぷりのパンも楽々~

2013022_2.jpg

胡桃とオレンジピールがどっさり入ったパンです。


そうそう、パン好きには調理パンもたまりませんね~
で、そんな惣菜パンには あまりフワフワな生地は向きませんね。
ちょっとしっかり目の生地でしっとりもっちり…ってのが美味しいです。
ソレだったら沢山食べてしまわなくて済みます。^_^;

20130220.jpg

惣菜パン用の生地を作り、ホットドッグ用のバンズを焼きました。
ホットドック用の型があるので 使うと形も揃って綺麗❤
画像では光の加減で かなりの焼きむらが…(笑)
実物はそんなでもありません。^_^;

2013022_3.jpg

ライ麦粉の消費もしたいので 
再びライレーズン・ブレッドも焼きました。


そういえば…なぜかパンが好きな猫が多いですね。
elmoさんちのバロンちゃんなんて、
パンを焼き始めオーブンからそろそろ良い香りが漂ってくる頃に
ノシノシとやってきます。^_^;
にゃん太は子供の頃は 焼き立てのフワフワの白い部分が好きでしたが
だんだん食べくなって 今では殆ど食べないし興味もない様子。^_^;

オーブンから良い香りが漂って来ても…

    20130218_6_20130222101625.jpg

外の風景に夢中で知らん顔。
つまんないですね~(笑)

そんなにゃん太が今夢中なのは コレ。↓

    2013022_4.jpg

【猫のきもち】という月刊雑誌の今月の付録。
↑の雑誌は 猫飼い初めての旦那さんには バイブルだそうで…(爆)
ときたま にゃんこ心をくすぐるこ~んな大きな付録が付いて来ます。
4本のワイヤーの間に不織布が張られ、キューブ状になってます。
にゃん太は 日中もっぱらこの中に陣取っていて その前を通ると…
突然 足に飛びかかって来ますが…
時々 自分のスタンスを忘れ、キューブごと飛んできます。(笑) 

それにしても…なかなか興奮するオモチャらしくて 
もうすでに噛み傷でボロボロです。(=_=)

さ~て…

にゃん太~
そろそろパンが焼けるよ~

…と、とりあえず言ってみる私です。


【胡桃とピールのバンズ】と【調理パンバンズ】のレシピは
コチラ ↓  


胡桃とピールのバンズ  調理パン生地

   
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

がま口ポーチ

    

前回 途中だったクロスステッチ、完成しました。

もともと思いつきで刺し始め 手元に出ていた小さなハギレを
使ってしまった為、さてコレを何に仕上げようか…と思案。

初めは可愛い巾着ポーチ位になれば…という事もあったんですが
刺し終わってみれば サイズが思い掛けなく大きかった為 却下!

実はコレはelmoさんの娘さんのbirdちゃんへのBirthday present。


考えに考えて…コレに。

20130218_2.jpg

がま口ポーチです。

以前、チャレンジしたら どうにも口金に生地が上手く入らず断念…
という嫌な思い出が(爆)。
トラウマになりそうだったので、あえてチャレンジ。^_^;

なんとなくコツはつかめましたが…後ろの口金部分の生地に
ボンドがはみ出ました。
後ろという事で birdちゃん 堪忍して下さい。ヽ(;´ω`)ノ

内布は赤のドット。↓

       20130218_3.jpg

さ~て、birdちゃんは喜んでくれるでしょうか。^^

ポイント_04

話はまったく違いますが、先日ロシアに落ちた隕石 ビックリですね。

SF映画さながらの映像がある事も 現代ならでは…といった感じです。
昔から こういう事って
起きそうで起きないもんだな~と思っていたんですが…
現実に起きると こんな何気ない日常生活を送っている私達の世界が
宇宙の中の惑星の一つに
ウジャウジャとしがみ付いているものだと思い知らされますね。

ところで…

ロシアに隕石が落ちて間もない頃、ウチの旦那さんが運転中 
車のフロントガラスに 耳がキンとなる位の衝撃とスピードで
石の様なものがあたり バックミラーの前辺りに見事にヒビが…
ガラスが飛び散らないとはいえ、顔の前でなくて良かった。(=_=)

今年の5月に車検を控えているというに 何故に今…(T_T)

フロントガラス、高いよね~(泣)

思わず旦那さんに…
『ちょっと~、隕石の一部が当たったとかないの?
 破片でも刺さっていれば フロントガラスを取り替えてもお釣りが…』

駄目か…(笑) 
 

