スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D_5

ファンタジー好きな私が ちょっとだけ楽しみにしていたコレ…
【ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島】です。

ハリーポッターと比べられがちなこの作品ですが、私的には結構好きです。
当初三部作と聞いていたような気がしますが、
原作は7章まであるのでどうなんでしょう…
今回のお話でペベンシー兄弟はナルニア卒業、新たにイトコの少年
ユースチスがナルニアの世界を引き継ぐ事になるわけですが…
続きが作られるんでしょうかね~?

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D_3

今回は 自分の中に潜む弱い心との闘いのお話。
前2作では明るく前向きだったルーシーもお年頃に差し掛かり、
自分の容姿や姉に劣等感を抱いているし…
エドモンドは相変わらず “いつも二番手”への憤懣。

       ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D_2

二人ともなかなかの美男美女に成長していたので一安心。(笑)

とはいえ…前作で卒業した長男長女も含めたこの兄弟姉妹。
イマイチ魅力的ではないんですよね~
前作でハンサムだと騒がれたカスピアン王子も…
綺麗だけどオーラが無いというか…
イギリスっぽいっちゃイギリスっぽいですよね。

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D_4

で、今回シリーズ初の3Dという事で、
嫌な予感がしつつも仕方なく3Dで観ました。
というのも、
3スクリーンでの上映にもかかわらず、字幕上映のモノは3Dのみ。
しかも吹き替え版が一番大きなスクリーンを独占し、字幕版は小さい。
ウチが行けるTOHOシネマズは 
自宅から車で30~40分以内のトコロに3カ所。
その全ての映画館での上映が 全部 同様です。
世の中 そんなにみなさん吹き替え版で観ているんでしょうか…
これはナルニアに関わらず、他の話題作全部そうなんですよ。

ファミリー観賞を見込んでの事でしょうけど、何だか不公平感が…
小さな子供連れの方々が 席の出入りも大変な座席数の最大スクリーンで
途中トイレやら何やらで大迷惑…なんて事も結構 経験あるんですよね…
このあたり、もう少し 何とかして貰いたいものです。

自宅の大画面TVでブルーレイDVD等で高画質観賞出来る昨今、
わざわざ高い料金を払って なんで小さなスクリーンで字幕上映を
観なけりゃならんの…と大いに不満。
そして…毎度おなじみの3D!
3Dメガネを掛けると薄暗くなっちゃうんですよね…
ただでさえ薄暗いイギリスのファンタジーだから、
このメガネのお陰で暗くて暗くて…
本来は綺麗なCGシーンも薄暗くて魅力半減。
もっと明るく見えるメガネに改良出来ないものでしょうか。
この映画も 特別3Dでなくても 
明るく美しいCGシーンを堪能できる2Dで観たかった。
これから この映画を観る予定の方、
2D上映があったら絶対にそちらで観るべきです。
3Dといっても 飛び出す絵本程度なので…(-_-;)

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D_1

ぼちぼち観たい映画が沢山あるのですが、
花粉症も辛いから つい家を出るのが億劫に…
出掛けると決めたら前日から薬を飲まないといけないし、
日中眠くなっちゃって何も出来ず…辛いわ~
クシャミが出ちゃいそうなので マスクしていたいんだけど、
マスクを掛けてると、3Dメガネが曇っちゃって観られない~~~(T_T)
皆さん、花粉症はいかがでしょう…


ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D公式サイトは
    コチラ
アスランや第三章のナルニアの船が作れちゃうペーパークラフト付きです。


スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

祝!初収穫~\(^o^)/

    20110219_8.jpg

我が家の小さなベランダ・ガーデンにレモンの木がやって来たのは2年前。
花が咲き、小さな実を付けても 成長と共に全部落ちてしまい
まったく収穫できず。(T_T)

どうしたものだろう…と実家の母に相談したところ…
『実が付いた後、肥料をあげてるんじゃないの?』…と言われた。

…ハイ、ソノトオリデス。^_^;

花が取れ、親指ほどになった実には さぞかし栄養が必要だろうと
置き肥や液肥をせっせとやってました。

どうやら ソレがいけなかったようです。
で、昨年は実が付いてからは 水やりだけに専念しました。
そしたらね…やっぱ落ちなかったんですよ。
知らないって困りものですね~(笑)

