バーガー・バンズ

 金曜はいつもの【美味しいものを作ってみようじゃない会】でした。

↑の画像は その時のランチ~♪
あ、この日に作ったのは ↑の画像のバンズです。

バンズ用の型を使うと、綺麗に形が揃いますね。

バンズはとっても楽チンなパンです。
材料を混ぜて しっかり捏ねて…倍くらいの大きさになったら分割。
レシピ(一番下)の分量で5等分です。

パンチを入れながらしっかりと丸め直してベンチタイム。

その後は手の平で ベシベシと叩きながら型のサイズに広げたら
型に入れ、シュシュッと霧を吹いて もう最終発酵です。
型の上辺から 生地がちょっと覗く位まで発酵したら焼きあげます。
ハンバーガーに使いますから、あまり引きが強い生地でも駄目だし、
やたらフワフワでも駄目。
必要以上に成形しない事で、歯切れの良いパンになります。


さて…
この日、elmoさんが
  〝シュークリームも焼こうじゃないか!〟と…

で、焼いたのが コレです。↓

20130324_1.jpg

この画像を見て、
おお~!!)…と思われた方も少なからずいらっしゃるのでは?

実はコレは 
【ラピッド・シューミックス】というインスタントを使って焼いたもの。
シューミックスに、水を入れてミキシングして焼くだけ…という
こんなんでいいんかい?
…とツッコミを入れたくなってしまう位 簡単なシロモノです。

       20130324_2.jpg

中にカスタードと生クリームを詰め、粉糖を振って…

20130324_3.jpg

うっわぁ…
コレじゃあ、ちゃんと作るのが馬鹿らしくなっちゃうよね。
なんて言いつつ 二人でパクリ。

ん?んん??んんん~~????

『なんか ちょっと… 皮が…アレよね。』
『この皮の味と歯応えって ビアード・パパ?』

このシュークリームを食べてみて 二人のテンションは急降下 

一緒に焼いたエクレアの仕上げも 気力が萎え…   
こんなイイカゲンなチョコがけ。(笑) 

20130324_4.jpg

プチシューとか大量に必要な時は 便利かもしれないですね。
まあ、所詮はインスタントはインスタント…ってコトですねぇ。(=_=)


さて、昨日は旦那さんと早朝から 地元のファーマーズ・マーケットへ。
なので、スライスコンフィのシロップに、火を入れられませんでした。
二日寝かせて、今朝 取り出しました。

20130324_7.jpg

段々 いい感じになって来ましたね~
今日は ちょっと長めにシロップを煮詰め 再びオレンジを戻しました。


トコロで…アクシデント発生!!

金曜にelmoさんが ちょっといつもより辛そうに咳込んでいました。

elmoさんも私と同様、アレルギー性の喘息を持っているので、
こういう季節はあまりスッキリとしないのです。

翌朝、elmoさんからメールが。
うわ~お、40℃超えの発熱で、なんとインフルエンザですと!

よくよく聞くと、elmoさんは水曜に出掛けた先で感染したのでは…と。
と言う事は、発熱までに3日半。
私がelmoさんと一日中一緒に居た日が金曜ですから、
月曜の朝あたりヤバイ。

現に昨夜から私もelmoさんがしていたような咳が出始めました。

そして今朝…
熱は出ていませんが、身体の奥に熱っぽさが籠っているような感覚。
喉もいがらっぽくて咳が出ます。
今日は日曜なので、どちらにしても病院には行けませんから
今日のウチに やらなきゃならない事をやっておかねば…ということで、

節々が悲鳴を上げる寸前の身体をムチ打って(笑)、
気になっていたレモンの処理を。

20130324_8.jpg

何とか皮と実を剥がし、皮のワタを削ぎ落し水に漬け…
実の方は絞って ビニール袋に100gずつ小分けしてシールし、
冷凍に。
問題は この水に浸した皮を 
明日 ピールに煮なければならないってことです。