そんな私達を尻目に のんきなにゃん太。
しょーも無い事言ってんなよ~と大あくびで伸びしてます。^_^;

     20130218_4.jpg
 
『にゃん太っ!! こんなお腹して!!
 フロントガラス替えなきゃならないから 猫缶 減らすよ!』


20130218_5.jpg

テーマ : クロスステッチ
ジャンル : 趣味・実用

途中仕事

このトコロ パンのアップが多かったのですが、
パンだけ作っていたわけでは無く…^_^;

実のところ 昨年暮れに右腕の筋を痛め マッサージに通う日々。
右の手首から肘に掛けて痛めてしまったので なかなか治せず…
なにしろ全く使わないでいる事が出来ないですからね~(-_-;)

なのであまり腕に負担が掛からない事しかやれないのですね。
普段 ナマケモノなくせに 
不自由になると急にアレコレ気になるもんで…^_^;
とりあえずやれる事を…ていうわけでパンを作っていたわけです。

まあ捏ねるのはHBがやってくれるのでね~(笑)


そうそう…クロスステッチも刺す力がいらないので出来ます。




で、贈り物用に小物を…
イニシャルだけなので あっという間に出来るかとタカを括っていたら
ただでさえ 目もメッキリ弱っているところに…
リネン生地の縦横糸1x1なので全く見えず…(=_=)
こんな秘密兵器で…(笑)

20130215_1.jpg

elmoさんに見せたら 
これ装着して刺してるトコは 旦那さんに見せられないでしょ~って。

…そんな~ヽ(;´ω`)ノ
鶴の恩返しじゃないですって。(爆)

で、なんとかココまで。あと半分だ~

20130215_7.jpg

腕が自由にならないモノで アレコレ手を出しては放ったらかし。
コレも…↓

20130215_2.jpg
パッチワークキルトの習作です。

教えて貰っていた姉が亡くなってしまったので、続きは自力となって
しまいましたが 
まあ、なんとか教わった事を思い出しながらやれてます。

…とはいうものの、
習作だということもあり 思う様な生地を使えなかったから
配色も柄も全く気に入らず…もう嫌になってしまいました。(=_=)
やはり自分の思う通りの生地を使えば良かったと後悔。
さっさと仕上げて ホントに作りたいものを作ろう!!

あとはキルティング作業と縁だけなので 頑張ります。

今 気になっているのはコレ。↓

20130215_4.jpg

インデイアン・ビーズワークのバッグのストラップ部分。
姉が入院中 付き添いながらチクチク刺してはいたのですが…
これは結構指先に力がいるので 今の腕の状態では刺せません。
なので コレも途中。ヽ(;´ω`)ノ

腕を痛める前から途中なのもアリ↓…(爆)

20130215_5.jpg

シュガーフラワーの薔薇ですが、葉を作る前に終わってしまった~

20130215_6.jpg

ちょっと作りたいモノがあるので、コレも近々続きを…( ´ω`lll)


そんなこんなの合い間に コンビニでガリガリ君の新作を見つけた。
新作好きなワタシは 勿論 買って帰りましたよ。

       20130215_8.jpg

粒あんの回りに 餅風(笑)なアイスが付いてるんですけどね…
う~ん、味的には雪見大福を氷でおおった様な感じ。
チョイ寒かったのを食い意地でリカバーし 無理矢理食べ…
冷えてしまったのか この夜 見事にお腹を壊し トイレの住人に…

で、このガリガリ君。
リピートするかと聞かれれば…しないと答えます。(笑)
不味くは無かったけどね。
やっぱ なんかチガウダローって。

そういえば ワタシ…ガリガリ君歴かなり長いんですけどね。
一度もアタリが出た事ありません…(遠い目…)


そんな事、どうでもいいから どれか仕上げろよーーーーっ!!

20130215_9.jpg

…と にゃん太が言ってます。

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

スペインに行ってみた ⑬

装飾ライン_2

          *~* これがフラメンコだっ! *~*

            【スペインに行ってみた ⑫】はこちら         
            【スペインへ行ってみた】をはじめから読みたい方はこちら


189_20130211095629.jpg

前回は恐ろしかったですね~

え?どんなんだったけ?
ですよね~。
前回の【スペインに行ってみた】…あまりに前に更新して以来の再開。
忘れちゃいましたよね。(笑)
私も忘れちゃったので 今 読み返してみました。
あ~やっぱり怖いワ。( ´ω`lll)

というわけで、いつもなら戴いて来るホテルのアメニティ・グッズも
なんだか変なモノが付いて来そうで…やめました。^_^;


その日のウチに 一路グラナダへ。

グラナダ…ああ、この言葉の響きがもう…たまりません。
グラナダこそ スペインに行きたかった理由のすべてだったりします。
この感覚 いったい何なんでしょうね。


ホテルに着くと とりあえず一番にしてみる事は何ですか?