タイトルのすぐ下の写真のレモンは 
木の下の方に生って 一番先に色付いていたコです。
ミカンとかと違って もともと硬いものだし、
一体 いつ収穫してよいのか分からないんですよね…実は。
  
20110219_9.jpg

↑こちらはまだ ほんのりグリーンの部分があります。
本当は間引いて 枝の先に一個ぐらいにしておけば 
もっと大きくなったのでしょうけど、
初めて実ったので 勿体無くて落せなかった…
まあコレでもウンと小さいわけではないんですけどね?
まだ当分 楽しめそうです。^^

さて この初収穫の一個…どうしようか。
最初の一個だから 旦那さんとレモネードにでもして飲もうかな。^^


テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

グリドルスコーン



ちょっと前からスコーンが食べたくて食べたくて…

そうだ…と思い立ち、随分前に(かなり前…かも)買って
一度も作った事が無かったレシピ本【イギリス菓子のクラッシクレシピ】を
久しぶりに開きました。

買ったものの開いてみると、地味~~~なお菓子ばかりで…(-_-;)
しかもあまり好んでは食べないプディング系が多くて 
うう~~ん…だったんですよ。

でもスコーンと言えばやっぱイギリスよね…と思い、
どんなのかしら…と読んでみれば 
ちょっと興味深かったので作ってみました。

20110222_2.jpg

その本によると この【グリドルスコーン】というのが 
とりあえずスコーンの原型だという事です。

“グリドル”というのはケルト民族ゆかりの台所用品で
平パン等を焼く為の厚手の丸い鉄板なのだそうな。
で、その上で丸めた生地をカットして焼いたものを“スコーン”
カットしないで丸ごと焼いたものを“パンノック”というのだそうです。

スコーンが現在のスコーンとして認知されたのは
19世紀後期というのですから そんなに古い時代では無いですね。
それまではこのグリドルで焼かれた物が 
当たり前に“スコーン”だったのですね。

で、早速 作ってみました。

普通にスコーンを焼くのもたいした手間ではありませんが、
コレはさらに楽チン。
オーブンを温めなくても良いし、フライパンで出来てしまう。
しかもオイルも引かないし…

材料も至ってシンプル。
薄力粉、塩、ちょっぴり砂糖、BP、そしてバターミルク。
バターミルクは アメリカとかだと一般的なものです。
パンケーキにも必ず入れるし、
入れると風味がよくなってしっとりふんわりと焼けます。
日本でも最近は 製菓サイトなどでは売り始めたので 
扱いやすい粉末のモノが手に入ります。

でも無くても大丈夫!
バターミルクって聞き慣れない言葉たけど、実は “乳清”の事。
ヨーグルトの中に出て来る上澄み液です。
なので ヨーグルトを代用してもOKなのです。

さて 焼き上がり…
フライパンの中でポンポコになったスコーンを取り出し…
パカッと割って何もつけずに食べてみました。
もっちりとしていて ほんのり塩味。
バターミルクのせいでコクがあり、冷えてもモグモグ食べれそうです。
フライパンで焼いたせいか 洋風お焼きって感じ。(笑)

        20110222_3.jpg

以前 マーズさんにいただいた高山植物のハチミツでいただこう…
美味しいお茶も入れて…気分はアフタヌーン・ティ。

20110222_1.jpg

スコーンが好きな方は 是非一度 作ってみられたし!
いにしえの味がするでしょうか…


古き良き味わいのスコーンを味わってみたくなったらどうぞ。^^
   ↓
グリドルスコーン


グリドルスコーン  

20110222_4.jpg

【材料】4個分

●薄力粉        220g
●塩           小1/2
●砂糖           小1
●ベーキングパウダー    小2
●バターミルク・パウダー 25g
●水            150g
※バターミルクの代わりにヨーグルトを使う時は
◎ヨーグルト 75g
◎水      75g

(作り方)

① ボウルに全ての材料を入れ木べらで 
  ざっと混ぜ合わせ、表面に打ち粉(分量外)をして
  手で一まとめにする。

② 再び表面と手に打ち粉をして 15回ほどこねる。
  (捏ね過ぎない)

③ 打ち粉をした台の上に取り出し、
  手で2cm程の厚さの円形に伸ばし 
  スケッパー等で十文字に切り分ける。

④ ③に薄力粉をしっかりとまぶし、
  熱したフライパン(油は引かない)に並べたら、
  蓋をして極弱火で15分焼く。
   ひっくり返して裏面も15分焼いたら完成。