最悪 発熱していたら 水だけ取り替えてやり過ごそう。


寝込みそうなのは久しぶりです。
シンドイのはオマケで 
大手を振って寝られるのを楽しみにしておく事にします。


バンズのレシピはコチラ
   ↓

バーガー・バンズ
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

胡桃とピールのバンズ



毎日寒いですね~
聞くところによると、今後10年の間に 
冬はどんどん寒くなり夏はもっともっと暑くなるとか…
そして春秋は1~2週間ほどで殆どが夏冬ですって…ひえ~です。

我が家も陽のあたらない北側の部屋は 部屋ごと冷蔵庫のようです。
で、まあそんな寒さのお陰で 種生地を保管したり
夜 パン生地を仕込んでオーバーナイト発酵させたりと
便利でもあったりするわけですが…^_^;

こんな発酵に時間が掛かる フィリングたっぷりのパンも楽々~

2013022_2.jpg

胡桃とオレンジピールがどっさり入ったパンです。


そうそう、パン好きには調理パンもたまりませんね~
で、そんな惣菜パンには あまりフワフワな生地は向きませんね。
ちょっとしっかり目の生地でしっとりもっちり…ってのが美味しいです。
ソレだったら沢山食べてしまわなくて済みます。^_^;

20130220.jpg

惣菜パン用の生地を作り、ホットドッグ用のバンズを焼きました。
ホットドック用の型があるので 使うと形も揃って綺麗❤
画像では光の加減で かなりの焼きむらが…(笑)
実物はそんなでもありません。^_^;

2013022_3.jpg

ライ麦粉の消費もしたいので 
再びライレーズン・ブレッドも焼きました。


そういえば…なぜかパンが好きな猫が多いですね。
elmoさんちのバロンちゃんなんて、
パンを焼き始めオーブンからそろそろ良い香りが漂ってくる頃に
ノシノシとやってきます。^_^;
にゃん太は子供の頃は 焼き立てのフワフワの白い部分が好きでしたが
だんだん食べくなって 今では殆ど食べないし興味もない様子。^_^;

オーブンから良い香りが漂って来ても…

    20130218_6_20130222101625.jpg

外の風景に夢中で知らん顔。
つまんないですね~(笑)

そんなにゃん太が今夢中なのは コレ。↓

    2013022_4.jpg

【猫のきもち】という月刊雑誌の今月の付録。
↑の雑誌は 猫飼い初めての旦那さんには バイブルだそうで…(爆)
ときたま にゃんこ心をくすぐるこ~んな大きな付録が付いて来ます。
4本のワイヤーの間に不織布が張られ、キューブ状になってます。
にゃん太は 日中もっぱらこの中に陣取っていて その前を通ると…
突然 足に飛びかかって来ますが…
時々 自分のスタンスを忘れ、キューブごと飛んできます。(笑) 

それにしても…なかなか興奮するオモチャらしくて 
もうすでに噛み傷でボロボロです。(=_=)

さ~て…

にゃん太~
そろそろパンが焼けるよ~

…と、とりあえず言ってみる私です。


【胡桃とピールのバンズ】と【調理パンバンズ】のレシピは
コチラ ↓  


胡桃とピールのバンズ  調理パン生地

   

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

ライレーズンブレッド

20130201_2.jpg

今日のパンは【ライレーズンブレッド】。

生種をおこして終盤戦。
ようやく終わりが見えました。

今回は 普段 焼こう焼こう…と思いつつも、
優先順位でなかなか焼けなかったパンを中心に焼いてます。

その中優先順位の低いものの中に 
“ライ麦粉が多いパン”…というのも入っていました。

ライ麦粉の多いパンのイメージというと、私はドイツパンなんです。
嫌いでは無いですけど 
ライ麦の量が増えるとなんか独特な風味が強いので
そう沢山は食べられないです…というか、パクパク食べたく無いです。