大抵の人がそうだと思いますが、テラスに出てみます。
ところがこのホテル…テラスがありません。

この旅行の時期が たまたま有名な自転車のレースと重なり、
人気の観光地のホテルが 早いうちから埋まってしまっていて
あまり良いとはいえないホテルに宿泊のようです。

しかもこの時のホテル、
日本で言ったら街中のビジネスホテルみたいな感じ。
なので、当然テラスなんてある筈もなく 窓は小さくて全開せず
外の風景といえば…こんな。↓ 

190_20130211095630.jpg

まあ、残念な事にグラナダには一泊するだけなので
とりあえず寝れれば良し。^_^;
なんて言うと、すごく酷いホテルのように聞こえますが
部屋はモダンな作りで 近代的な絵画が掛けてあったりします。

191_20130211095632.jpg

別の方角を撮っても こんな風景。(=_=)

192_20130211095633.jpg

しかし、しかし…
この夜は と~っても楽しみにしていた洞窟タブラオに行くのです。

洞窟タブラオといのは ロマ達が住みついた洞窟を
フラメンコを見せるタブラオにしているもので、
狭く天井の低い洞窟の中で踊られるフラメンコは、
都会的なショーアップされたモノと違って 魂が揺さぶられます。


スペインの治安も決して良いとは言えませんし、
悲しい事に 旅行前の注意事項は ロマに関する事ばかり。
そんなロマ達の真っ只中に 夜 出掛けるのですから 
当然 ツアー日程には入っていません。

総勢40名のこのツアーでも、殆どの方が行くと言いませんでした。

でも、私達のグループは 当然がごとく繰り出しましたとも。

現地には 洞窟タブラオに案内してくれるガイドがいまして
集合場所に行くと、連れてってくれる…というもの。
移動の前にそのガイド氏が 注意事項とかを言ってるようでしたが
英語なのもあり あまりちゃんと聞き取れませんでした。^_^;


一軒のタブラオに案内され、中に入ると…

200_20130211095756.jpg

椅子を7脚ほど並べたら 横幅一杯といったせまい洞窟に
椅子がギッシリ。
舞台の目の前まで椅子が…

195_20130211095722.jpg

こういうタブラオは 大抵 家族単位だとか。
まだ幼い子供がダンサーで登場すると なんだか胸が詰まります。

196_20130211095723.jpg

スペイン旅行の初めの頃に セビリアで観た初めてのフラメンコは
観光客の為にショーアップされた感じで ダンサー達も
ロマでは無い人達も沢山いるようで感動もイマイチでしたが…

197_20130211095724.jpg

この洞窟タブラオでは 手拍子や踏み鳴らす足音が空気を震わせます。
ダンサーが動く度に熱気が伝わって フラメンコ本来の怒りや悲しさも
ダイレクトに心に響きます。

198.jpg

この狭さでも 入場料にはドリンクがセットになっているので
サングリアワインを頼みましたが なにしろ椅子だけで一杯ですから
当然 テーブルなんぞ無く…
グラスはずっと手に持ったまま。^_^;
椅子の下に置こうと思っても 置けない狭さ。
まあ、これもアリですね。
なんたって 洞窟フラメンコですからね。(笑)
レストラン並みに整っていたら ガックリでしょう。^^

199_20130211095755.jpg

鳥肌モノのフラメンコを観て ホクホクとホテルに戻りましたとも。


さて…このグラナダでは何も起きなかったのか…と。
例のアレ…の話ですが。

実を言うと やっぱ怖くて怖くて…
部屋の灯りも暗いし…ヽ(;´ω`)ノ
新しい内装のわりにはクローゼットの戸が重くて ちゃんと閉まりません。

嫌な予感がするな~と思っていたら、
隣の部屋の友人が部屋にやって来ました。

彼女は同じグループですが、エジプトの時と同様一人参加ですから
当然 一人部屋。
その彼女の霊感体質も相当なもので、
困ったことに“見えてしまう”たちなんですねぇ。(=_=)