    たっぷりバターやジャムを乗せて召し上がれ。
              
      

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

多肉ちゃん、そろそろですよ…

20110219_4.jpg

最近、寒さも和らいで 暖かく感じられる日が増えて来ました。
天気予報を聞いていたら、今年の春の気温は高めだとか…
(春から気温が高かったら また夏は酷暑でしょうか…)
で、まだ冷える日もあるでしょうが、三寒四温 これからはどんどん暖かくなると思い、多肉ちゃんの寒冷紗を外しました。

        20110219_5.jpg

元気だったか~い?!
と声を掛けながら外していくと…思いのほか元気 元気!

20110219_3.jpg

待ちかねたように腕を広げて飛び出して来ました。

20110219_6.jpg

もう伸び放題で…どうしたら良いのか分からず…
昨年 あまりにのびて頭が重そうなのは 切り離して
適当に開いていたスペースに差し込んでおいたらそれも元気な様子。

20110219_2.jpg

殆ど名前もわかりません…^_^;
あ、この子だけは知ってます。↓熊童子、クマちゃんと呼んでます。
これも一冬見なかった間に 驚くほど繁殖してます。
もともと一株しか無かったんですが…

20110219_7.jpg

静岡にしては かなりの寒さだった今年の冬。
寒さに耐えきれず 消えてしまったコたちもいます。
小さなベランダガーデンですが、
この冬 10年ぶり位に積もった雪の中でも健気に耐えて生き延びた
このコたちも愛しいです。
寒い冬の間も枯れる事無く 外でず~っと花を咲かせていたんですよね、
ご苦労さま、ありがとう。 

20110219_10.jpg

↑ローズマリーも一年中花が咲いてますね~

20110219_12.jpg

↑シャコバサボテンのシャコちゃん。
いつもは年末にお部屋の中に入れるんですけど、今季はず~~~っと外に。
寒い日は寒冷紗を掛けておきましたけど…

一度 温度を覚えさせると良いというので 寒空に放り出し心を鬼に!(笑)
で、まだ花を咲かせてくれてます。
お部屋の中だと いつも二番手の蕾は開く事無く落ちてしまうのですが、
外だと 全ての蕾が開花したので驚きました。
環境が厳しいと、生命力もアップするんでしょうか…?

20110219_1.jpg

↑このコも丈夫ですよね~
寒冷紗も掛けずに 雪が乗ってもず~~っと咲いていました。
いつもコガネムシの幼虫にやられ、一本残らず枯れてしまうんですけどね…
知らないうちにまた こぼれ種から芽吹きます。

20110219_11.jpg

↑カランコエも寒冷紗の下で いつの間にか蕾が出来て花が開いていました。
植物の生命力ってすごいですね。
私なんぞ、全くと言っていいほど手を掛けていないのですが…
こうして春が近付くと、ちゃんと花開きパワーがみなぎってます。


ところで…肥料っていつやるもんなんですかね?

…とこんな事を言ってる様な こんなウチに
ひっそりと咲いているお花さんたちを 哀れに思ってくださる方… 
是非 教えてください。<(_ _)>


テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

紅菜苔

20110219_14.jpg

春の香りが漂って来そうでしょ?

でもコレは菜種の葉の花ではなく 【紅菜苔】という野菜の菜花。
香りは普通の菜の花と全く同じで キッチンは ふぁ~っと春の香り。
でも菜の花と違うのは茎の色…

     20110219_13.jpg

濃~い紫色です。
茹でるとグリーンになるって書いてありましたが…まだ食べてみてないです。

最近 新しくでるお野菜って 色が鮮やかなものが多いですよね。
新しいモノ好きなので 
見た事無いものを見掛けると、つい買ってしまいますが…
まあ 大抵は うんと美味しいわけではないですね。^_^;

食卓が華やいで 楽しめるのは良いとして…
基本的には 美味しくなくてはねぇ…(-_-;)
コレはどうでしょうか…食べるのが楽しみです。^^

     

ところで…
少し前のブログ仲間のマーズさんの記事に、
【リンゴとお醤油だけでつくる肉じゃが】というのがありました。
           マーズさんの記事はコチラ