勿論 大好きなカンパーニュとかのハードパンにも入れますし
全く使っていないわけではありません。

ライ麦粉の消費も兼ねて 今回は ちょっと多めに使えるパンを。
酸味と独特な香りを和らげてくれる ラムレーズンをたっぷり入れて
焼きました。

20130201_1.jpg

見た目はカンパーニュですが、中身は全然違います。
レーズンがたっぷり入るので 窯伸びが良い様に強力粉を使って
しっかりとこねてあります。(HBが…(笑))

食べてみれば まごう事無くレーズンパンで、ふんわり弾力があります。
試しに焼いてみたけど、なかなか美味しかったのでレシピアップ。

20130201_3.jpg

ラムレーズンは 先日戸棚の中に不要なラム酒が入っていたので
ソイツをレーズン中にドバドバと入れ、保存してあったものです。
なのでがっつりお酒の利いてます。(-_-;)

ドライフルーツも、残りモノや 買ったものの使っていないものやら
こんな風にパンやお菓子を焼いて遊んでいると 
いつの間にか溜っていきますね。

なのでそれらもアレコレ瓶にいれ、一度使ってソレキリ使わない
アプリコット・ブランデーや残りのラム酒に漬けておきました。
こうしておけば パンや焼き菓子に使えますしね。

何に使おうか 楽しみです。^^


ライブレッドには こんな洋酒漬けのフルーツが合いますね。
色々なフルーツに変えて焼いてみても楽しそうです。
ナッツを入れると豪華になりますが、
ライ麦パンに豪華なフィリングは似合わない…
なんて思うのは 私だけでしょうか。(笑)


レシピはコチラ
   ↓

ライレーズンブレッド

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

ミルクハース



今回はミルクハース。

パン屋さんでは人気のパンだというけれど、
見た目が地味で買う気になれないパンの一つです…私には。(=_=)
そんなのは私だけですかね~(笑)

さて このミルクハース、
卵を使わず ミルクと練乳がたっぷりなので、
焼いてる傍から ミルクの香りがぷ~んと漂ってきます。^^

レシピ上では 本当は二個に分割出来る生地の量ですが、
なにしろ中身好きなワタシ…一個のデカイのを焼きました。(笑)

予定より背も高くなって 上部が焦げそうに…^_^;
なので途中でアルミホイルを被せました。

20130130_2.jpg

瓜坊のように見えます…(=_=)


そうそう、こんなのも作りました。

ベーコンとか使うエピのアレンジですが、レシピ本によれば
アールグレイの紅茶生地に、クリームチーズとオレンジピールが入り
リング型に成型したもの。

味の想像が付きましたが とりあえず 作ってみました。
作った理由は とりあえず チョキチョキしたかったから。(笑)

20130130_3.jpg

焼きあがり…見た目はまずまず。

一口食べれば…濃厚なアールグレイの香りにオレンジがマッチ。
なかなか美味しいと思うのですが…クリームチーズが邪魔でした。
ちょっとクドイ気がして…
完璧 オヤツパンってトコでしょうかね。

アールグレイ生地に オレンジピールだけで十分美味しいし、
後味もスッキリかも。

20130130_4.jpg

ミルクと練乳たっぷりのミルクハースのレシピはコチラ
     ↓

ミルクハース

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

パン・ド・ミ

ハードパンは良いですね。
油脂類や砂糖を使わないのでヘルシーだし、粉の風味を楽しめます。

今回は【パン・ド・ミ】
一見 普通の山型食パンですが、
実はコレはバケットの生地を型に入れて焼いたもの。



皮を楽しむバケットとの違いは 
ふんわりもっちり弾力のある中の生地にあります。
(皮はパリッと)

バケットの楽しみ方を知らなかった子供の頃、
中の柔らかい部分が好きで 真っ先に中だけほじって食べてから
皮をかじる…という妙な食べ方が好きでした。^_^;

そんな バケットの中の柔らかい部分を ふんだんに楽しめる
こんなパンがあると知ったのは かなり大人になってからです。

このモッチモチのパンで サンドイッチも美味しいですね。


ちゃんと普通のバケットとチーズブールも焼きましたよ。

20130125_1.jpg

バケットの焼き方も 人によっては色々ですね。

一様に言えるのは… 
クラムがボコボコで皮もガツガツのバケットが好みの人は 
水っぽく柔らか~い生地を使うし、
クラムは程々で中の柔らかい部分も楽しみたい人は
普通に手で触れる位の生地を使いますね。