さてその彼女が部屋に来て言う事には…
一人で部屋に居られない…というのですよ。
とうのも クローゼットを開けると ソコに女性の霊がいて…
レストルームに行けば鏡の中に居て 自分をじ~っと見てるのですと。
あまりの恐ろしさに 一人でいられない…というわけです。

で、結局 私と姉が誘って一緒に参加した友人のMさんが 
自分も同じく一人部屋だから…という事で 
彼女と一緒に部屋に戻って行きました。

さて翌朝…

Mさんが昨夜 ミネラルウォーターのボトルが水漏れするという事で
レストルームの洗面台の上に 水が入ったまま置いといたら…
朝 その水で歯磨きをしようとしたところ、水がお香の匂いがすると言うのです。
私も鼻を近付けたトコロ…確かに線香の様な匂いがするのです。

霊感の彼女は とうとう一晩中 一睡も出来なかったようで
真っ赤な目をしていました…(-_-;)

私と姉も ひたすら怖くて落ち着かない部屋でしたが
なんとか朝を迎え そそくさと部屋を後にしたのでした。


次回は憧れのアルハンブラ宮殿へ 


         スペインに行ってみた ⑭ へ続く



装飾ライン_2

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

ライレーズンブレッド

20130201_2.jpg

今日のパンは【ライレーズンブレッド】。

生種をおこして終盤戦。
ようやく終わりが見えました。

今回は 普段 焼こう焼こう…と思いつつも、
優先順位でなかなか焼けなかったパンを中心に焼いてます。

その中優先順位の低いものの中に 
“ライ麦粉が多いパン”…というのも入っていました。

ライ麦粉の多いパンのイメージというと、私はドイツパンなんです。
嫌いでは無いですけど 
ライ麦の量が増えるとなんか独特な風味が強いので
そう沢山は食べられないです…というか、パクパク食べたく無いです。

勿論 大好きなカンパーニュとかのハードパンにも入れますし
全く使っていないわけではありません。

ライ麦粉の消費も兼ねて 今回は ちょっと多めに使えるパンを。
酸味と独特な香りを和らげてくれる ラムレーズンをたっぷり入れて
焼きました。

20130201_1.jpg

見た目はカンパーニュですが、中身は全然違います。
レーズンがたっぷり入るので 窯伸びが良い様に強力粉を使って
しっかりとこねてあります。(HBが…(笑))

食べてみれば まごう事無くレーズンパンで、ふんわり弾力があります。
試しに焼いてみたけど、なかなか美味しかったのでレシピアップ。

20130201_3.jpg

ラムレーズンは 先日戸棚の中に不要なラム酒が入っていたので
ソイツをレーズン中にドバドバと入れ、保存してあったものです。
なのでがっつりお酒の利いてます。(-_-;)

ドライフルーツも、残りモノや 買ったものの使っていないものやら
こんな風にパンやお菓子を焼いて遊んでいると 
いつの間にか溜っていきますね。

なのでそれらもアレコレ瓶にいれ、一度使ってソレキリ使わない
アプリコット・ブランデーや残りのラム酒に漬けておきました。
こうしておけば パンや焼き菓子に使えますしね。

何に使おうか 楽しみです。^^


ライブレッドには こんな洋酒漬けのフルーツが合いますね。
色々なフルーツに変えて焼いてみても楽しそうです。
ナッツを入れると豪華になりますが、
ライ麦パンに豪華なフィリングは似合わない…
なんて思うのは 私だけでしょうか。(笑)


レシピはコチラ
   ↓

ライレーズンブレッド

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日_1

【ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日】は先週観たのですが
ラストシーンの事をずっと考えていて なかなかレヴューが
書けませんでした。

昨年 この映画の予告編を観た時には 子供向けの冒険映画だろう…と
タカをくくっていたのですが、監督はアン・リーだし
映画を観に行く度に 映像の美しさに魅せられ 
公開する頃には 絶対に観に行こう!!となっていました。^_^;


ストーリーは今更言うまでもありませんが、

面倒なので gooの映画あらすじを引用させていただくと…

【インドのボンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。16歳の少年パイ(スラージ・シャルマ)と両親、そして多くの動物たちは貨物船に乗り込むが、太平洋上を航行中、嵐に見舞われて船は沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるものの、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラが身を潜めていた。わずかな非常食で飢えをしのぎ、家族を亡くした悲しみと孤独にも耐えるパイ。そんなパイと一頭のトラとの227日間にも及ぶ太平洋上の漂流生活が始まった……。】