で、たまたまその夜 肉じゃがを作る予定だったので 
リンゴもあるある…では やってみようと言う事に。

大きなじゃが芋4個に対し、リンゴを一個使ってみました。(二人なのに)
リンゴを擦るのが面倒だったので、最近 “何でも粉砕用”…にしようと
1,980円で買った小型のミキサーで粉砕する事にしました。

ところが底の方が思ったよりも狭く
大きく切ったリンゴが落ちていかなくて刃が空回り。
ズルして菜箸で押しこもうと突っ込んだら…ぐしっ!って…
慌てて菜箸を見たら片方の先端が1cm程無くなっています。

ありゃ…と思いましたが、まあ後で取り出せばいいか…硬いものだし。
な~んて甘かったんですよ、これが。
見事に“何でも粉砕”してくれて 影も形もなくリンゴと同化…(-_-;)

まあ、竹だし。
食べても大丈夫でしょ。

…ということでそのまま煮る事に…

で、煮てみたら…
なんと美味しいんですよ コレが。 
リンゴのお陰で肉の香りも消されていて 甘味も丁度いい。

     20110218_1.jpg

私はちょっと煮崩れ気味なのが好きなので 
普段 最後に鍋をガ~ッとゆするのですが、
それをやらなくても リンゴのお陰でトロミがつきました。
これは良い事覚えましたよ~

        20110218_2.jpg

菜箸のショックで 青味を入れるのを忘れました。(笑)
勿論 菜箸入りだという事は、旦那さんには内緒です。

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

ケニアとタンザニアに行ってみた ⑭


       *~* 夜明けのセレンゲッティを気球で飛ぶ *~*

         【ケニアとタンザニアに行ってみた ⑬】 から続く
         【ケニアとタンザニアに行ってみた】を最初から読みたい方はコチラから  

この旅行に出掛ける少し前に たまたま観たTVで、セレンゲッティを
上空から観られるという【バルーン・サファリ】が紹介されていました。
残念ながらこのツアーの日程には無く 諦めていたのですが…
以前のツアーにはオプションで付いていたのだけれど、
事故の危険もあるという事で 無くなったという事だった。
駄目モトで前日の昼食時に 
ツアコンのオネーサンに乗れないだろうか…と聞いてみたところ…

それを聞いていた他のメンバーが 『私も 僕も…』と言いだして、
では このバルーン・サファリに関しては 万が一事故があった時に、
自己責任である…という事を前提に 搭乗できる事になりました。

本来の予定では お馴染の早朝サファリだったのを希望者のみ変更しました。
(9名のツアーでしたが 7名希望)
このセレンゲッティには二泊出来るので、早朝サファリは翌日だって出来るのです。

“個人申し込み”ということで 早速 事務所へ。
何が書かれているのかさっぱり分からない誓約書の様なものにサイン。
料金も支払って…もうワクワク!

バルーン・サファリの希望者は翌朝5時に集合!
そしてまだ暗いサバンナに…
気球にはまだ空気が入っていなくて 地面にぺた~っと広げられています。

東の空が赤く染まり出しました…

105.jpg

真っ平らな地平線に 太陽が顔をのぞかせると
急に大地にパワーがみなぎるのを感じます。

106.jpg

朝陽というのは どうしてこんなに力強いのでしょうね。

109.jpg

昇り始めるとあっという間で いつの間にかあたりも明るくなっています。 



そして気球の姿も ようやく全体が見えました。
まだまだ…の様子です。(-_-;)

110.jpg

私達が乗るカゴは 横に寝かされている状態です。
カゴの上部に取り付けらえているガスバーナーで
気球の中に温められた空気を送っています。

111.jpg

飛べるようになるまでに結構時間が掛かり、
夜明け前から待機していたのに 太陽がココまで昇った頃に
ようやく乗り込める状態になりました。

114.jpg

…とココで予想外なことが。

気球に乗り込むのに、私のイメージでは 
地面に繋がれ 浮かび上がるのを今か今かと待っている気球のカゴに
よいしょと飛び込み 気球がフワリと地面を離れる…というものでしたが…