私は後者です。
なにしろ 中身が好きですからね。(笑)


それとバケット焼く人のこだわりに 焼きあがった時の“音”も。
やみくもに焼いていた昔は そんな事気にしなかったのですが
ある時 気付いたのですよ。
音が鳴るバケットの方が美味しい!!
クラムが沢山あろうが無かろうが音が鳴るバケットの方が断然美味しい。


焼きあがって網に乗せた時 暫くすると 

…パチ…ピシ……ピチピチ…

と鳴りだします。

音の正体はコレ ↓

20130125_2.jpg

長く沢山 鳴れば鳴る程 皮が艶やかで美味しい。

20130125_3.jpg

香りも段違いです。

いまだに どういう条件で鳴ったり鳴らなかったりするのか確信は無く。

水分の多い生地でも少ない生地でも同じ事です。
なので生地が柔らかいとか固いとかは関係なさそうです。

もしかしたら…とちょっとだけ思い当たる事と言えば…
オーブンに入れた時の蒸気加減かな~


【パン・ド・ミ】【バケット】のレシピはコチラ
        ↓

パン・ド・ミ  バケット

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

パン・オ・フリュイ



今日は【パン・オ・フリュイ】です。

生地はブリオッシュ生地のミルクと卵抜き。
…って、
ミルクと卵を抜いた時点で ブリオッシュとは全くの他人ですね。
ドライフルーツとくるみがドッサリ入ってます。

しかし嫌な生地でして…とにかくベタベタベタベタ…
結局 打ち粉をたくさん使うので、初めから粉を多めにするか
水を控え目にするかしても 問題ない気がします。^_^;

何とか棒状に整えて…ハサミでチョキチョキ。
この作業は結構好き。
扇状に広がる様に ちょとカーブを付けて 天板に置きます。

で、焼きあがり…

20130122_1.jpg

早速 試食…

うひゃ~、なんて美味しい❤
食感もいい感じ。
しかも…ちぎって食べやすいです。

使うナッツの種類によって 色々な味になりそうです。
ラムレーズンとか使ったら 更にランクアップしそうだな~


一口食べて 幸せ気分になりたい方はどうぞ。
   ↓

パン・オ・フリュイ


トコロで…実家の近くには県所有の大きな森林公園があります。

近くに第二東名のSAが出来てしまったせいで 随分沢山の木を
切ってしまいましたが…
それでも県の内外から沢山の人が訪れる公園です。

で、最近 その公園の中の資料館のようなトコロで
【蛇展】らしきモノがあったというのですが…
まあ、今年の干支がニョロニョロだからだと思うのですが…

それを聞き付け 姪の子供たちがやってきました。
長男に至っては 白蛇に触って幸運をゲットするのだと言って
ウチの父と出掛けたのでした。

やがて帰ってきて どうだったのだと聞いたら
妹のリコちゃんが言う事には
『あのねぇ、蛇を蒸して干したのとかねぇ…抜けがらとかねぇ…』
長男は
『ボクは白い蛇に触りたかったんだ~~~っ!!ヽ(`Д´)ノ』


…いったい何の展示会だったんでしょうかねぇ…(=_=)


テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

ココアとオレンジのぐるぐるパン

20130120_13.jpg

種生地消化にパンを焼きましょう。ヽ(;´ω`)ノ

今日のパンは 以前紹介した
【ミルクとコーヒーのぐるぐるパン】のアレンジです。

私はチョコレートとオレンジの組み合わせが大好きです。
で、今回は ミルク生地では無くオレンジ生地で。


まず…
プレーンのまま分量の生地を HBで8分捏ね…
一度取り出して 二分割します。

片方にオレンジピールを刻んでペースト状にしたモノを30g加え
HBでよく混ざるまで捏ねる。

もう片方には ココア10g、ミルク10gを加えコチラもHBで
良く混ざるまで捏ねる。

二種類の生地を別々にショートニングを塗ったボウルで一次発酵。
2~2.5倍になるまで。
今回はオーバーナイトで発酵させました。

一次発酵が済んだらパンチを入れ 丸め直し30~60分休ませます。
パンチを入れた直後がコレ。
  ↓
20130120_5.jpg

ソレゾレを縦長に伸ばして~三つ折り。

20130120_7.jpg

右側のココア生地は三つ折りにしてを90度向きを変えたもの。
  ↓
20130120_6.jpg


その90度向きを変えた生地を正方形に伸ばしたモノが
左側のオレンジ生地。↑
幅は型のサイズに合う位で適当に。

両方とも正方形に伸ばしたら…二枚を重ね合わせ…
  ↓
20130120_8.jpg

二枚一緒に 縦長に 麺棒で延ばします。
この時 幅は型の幅以上に広げない様にしますが、
なるべく長く伸ばした方が 渦が増えます。(って、当たり前ですが)

で、もういいかな~というあたりまで伸ばしたら くるくる巻きます。

20130120_9.jpg

巻き終わりはしっかりと閉じて下にします。
両サイドもカットした方が 焼きあがりは綺麗です。

20130120_10.jpg

最終発酵は 35℃で 型のこの辺りまで膨らむまで。↓

20130120_11.jpg

190℃に余熱したオーブンで20分焼成。

20130120_12.jpg

焼き上がったら 
型の蓋を開けて20cm位の高さから型ごと落しましょう。
こうする事で 焼き萎みがなくなります。


この型が無くても円筒の筒があれば焼けますね。
その時には必ずオーブンペーパーを挟みましょう。

生地のアレンジが無限大の楽しいパンです。^^

レシピはコチラ 
   ↓

ミルクコーヒーのぐるぐるパン

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

HBで焼くプルマンその後



久しぶりにホシノ天然酵母をおこしました。

気温が低いので このトコロの少量おこしでは力が足りないかも…
と思い、定量で。
案の定、まるまる二日掛かりました。^_^;

ようやくおきたものの、
量が多いのでelmoさんに半分貰ってもらおうかと思いきや…
息子さんの住む名古屋に暫く滞在するとかでお留守~ヽ(;´ω`)ノ

で、それならばと elmoさんの好きなパンを焼いて送る事に。

ペッパーチーズ・フランスです。
このパンを冷凍便で送ったらどうなるのか 実験も兼ねて。^_^;

無事 届いて 自然解凍→オーブントースター…という手順で
焼き立てに戻ったとか。
良かった良かった。


さてさて…
先日のHBで焼く角食パンの続きです。

前回は急ごしらえの蓋でしたので 熱の回りが悪く
上部の焼き色が薄く 凹んでしまいましたね。前回の→

自宅にあった銅板の切れ端を曲げて蓋を作りました。
  ↓
20130120_3.jpg

勿論 このままでは駄目です。
パンが膨れる力で 銅板が持ち上がってしまうので 
この上に蓋の高さに合わせて皿を置き、
なおかつHB本体の蓋が持ち上がらない様に 
丁度良い重石代わりになるモノは…と捜して捜して…
結局 ルクルーゼの鍋を乗せておきました。
これなら熱くなっても大丈夫。^_^;

さて焼きあがりましたよ~
じゃ~ん!!
  ↓
20130120_1.jpg

どうです?
いい感じじゃないですか??
めっちゃフラットです。(笑)

カット画像も…
  ↓
20130120_2.jpg

これでいつでもHBでプルマンが焼けます。

実験終了~!!