とまあ、映画に関心がある人だったら 大方知っている内容ですが、
これはこの映画をほんの一方向から観た内容に過ぎません。

こういう話の流れだというのに 漂流するシーンまでが結構長く
海上でトラと対峙する少年の姿を頭に思い描いていると 
ちょっと退屈な気持ちになってしまいます。
実際 旦那さんは隣で寝ていた…(=_=)

ところが…ラスト・シーンを迎えると 
この退屈だった前半のシーンが 実はとても重要で 必要不可欠に
なってくるのです。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日_3

物語は スランプの作家が 人づてにトラと漂流した少年の話を聴き
本人に直接会いに来た…という設定。

その会話の中に出てくるのが  
沈没原因の調査の為にやって来た その船の保険会社の調査員とのやりとり。
彼等は保護直後のパイ少年に面会し、
パイ少年は漂流の間に起きた出来事を話すがが信じて貰えず、
真実の話を…と迫られ…
半ば諦めの表情で パイ少年は新たな話を語る。

信じて貰えないなら調査員が納得する話を…といった顔ですが…

トラと自分の漂流では無く、その話の中に登場した他の動物や出来事を
すべて実際に船に乗り合わせていた人間に置き換え語ってみせる。

登場するのが動物から人に代わった途端、少年とトラの物語は
かくも無残で残酷な物語にかわるのです。

その時に初めて 映画の前半での一家の社会的状況や差別、
家族に守られていた少年時代の終わり…など、
初めに語ってみせたトラとの物語の中に
前半のエピソードのアレコレが散りばめられている事に気付きます。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日_2

トラと漂流した物語と 保険調査員に語った物語。
果たしてどちらが真実か…
映画を観た直後は ソコが気になっていたけど、
時間が経ってみれば 実はソレはどっちでも良い事だと思えて来ます。

そこにあるのは少年が227日間漂流したという事実だけなのだから。


パイが語った二つの物語に戸惑う作家が どちらが真実かと問うと
パイが作家に問い返します。

『どっちの物語が面白かったかね?』


それは作家へではなく 観ている私達への問いかけなのだ。

勿論、トラと漂流した物語の方が面白いし楽しいに違いない。
そっか、人生の眺め方なのか。
人生には楽しい事ばかりでなく 
様々な重苦しくも嫌な出来事も沢山やって来るけど、
眺める方向によっては ずっと生きやすくなるのかもしれない。

そんな事を教えてくれた映画なのでした。
いつもは映画レヴューに あまりネタバレ的な事は書かないけど、
今回は書いちゃいました、ゴメンナサイ。


だけど、そんなことを差し引いても 美しい映像は必見の価値あり。
3Dでの観賞がお薦めです。
自分の目の前に 本当に大海原が広がります。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ミルクハース



今回はミルクハース。

パン屋さんでは人気のパンだというけれど、
見た目が地味で買う気になれないパンの一つです…私には。(=_=)
そんなのは私だけですかね~(笑)

さて このミルクハース、
卵を使わず ミルクと練乳がたっぷりなので、
焼いてる傍から ミルクの香りがぷ~んと漂ってきます。^^

レシピ上では 本当は二個に分割出来る生地の量ですが、
なにしろ中身好きなワタシ…一個のデカイのを焼きました。(笑)

予定より背も高くなって 上部が焦げそうに…^_^;
なので途中でアルミホイルを被せました。

20130130_2.jpg

瓜坊のように見えます…(=_=)


そうそう、こんなのも作りました。

ベーコンとか使うエピのアレンジですが、レシピ本によれば
アールグレイの紅茶生地に、クリームチーズとオレンジピールが入り
リング型に成型したもの。

味の想像が付きましたが とりあえず 作ってみました。
作った理由は とりあえず チョキチョキしたかったから。(笑)

20130130_3.jpg

焼きあがり…見た目はまずまず。

一口食べれば…濃厚なアールグレイの香りにオレンジがマッチ。
なかなか美味しいと思うのですが…クリームチーズが邪魔でした。
ちょっとクドイ気がして…
完璧 オヤツパンってトコでしょうかね。

アールグレイ生地に オレンジピールだけで十分美味しいし、
後味もスッキリかも。

20130130_4.jpg

ミルクと練乳たっぷりのミルクハースのレシピはコチラ
     ↓

ミルクハース

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。