『ハイ、ココにハイッテ~(英語)』と誘導されたソコには
横に寝転んだままのカゴ。

ぱっと見どんなイメージかと言いますと、
一間の押し入れの襖を外した時の2段ベットみたいな状態。
で、ソコに寝ろと言うのですよ!
上段下段それぞれ左右に区切られていて 
それぞれ一段に3人づつの計12名+真ん中の仕切りの中にドライバーが一人。

内心(え~~~???)と思いつつ寝転ぶと(頭はカゴの外)
目の前のカゴの縁に 
それぞれがつかまれる様にロープがループ状にぶら下がっています。
ところが私の前のはループが片方外れていて 一本の棒状に…(-_-;)
こんなんで大丈夫なんだろうかと思っているうちに…気球が放されて…
ズリズリズリズリ~~~と寝たまま地面を引き擦られ…たかと思うと 
ふわっと浮き上がり また地面に激突!
これがまた結構な衝撃。
そして 熱い空気を送るために寝かされていたバーナーが起き上がった時
中に溜っていたススのような燃えカスが 一気に私達の頭の上に降りかかりました。
アチチチチチ……
燃えカスと言っても バーナーの中の金属のクズなので かなりの高温!
たまったもんじゃありません。

そして気球はズリズリ~ふわぁドスン…
……これを4~5回繰り返した後、ようやく浮かび上がりました。

ようやく安定し…みんな顔を見合わせホッしつつも
みんな火の子をかぶったので 外の風景もそっちのけで大騒ぎ。
私は首の後ろにヒトツ落ちたようで 手で触れたらヒリヒリ。(T_T)
これはオプショナルが中止になっても無理はない…と誰もが納得。(笑)


下をみると いつの間にか かなりの高度まで昇ってましたが、
一面 真っ平らなサバンナなので 距離感が分からず。

でも ほら…

112.jpg

こんな風景、絶対に観れないですよね?
朝食中(?)のキリンが小さく見えます。
ミニチュアみたいですね~

113.jpg

目一杯 望遠にしても コンパクトカメラだからこんなもん。^_^;

そして空も…

108.jpg

さて私達は 前日の申し込みの時に 何か誓約書にサインさせられましたが
それが何だったかがわかるのは これから…
それは 次回。


      ケニアとタンザニアに行ってみた ⑮へ続く

024_20100902082043.jpg


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

グリーンフィンガーズ

        【薔薇は赤く、すみれはブルー】
            Roses are red,
            Violets are blue,
            Sugar is sweet
            And so are you.


     グリーンフィンガーズ_3

今回は 現在公開中の映画ではなく 2000年公開のイギリス映画
【グリーンフィンガーズ】
ブログ仲間のマーズさんのお勧めだという事もあり、
以前から観たかったのですが なかなか機会がなく 
今月 CSで放送されたのでようやく観れました。

「Greenfingers」とは直訳すると"緑の指"だけど、
イギリスの口語で「園芸の才能がある人」「天才的庭師」という意味。

この映画を観た事がない人の為に ざっとストーリーを…

イギリスのコッツウォルズ地方にある
開放的なエッジフィールド更生刑務所に、移送されてきた囚人
コリン・ブリッグスは 人生に絶望していた。
同室の老人ファーガスは、そんな彼にクリスマスの時、
ひと袋の種子をプレゼントする。
冬の庭の片隅にその種子を植えるコリン。
「種から植物を育てるのなんてただでさえ難しいのに、
こんな真冬に蒔いて育つはずがない!」とファーガス。
ところが春が来ると、
コリンの蒔いた種からはニオイスミレが花開いていた。
コリンは“グリーンフィンガーズ”の持ち主だったのだ。

開放的な刑務所による囚人の更生を世間に知らしめたい所長は
それを見て コリンを中心に6人の囚人チームを作り
刑務所内でガーデニングをする事に。
結果 見事美しい庭を造ることに成功した彼らは、
ガーデニング園芸専門家ジョージナの助言もあって 
めきめき腕を上げ、
近隣のマナーハウスの造園をも任せられるように。
囚人たちによるガーデニングという話題性もあってか、
ついに王立園芸協会からハンプトンコート・フラワー・ショウへの
出場資格が与えられたのだが…。

…と なんと実話を元にしたお話。

コリンにはクライヴ・オーウェン。最近よく見掛ける俳優さんですね。
ガーデニング園芸専門家ジョージナには ヘレン・ミレン

        グリーンフィンガーズ_2

冒頭のシーンでコリンが愛する女性にしたためている手紙の文面、 
“薔薇は赤く、すみれはブルー”
これはマザーグースの歌。
いかにもイギリスらしいですね。

この映画のクライマックスに出て来る
【ハンプトンコート パレス・フラワー ショウ】というのは、
王立園芸協会(1804年にまで歴史をさかのぼる、世界の園芸協会の代表的団体)の主催により7月初旬に行われる。
この映画は実際に1999年のフラワー・ショウの際に撮影されたものだそうです。

コリン達の念願だった このフラワー・ショーで 
彼らが作ったのは野草の庭園。
普段 見過ごされている野の花の逞しさと美しさ、
その中に佇むファーガスの像…
胸が熱くなりました。

ガーデニング好きな方にも 是非 お勧めの映画です。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ケニアとタンザニアに行ってみた ⑬


           *~* セレンゲッティの仔ライオン *~*

         ケニアとタンザニアに行ってみた ⑫ から続く
     
夕暮れのせまるセレンゲッティ国立公園の中を
ロッジ目指してひた走っていたら…



4頭のライオンの子供たちと遭遇しました。

ここセレンゲッティ国立公園は ライオンが沢山観られる事でも有名です。

096.jpg

目を閉じて頭をもたげていますが、
耳をコチラに向けて緊張しているのがわかります。
子供…といってもうんと小さいわけではありませんが、
まだ自分で狩りが出来るまでには 時間が掛かりそうです。

097.jpg

どうやら母親は近くにいない様子…狩りに出掛けたのでしょうか。

それにしても 見るからに育ち盛りのこのコ達のお腹を満足させるのは
大変でしょうね…

100.jpg

車を停めたまましばらく観察していると…なんだか様子が変です。
後ろ側の3頭は 緊張が途切れたのか ぐったりと寝転んでしまいました。
手前のコは 一生懸命頑張って頭を起こしています。

098.jpg

レンジャーでもあるドライバーのオニーサンが言うのには、
このコたちは 数日前からこのあたりにいるようで 
ずっと母親が帰ってきていないというのです。
この日も 気になってココを通ったようでした。
母親の存在を確認出来ないと 保護も出来ないのでしょう。
うっかり不用意に子供に触れて、もしも母ライオンが戻って来た時に
子供たちにヒトの匂いが付いていたら 子供が危険です。

099.jpg

野生動物を保護する…というのは なんて難しい事なんでしょう。
どのあたりに線引きを持ってくるのかが 精神的にも大変な仕事ですよね。
私たちは TVでこういう場面を見ても、
一切れの肉でもあげたら良いのに…なんて簡単に思ってしまいますが
現実には簡単な事では無さそうです。



そんなライオンの子供たちに後ろ髪を引かれつつ、
私達は 宿泊先の【セレンゲッティ・ソパ・ロッジ】へ到着。
今回も到着したのが暗くなってからなのでが外観が分からず…(-_-;)
(本当に 真~~っ暗になってしまうんですよ!)

このロッジでは二泊出来るので ゆっくりと身体を休める事が出来ます。

日程的に余裕があるのが このツアーを選んだ理由のひとつ。
と言いますのも、私も姉もこの頃は仕事をしていましたし、
この旅行に合わせて 有給やらその月の休日を一気にまとめてツッコミ
出発の前日まで仕事!!
帰国の翌日から仕事!!…なんて時も。
なので 確実に帰って来られて、
やたらアチコチ移動するような詰め込みツァーでは無く
同じホテルに連泊出来るくらい 一つの国をじ~~くりと観られて
ホテルのランクも上位、フライトチケットも優先的!

…なんてのが理想だったわけです。
そういう意味でも 【LOOK JTB】を使う事が多かったです。
この頃は今よりもずっと 面白そうなツアー構成のモノが多かったし、
ゆっくりと滞在して満喫できるものも…
今は 色々な情勢不安もあって そんな良いツアーは少ない様です。
良い時に行けたものです。 

ちと 横道にそれましたが…
【セレンゲッティ・ソパ・ロッジ】に戻ります。

お部屋は広々としてて開放的。
デコデコしてなくて スッキリとしたつくりです。
風呂場だけでも…この無駄な広さ。
あ、バスタブが付いてますが 飾りです。(笑)
当然 水はけが悪いのでシャワーの水は溜っていきます…(-_-;)
私達が流した排水は…
いったい何処に流れていくのか…気になるトコロです。

        101.jpg

夕食の時、ロッジの従業員の方々が アフリカンな衣装を着て
歌ってくださました。
アフリカのリズムと歌声…ってなんだかバオバブの木のようなイメージ。

102.jpg

で、私達女性も食卓に着く前に…
このオネーサン方の手で 【カンガ】と呼ばれる
コチラの女性には必須のアイテムを巻き付けられたのですが…
↓なんだか変ですよねぇ…(-_-;)
女性は全員 右側の姉のように2枚のカンガを巻き付けて貰ってましたが
私だけが腰布一枚。…(T_T)
チガウダロ~~~ッ
   103.jpg    104.jpg

筋肉むっきー…ですいません。


翌朝は…気球に乗ってサファリだ~~!



      ケニアとタンザニアに行ってみた ⑭へ続く

024_20100902082043.jpg

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

アップルチョコレート



ヴァレンタインですね~
たまにはチョコレートのガナッシュケーキでも焼こうかな…
な~んて思っていたんですが、先日スポンジケーキを食べたばかりだし…
旦那さんの所には ぽちぽちチョコが集まりだしたのもあり(全部、身内)
この上 ケーキはちょっとね~

というのを言い訳に、今回はアップルチョコレートを作る事に。

20110213_2.jpg

実は私、チョコレートを扱うのが大嫌いです。(-_-;)
気をつけてもアチコチに飛ぶし、温度管理も面倒。
片付けはもっと嫌~(T_T)

昨日 ヴァレンタインも間際になって悪あがきをしました。

昨年、チョコレートに混ぜるとテンパリングを楽に出来るという素を
買ったのを思い出し、冷蔵庫の中を捜したのだけど、
それが何処にしまったのか どう~~~しても見つからない。
一日中 キッチンに立つ度に捜した…^_^;
無いんだよね~

20110213_3.jpg

仕方ないので自力でテンパリングすることに…(-_-;)

中身のりんごは この為に買ってあった 蜜りんごのドライフルーツ。
それを二つにカットして…
テンパリングを済ませたチョコを絡ませて…おしまい。(笑)

昨日 一日中 何回 冷蔵庫を覗いた事か…
そんな悪あがきをよそに あっけなく作業終了。 

撮影用にカットしたのを試食。
美味いね~~~
私はモロゾフとかに売ってるアップルチョコが大好き。
で、コチラ。買ったものより甘さ控えめでいい感じ。

20110213_4.jpg

ラッピングをどうしようかと考えたけど、
今回 チョコ用のケースも買ってないので 
ボンボン用のアルミホイルに包む事にしました。
形も不揃いだから 丁度良かったみたい。なかなか カワイイかも…

    20110213_9.jpg

袋に詰め詰め…
常に100均で買ってキープしてあるロングサイズのワイヤータイで
口を締めて、ボールペンの胴体を使ってクルクル巻き巻き…
簡単に華やかになるので 昔からよく使います。

20110213_8.jpg

コチラはお友達用。
ヴァレンタインには渡せないけど、今度会った時に贈ろうっと。
片開きのセロファン袋に入れて…

    20110213_5.jpg

今回は簡単に済ませてしまいました。
だって、作ったら それが二人の身になってしまうぅ~~
旦那さんも最近 お腹が…
駄目駄目 太ると色々な数値が出てしまいますからね。

このチョコも一度に沢山食べないように見張っていなきゃっ!!(笑)


テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

今年の結婚記念日は…



先週の話ですが…
我が家にとって節分の2月3日は 結婚記念日です。

なので節分というと 豆をまく位で(カタチばかりですけど…)
結婚記念日のイベントの方がメインです。
あ、他に書き様が無かったのでイベントと書きましたが、
特別なことは何もなく、何処かで豪華なディナーを食べる事もありません。
ただ旦那さんは 必ず花束を買って来てくれます。
結婚するまで花屋に入った事のない様なヒトなので、
そんな彼が どんな顔でお花を注文してラッピングして貰っているのかと
想像すると微笑ましかったりします。

まあ、そんな旦那さんなので変わったお花を選ぶ事も無く、
お花屋さんにすべてお任せ状態なのだと思うんですけどね…^_^; 

で、私は…といいますと、とりあえず旦那さんの一番大好きな
イチゴのショートケーキを焼きます。
どうって事無いシンプルなケーキです。(-_-;)
食べる身とすれば あまり好きではないナパージュも掛けません。
自宅用って そんなもんですよね。(…ってウチだけかな)(笑)

    20110203_3.jpg

今回 オームの生クリームを買いそびれてしまい、
たまたま行ったスーパーにあったのは雪印だけ。
せめてタカナシでも…と思ったけど扱っていなかったみたい。
コクがイマイチだったな~
やっぱイチゴショートは スポンジとクリームが命ですもんね~(-_-;)

        20110203_4.jpg

さて、2月3日のお話を何故に今…かといいますとですね、

この日から 朝 ウォーキングを始めたからです。
3日坊主になるかも…と思っていたのですが、
意外に楽しく 一週間続いたのでやっと御報告…というわけなのです。

仕事を辞めた後、ウチに籠っている事が多いので運動不足だな~と
以前から思っていたのですよ。
体重も増えたし、それに伴いコレステロール値も…

少し前の NHKの“ためしてガッテン”では 女性のコレステロール値は
男性よりもはるかに高くても死に至る事は少ないとの事…
とはいえ、悪玉はやはり良くないでしょ…
番組でも言っていましたが 善玉を増やす為には 
ジョギングやウォーキングが有効とのことででした。

前々から旦那さんに 夜 一緒に歩こうと誘っていたのですが…
ウチの旦那さんときたら運動は大嫌い。(-_-;)
仕事で疲れてるのに、なんであるかなきゃなんないの?…ときます。
夜は女性一人で歩くのは やはり怖い。

それでですね、ウォーキングに対しては 
もう旦那さんに頼るのはやめる事にしました。
夜が駄目なら 朝 歩けばいいじゃないか…と。
朝は 旦那さんを送り出し、掃除や洗濯…とアレコレ雑用があるし…
と ソコに疲れる事をプラスしたく無かったんですよ。
(この考え方は大きな間違いだった事に 今は気付きました)

ウォーキングを始めた大きな理由が もう一つ…

実家に暮らす姉は 間質性肺炎という厄介な難病に肺をおかされていまして
ステロイドの投与で進行を抑える事しか出来ません。
最近 少し進行したようで息切れが激しくなってきました。
それだけでなく ステロイドの副作用も深刻で 
咳込むだけで肋骨やら脊椎を骨折するようになってしまって…
実家の二階にある姉の部屋に 
毎日 階段の昇り降りするのも大変になってきたのもあって、
一階の普段使っていなかった座敷を
リフォームして姉の部屋にする事にしたのです。
先日 その部屋の片付けに行ったおり、
歳をとった両親と 自由が利かなくなってきた姉の姿を見て
私が健康でいなければ!
…と 心の底から思ったのです。

20110203_2.jpg

話はウォーキングに戻りまして…

夜が駄目なら朝しかない!
朝だったら一人でも心配はない!
…で、何処をあるこうか…

そうだ 河原の遊歩道があったっけ!
(毎年 春になると桜の並木道の画像を載せてる あの道です。)

朝、旦那さんは6時50分に家を出ます。
見送った後、顔も洗わず 水を一杯飲んで出発!
花粉症なのでマスクもして…
続かなかった時にカッコ悪いので もちろん旦那さんにはナイショ。

河原の遊歩道は歩いて3分位行ったところにありますが、
そんな早い時間に行ったのは初めてでした。
行ってみたら 驚いた 驚いた!
わりと沢山の人が歩いているではありませんか!
川の両岸とも遊歩道になっているので 時間を見ながら
川を横切る橋を3つまたいで川2区間分 両岸をぐるんと回ってみる事に。
サカサカと一周歩いたら 丁度30分。
もっと時間を増やしたければ 橋をもう一つ分増やせばよいのですが
毎日続けるには 30分かな…と。
これ位なら負担にならずに続けられます。
両岸とも桜並木があるし、これからの季節も楽しみになって来ました。
4日目に旦那さんに告白!
旦那さんが家を出る時に 一緒に出るようになりました。^^
家を出て帰って来るまでにピッタリ35分。
とりあえず 丁度良いでしょ?

あとは…

旦那さんがお休みの日に、せめて一緒に歩いてくれないものかと…

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。