ペッパーチーズ・フランスのレシピはコチラ
   ↓

ペッパーチ-ズ・フランス


テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

HBで角食実験

昨年暮れ、我が家に小さな家電が増えました。

いまや家電と言えないようなシロモノですが…ただのトースターです。
焼きあがるとポンっと上がる、アレです。

むか~しは持ってました。
でもピザとか焼けるように いつしかオーブントースターに代わり…
今や小型のオーブンにとって変わってしまい
我が家にはトースターと名のつくものが
いつの間にやら無くなってしまいました。

小型オーブンは ピザストーンが付いていて
ピザやフォカッチャとかを焼くのには まこと都合が良いのですが…
いかんせん食パンをトーストするのには不向きでした。

カリッと焦げ目が付くまで焼くと 時間が掛かり過ぎて
パンの水分まで失ってしまいます。しかも一度に片面だけ…(=_=)
それでもピザトーストとかには便利ですから 
騙し騙し使っていたわけですが…


昨年暮れ 皆さんもご存じのとおり 
私は実家に寝泊まりしておりましたので 自宅では旦那さんが一人
自分の食事の支度をして会社に行く…という生活でした。
一人暮らしが長引くと同時に 段々 朝食の片付けが面倒になり
パンを焼いて食べたいので オーブンの使い方を教えて…とSOS。

トコロが所詮ただのオーブンですから 
旦那さんの想像しているようなトーストには程遠く…


そんな経緯があって
昔ながらのポップアップ・トースターを買う事になった次第です。
目的が目的ですから ホントに一番シンプルなものを購入。
1480円なり。


トコロで…我が家にHBがやって来てからというもの 
市販の食パンを買う事は殆ど無かったのですが
トースターで焼く段になりハタと気付きました。
HBのパンは山食なので、トースターの上にかなり大きくはみ出てしまい
全体がこんがりと焼けないのですよ。
それとトースターで焼いて食べて美味しいのは 
キメが粗い山食よりもキメが細かい角食の方が良いに決まってる。

とは言うものの 
このトースターを使う為に 毎回 角食を焼くのも面倒…

で、考えました。
“ HBで 角食パンを焼けないものだろうか?!”

オーブンで角食を焼く時の様に 型に蓋をしてしまえば良いのでは?

何で蓋をしたらよいのか とりあえず100均で買ってあった 
ペラペラの薄いアルミのバットを切って蓋代わりに乗せてみました。

HBのパンケースに ドライイーストも一緒に材料を全部入れ
ソイツで蓋をして…膨らむパンに負けない様に蓋の高さギリギリまで
皿を積み重石代わりに…^_^;

で、焼きあがりましたのが…コレです。↓
   


何とか出来ましたが 上部の焼き色が足りませんね。
それと凹んでます。

理由を考えてみました。

HBの窯の中は狭いですから 
その籠った熱で上部まで焼きあげるのですね。
だから 型に蓋をしてしまうと 上部の熱が回り辛いのでしょう。

上部が凹んだのは ウチのHBは1.5斤の容量ですから 
通常のHBの山食の分量では
みっちりとした角食になるのには 少なかったのだと思います。 


カットしてみれば…↓

20130115_3.jpg

上部もちゃんと焼けてます。

キメも、いつもの山食よりも細かくしっとりしてるのが
画像でもわかりますよね。

20130115_2.jpg

改善点として…

  〇蓋を熱伝導の良い銅板にする。
  〇仕込む分量を増やす。

この二点を変更して またチャレンジしてみようと思います。^^

テーマ : 手作りパン
ジャンル : 趣味・実用

今年最初のクロワッサン



美味しそうでしょう~。^^

先日の予告通り 本年最初の【美味しいものを作ってみようじゃない会】
elmoさんとクロワッサンを焼きました。

あらかじめ低水分バターを買って シート状に作っておきました。

低水分バターは普通のスーパーとかには売ってないですよね。
で、今までは バターに強力粉を振りかけて叩き 
水分を吸収させたモノを使っていたのですが…
前回 初めて低水分バターを使ってみて その伸びの良さに感動。
切れる事無く 伸ばしていく事が出来ます。

一個450gなので 4分割のシート状に伸ばして冷凍しておけば
4回焼く事が出来ます。^^

20130110_5.jpg

伸ばして三つ折りに畳んで冷蔵庫で休ませて…を3回繰り返し
2x3x3x3…という事で 合計 54枚の層になります。

伸ばす時に気を付けるのは 
生地にバターを閉じ込めて押し出されないようにすること。

1cmの厚さに伸ばした生地を二等辺三角形にカットして…
巻きます。
カットしたら切り口に触らない様に注意。

20130110_4.jpg

↑elmoさんが卵液を塗ってます。
この時も、卵を切り口に塗らない様に丁寧に…

20130110_2.jpg

…で、220℃で20分焼きあがると…
綺麗にめくれた層にウットリ❤(笑)

20130110_1.jpg

持ってみればふわふわに軽い。
なぜなら切れば中は空気がたっぷり。
食べながらハラハラとほぐれます。

大きな網の上に ギッシリのクロワッサンを眺めながら
この時が至福よね~とelmoさんとニンマリ。


思いおこせば初めて作ったクロワッサンは悲惨だった。(-_-メ)
二人ともバターの匂いに負けて 胸はムカムカ…
溶けて流れ出したバターの海に溺れているようなクロワッサンでした。

その後 大理石ののし台をゲットし、バターも変えて
美味しいクロワッサンを作れるようになりました。

そうそう。
大理石ののし台。
パン用のを買おうとすると 薄い小さい高い…という悲劇なので、
私は敷石用の建材として売っている大理石を買いました。ココ→
なにしろ
大きめで厚いものが欲しかったので 600x600x20というのを
買ったら…重い事重い事…
50kgぐらいあるんじゃないの?って感じで…^_^;
とはいえ、
送料を加えても 製パン用よりも段違いに安いし大きいし厚い!!

この厚さのお陰で 冷たさをキープしてくれるので 
クロワッサンを作る時には 
バターの層が緩む事無く成形出来て大満足です。

大理石 欲しいけど高いな~なんて思っている人には お薦めです。


久々のパン作り。
楽しかったな~

今の季節ならオーバーナイトで発酵させられるし、
近々 種を起こそうかな~


クロワッサンのレシピはコチラ↓

※レシピでは天然酵母の種生地を使ってますが、
 ドライイーストを使う時は6~8gで。
 水分は種生地を使う事を前提の量になっているので 
 このままですと少々硬めの生地になるかも。
 なのでこねる時に状態を見て水分量は加減して下さいね。
    ↓

クロワッサン


テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

お知らせ
【私を月まで連れてって!】のお店が出来ました
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数:



プロフィール

AISHA   

  • Author:AISHA   
  • FC2ブログへようこそ!



にゃんむす部・部活!新聞部
まりねっとの皆様の新作を御紹介!
まりねっと
handmadeで地域猫の保護活動を支援する仲間です。
❤ 猫ベッド・小物類はこちら 

 毬屋雷蔵堂  

❤ 猫ちゃん用はんもっくなら こちら 

 にゃんにゃんにゃんもっく

❤ 猫用ベッド(ハワイアン&紅型)ならこちら

 あんまぁ(オカン)とわんとにゃんこの島ぐらし@石垣島

❤ ベッドやにゃんばっぐ、その他猫グッズはこちら

 私を月まで連れてって~

★コチラからでも買えます!

Ikceka Oyate  

tetote(作品集)

猫と暮らす会
人と動物が上手に共生できる社会をめざし、猫と関わることによって命の大切さや温かさを地域の人々や次世代に伝えることを目的として活動しています。 
★活動が詳しく説明されています。

 猫と暮らす会 HP

★里親様の温かいお便りのご紹介

猫と暮らす会 ブログ

★猫と暮らす会を支える皆様のブログ

そらまめ日記

中の心・・・明徴

もさもさ日記

いわし猫猫日記

只今の寄付の総額
  39,060円
にゃんむすび
兵庫県淡路島で活動してます。
★保護部屋の日誌と寄付はこちらからどうぞ

にゃんむすび

★保護猫さんの生き生きとした楽しい画像がいっぱい!

あーもんさんちはニャンとも幸せ

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる